和才博美の名言

和才博美のプロフィール

和才博美、わさい・ひろみ。日本の男性経営者。NTTコミュニケーションズ社長。大分県出身。九州大学工学部電子科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。ニューヨーク駐在、企画・人事部などで経験を積み、持ち株会社移行本部第一部門部長、NTT取締役、NTT副社長ブロードバンド推進室長、NTTコミュニケーションズ副社長を経て社長に就任。そのほか、Gooなどを運営するNTTレゾナントの社長などを務めた。

和才博美の名言 一覧

お客様は、現在のニーズを伝えてくれても、5年後についてはなかなか教えていただけません。社内でも、「アンケート調査は大事だけど、それだけで商品開発してはいけない」と口を酸っぱくして言っています。


変革の時期を生き抜くには、近視眼的に今を見るだけでは駄目で、時代を中長期的に見渡す力が必要なのです。


弊社では事業ビジョン達成に向けて「つなぐ」というキーワードを掲げていますが、英語では「connect」ではなく「bridge」と表現します。「connect」ではなんだか物理的すぎて味気ない。私たちが目指しているのは、人と人、心と心をつなぐお手伝いなのです。そのためにも人間という存在をさらに深く理解したいと考えています。


悪い意味で時代に流されないためには原点に戻り、自分が寄って立つ軸を確かにすべきです。そのとき役に立つのが古典ではないでしょうか。混沌とした現代においては、古くから読み継がれてきた古典が、一筋の光明と勇気を与えてくれるはずです。


結局、最後は人間です。国も企業も、それを動かしているのは、中にいる人にほかなりません。そう考えると、やはり読書も人間というものを理解できるものがいいでしょう。


本はよく読む方ですが、乱読ではなく、どちらかといえば好きな本を何回も読み直すタイプです。時代が変われば自分の置かれた環境や経験の量も変わるので、同じ文章でもまた違った受け止め方ができます。そのため気に入った本は1、2年おきに繰り返し読んでいます。


我々通信業界の状況も、ここ10年、ドラスティック(徹底的)に変わり続けています。新しい技術がどんどん出て、さまざまな会社が参入し、前に行くには、常に新しいことを考えなくてはならないのです。失敗を恐れたり過去の成功体験にこだわりすぎていては、理想に向かって前進することができません。


中国の兵法家、孫子の言葉に「兵に常勢なく、水に常形なし」というものがあるのですが、これは決まった形を持たない水のごとく、兵を動かす際は一定の戦術にこだわらず柔軟に考えるべきである。つまり、先入観にとらわれすぎてはいけないと説いているのです。


何かを成さんと思うとき、そこには必ず定石というものがあると思うのですが、それはあくまで過去のものであり、状況は必ず変化しているはず。そこを考慮せずして未来には進めません。


人はともすれば、あのときはこうすればよかった、と過去にこだわってしまいがちですが、それでは次の段階へ進めません。たとえ失敗したとしても、そのあとどう前へ進むかをまず考えるべきなのです。


和才博美の経歴・略歴

和才博美、わさい・ひろみ。日本の男性経営者。NTTコミュニケーションズ社長。大分県出身。九州大学工学部電子科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。ニューヨーク駐在、企画・人事部などで経験を積み、持ち株会社移行本部第一部門部長、NTT取締役、NTT副社長ブロードバンド推進室長、NTTコミュニケーションズ副社長を経て社長に就任。そのほか、Gooなどを運営するNTTレゾナントの社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ダン・ケネディー

自分の知識や専門技能をタダでくれてやろうなどと、決して考えてはいけない。ビジネスの世界では、自分のアイデアや情報や利益を守るために、そして自分の知識と専門技能に対して少しでも高い料金を得るために最大限の努力をしなければならない。


草刈貴弘

成功モデルを作ることが一番の教科書。


白河桃子

私が注目しているのは、「関係の質が上がると、結果の質が上がる」という理論です。上司の指示どおりに動く組織より、個人が自律的に動くことのできる組織のほうが、一人ひとりが新しいアイデアを考えたりチャレンジや工夫をするので、結果の質も上がるというもので、まさにそのとおりだと思います。


森川桂造

今は複雑化した社会になり、教育面でもいろいろな問題が出てきましたが、今の社会に欠けているのは情操教育ではないでしょうか。時代が違うと言われればそうかもしれませんが、もっと子供たちには自由に育ってほしいと思います。


高妻容一

仕事を始めたきっかけといった「初心」や「原点」を思い出し、今までの努力を再確認することで、自信につながる。今の仕事内容を確認する機会にもなる。「将来、どんな自分でありたいか」という青写真を描くことが、イメージトレーニングになる。


澁谷誠(経営者)

旅館やホテルが衰退するのは、施設が古くなって魅力がなくなることが原因のひとつになっています。そんなことにならないよう、そして、従業員が自分たちのホテルに誇りを持ってお客様におもてなしができるよう、改修工事を早めに行うことが大切です。そのためにキャッシュフローを確保するのが経営者の役目なのです。


元谷外志雄

当社が成長できたのは未来予測が的確だったからだと思います。そのキーが何かと言えば、金利と為替レート、原油価格の動きなどを総合判断して、これから先にどんな時代が来るのかを考えながら経営してきたことと、不動産を買って値上がったら売る単純不動産売買をしてこなかったことが大きいです。


安部泰洋

大学時代は仕事ばかりしていたが、腕だけで勝負できるのが楽しかった。


宋文洲

残業を減らすには、制度をつくるより、残業が美徳だという意識こそ改めるべきです。残業してでも結果を残せばよいという「結果主義」の人事評価をやめて、「成果主義」に変えることから始める必要があります。この場合の成果主義は単に売上の数字を評価することではありません。新規開拓などにあたっていれば、それが利益を生むまでにタイムラグがあるので、事業の将来像を見据えながら、仕事のひとつひとつのプロセスを評価していくことが大切です。


山口悟郎

何ていうか、無性に野菜が食べたくなることってあるでしょう? 「体が欲している」みたいな。そういうのと一緒で、何で選ぶのかわかりませんけど、本能的に「もう1回、読んでみたい」と思う本を手に取る。すると「そうだったのか!」じゃないですけど、何かのヒントになったりすることはありますね。


藤田晋

本人の性格や能力にかかわらず、つき合う人によって、良くも悪くも影響を受ける。そう考えると、職場にせよ、友人にせよ、良い影響を与えてくれる環境や人を「主体的に選ぶ」ことが重要。「自分がレベルアップできる」という観点で選ぶといいでしょう。


天坊昭彦

社会に役立つことをやっていれば、時流の潮目でどう評価されるかは変わっても、大きな目で見ると地位は変わらないはずです。短期的な時流でころころとやるべきことを変えない。そういう芯があれば、会社はビジネスを続けることができる。


山下真司

興味のない仕事は辞めたほうがいい。嫌なことをやって人生の時間をムダに過ごしても仕方ない。恋愛と一緒なんじゃないかな。惚れ込めるものがなければいいアイデアも浮かばないし、毎日やるのが嫌になってマイナスの方向に行くだけ。


中野健二郎

10大総合商社のひとつ安宅(あたか)産業が倒産し、住友銀行は約2000億円の債権放棄を行いました。そのため、事態を打開できる強烈な個性を持つ経営者が待望され、磯田一郎氏という頭取が登場しました。彼は6年間、頭取として誰もが認める最高の経営をして、アメリカの雑誌で「バンカー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたりしました。しかし、頭取・会長として長期間トップの座にいるうちに、あれほどの経営者でさえ、周りが見えなくなり人事も偏りがちになってしまいました。そこで発生したのがあの有名なイトマン事件です。詳細は省略しますが、大小はともかくこの種の事件はどこの会社でも起こりうるものです。トップが一時の成功に酔いしれ、周囲を取り巻きで固めてしまい、自分を客観的に見られなくなり暴走する。磯田氏は、一時は最高の経営ができた人だっただけに、非常に残念な末路でした。


スティーブ・ソレイシィ

外国企業を買収した場合などにおいても、英語を話すからといって、自社の文化を無視して相手の文化ばかりに一方的に歩みよる必要はない。ファーストネームで呼び合うのか、会議の際に話を遮っていいのか、といった日本企業独自の「英語ポリシー」を作るのも有効だろう。


ページの先頭へ