名言DB

9419 人 / 110788 名言

和才博美の名言

twitter Facebook はてブ

和才博美のプロフィール

和才博美、わさい・ひろみ。日本の男性経営者。NTTコミュニケーションズ社長。大分県出身。九州大学工学部電子科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。ニューヨーク駐在、企画・人事部などで経験を積み、持ち株会社移行本部第一部門部長、NTT取締役、NTT副社長ブロードバンド推進室長、NTTコミュニケーションズ副社長を経て社長に就任。そのほか、Gooなどを運営するNTTレゾナントの社長などを務めた。

和才博美の名言 一覧

お客様は、現在のニーズを伝えてくれても、5年後についてはなかなか教えていただけません。社内でも、「アンケート調査は大事だけど、それだけで商品開発してはいけない」と口を酸っぱくして言っています。


変革の時期を生き抜くには、近視眼的に今を見るだけでは駄目で、時代を中長期的に見渡す力が必要なのです。


弊社では事業ビジョン達成に向けて「つなぐ」というキーワードを掲げていますが、英語では「connect」ではなく「bridge」と表現します。「connect」ではなんだか物理的すぎて味気ない。私たちが目指しているのは、人と人、心と心をつなぐお手伝いなのです。そのためにも人間という存在をさらに深く理解したいと考えています。


悪い意味で時代に流されないためには原点に戻り、自分が寄って立つ軸を確かにすべきです。そのとき役に立つのが古典ではないでしょうか。混沌とした現代においては、古くから読み継がれてきた古典が、一筋の光明と勇気を与えてくれるはずです。


結局、最後は人間です。国も企業も、それを動かしているのは、中にいる人にほかなりません。そう考えると、やはり読書も人間というものを理解できるものがいいでしょう。


本はよく読む方ですが、乱読ではなく、どちらかといえば好きな本を何回も読み直すタイプです。時代が変われば自分の置かれた環境や経験の量も変わるので、同じ文章でもまた違った受け止め方ができます。そのため気に入った本は1、2年おきに繰り返し読んでいます。


我々通信業界の状況も、ここ10年、ドラスティック(徹底的)に変わり続けています。新しい技術がどんどん出て、さまざまな会社が参入し、前に行くには、常に新しいことを考えなくてはならないのです。失敗を恐れたり過去の成功体験にこだわりすぎていては、理想に向かって前進することができません。


中国の兵法家、孫子の言葉に「兵に常勢なく、水に常形なし」というものがあるのですが、これは決まった形を持たない水のごとく、兵を動かす際は一定の戦術にこだわらず柔軟に考えるべきである。つまり、先入観にとらわれすぎてはいけないと説いているのです。


何かを成さんと思うとき、そこには必ず定石というものがあると思うのですが、それはあくまで過去のものであり、状況は必ず変化しているはず。そこを考慮せずして未来には進めません。


人はともすれば、あのときはこうすればよかった、と過去にこだわってしまいがちですが、それでは次の段階へ進めません。たとえ失敗したとしても、そのあとどう前へ進むかをまず考えるべきなのです。


和才博美の経歴・略歴

和才博美、わさい・ひろみ。日本の男性経営者。NTTコミュニケーションズ社長。大分県出身。九州大学工学部電子科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。ニューヨーク駐在、企画・人事部などで経験を積み、持ち株会社移行本部第一部門部長、NTT取締役、NTT副社長ブロードバンド推進室長、NTTコミュニケーションズ副社長を経て社長に就任。そのほか、Gooなどを運営するNTTレゾナントの社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

吉田秀彦

金を獲ったのは得意技の内股です。軸になる技があると、相手が警戒するので他の技も掛かる。得意技があることで、他の技も効くんですよ。


藤田晋

若い人でも、「まだ早い」なんてことは全然なくて、必死になって頑張れば、なんとかなるんです。逆に、成長してから社長になろうと思っていたら、いつまでたってもなれません。


小池百合子

都政は都庁や都議会などの一部の集団の利益のためにあるわけではない。これまで都政に都民の関心はあまり向けられなかったため、結果として一部の人や組織の利権のために動いているような面があったと思います。こうした点をあらため、都民の利益を最大化したい。そのために掲げた言葉が「都民ファースト」です。これまで「都民ラスト」でしたから。


金川千尋

我が社の場合、業績が落ちた理由を不景気と結びつけて会議で長々と説明しはじめようものなら、その場で私にきつく叱責されます。いま求められているのは、言い訳探しではありません。不景気は1から2年は続くと覚悟したうえで、それをいかに克服し、いかに結果を出していくかです。そのためには、日々変わる市場環境の中で真の情報をつかみ、その都度、最も現実的な最善の判断に積み上げていかなければなりません。


岡野雅行(岡野工業)

仕事に対する真摯な態度だけで仕事がうまくいくほど、世の中は甘くない。だから、雑談で仕事相手との距離を縮める必要があるんだ。「ムダ話は仕事の潤滑油」。これは理屈の話じゃない。もしかしたら、自分の仕事に役立つ情報が耳に入ることがあるかもしれない。


高橋温

社長就任後、「7・3の仮説」という言葉を使いました。経営の7割は予測可能だが、3割は未知の部分がある。だから3割見通しが立たなくても挑戦する。困難な目標に立ち向かう意思を喚起するため、この言葉を繰り返し発しました。組織の上に立つとき、独自の言葉を持つことは強みになるはずです。


谷川花子

欧米では帰宅後、各部屋にキャンドルをともし、リラックスした雰囲気の中で家族団らんの時を過ごします。日照時間の少ない冬場などは、朝からキャンドルに火をともしたりもしますね。キャンドルがもたらす癒しの効果などを、うまく日常の生活に取り入れて人生を楽しんでいます。日々忙しい日本人にこそ、もっと積極的に生活の中でキャンドルを使っていただきたい、そう願っています。


中山マコト

ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


宮沢俊哉

「食べるために頑張る」というような即物的な動機は、次第に「評価されたい」という意欲や、「お客様のため」というプロ意識など、高次元なものへと変わっていきます。やる気が熱意になり、やがて「志」へと昇華していくのです。これを突き詰めた先には、この会社は世の中のためにどうあるべきだろうか、自分は人としてどう生きるべきか、といった大きなテーマを考えることにもつながっていくでしょう。


小宮一慶

スキルに頼りすぎて、それに溺れてしまい、部下もスキルで動かせると思ってしまうことは問題です。スキルで部下が動くなら誰も苦労はしません。大切なのは「指揮官先頭」の意気や覚悟。部下に背中を見せる人に部下はついていく。あの山本五十六の有名な語録「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」の通り、率先垂範する覚悟が今まで以上に不可欠なものになるでしょう。