名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

和嶋慎治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和嶋慎治のプロフィール

和嶋慎治、わじま・しんじ。日本のミュージシャン、作曲家、作詞家。青森県出身。ヘヴィーメタルバンド「人間椅子」を結成。ギタリスト・ボーカルとして活躍。

和嶋慎治の名言 一覧

生み出す作業は苦しいもの。イメージが頭の中にあったとしても、そこに近づけないと苦しい。でも、その苦しみを乗り越え、出来上がった瞬間は、何にも代え難い楽しさを感じられる。


40歳を過ぎてから、残りの人生に何をすべきかと考えるようになったんです。そこで出した答えは、「好きな音楽に尽くすこと」。自分に充てられた音楽の仕事を果たしてから死ぬべきだと思ったんです。


世界がつまらないと思うのは、自分がそう思っているから。限界を決めず、想像力を働かせて前に進めば、世界はいくらでも広げられる。


誰の人生にとってもムダな苦労はない。


ふり返ってみるとずっと同じ道を歩いている。人生って複雑そうでシンプルなのかもしれない。


つらい経験を積んだからこそ、歌詞や曲にも幅が生まれたし、人の心がわかるようになった。あれは苦労知らずの自分にとって、必要な試練だったんだなと思います。


怖いことや恐ろしいことって、サラッと簡単な言葉で歌う方が印象的なんですよね。だから今作はあえてポップに、わかりやすく表現することに挑戦しました。目に見えているものがすべてではないということに気づいてもらえたらいいですね。


僕は17歳の頃、UFOに連れ去られた記憶があるんです。UFOの中で何があったかの記憶は抜け落ちているのですが、その日から、人間とは何だろうという哲学的なことや、終末論など、明らかに歌いたいことが変わったんですよ。それからは、ことあるごとに、僕らがいる世界とは違う別世界があるような気がしてならないんです。そんな異世界と現実との関わり合いを曲にしたのが、この『異次元からの咆哮』です。普通に考えたら、これをテーマにするのは狂気の沙汰。我ながら、まともじゃないですよ(笑)。


和嶋慎治の経歴・略歴

和嶋慎治、わじま・しんじ。日本のミュージシャン、作曲家、作詞家。青森県出身。ヘヴィーメタルバンド「人間椅子」を結成。ギタリスト・ボーカルとして活躍。

他の記事も読んでみる

榊原健太郎

自分が親になったときのことを考えてください。子供にどのような親として見られたいですか。失敗を繰り返しつつも挑戦し続けるお父さんか、失敗を恐れるあまり、言い訳を続けて何も行動を起こさないお父さんか、どちらが格好良く見えるでしょうか。勿論前者です。私は子供ができたら、胸を張って自分の仕事、過去の失敗を言える格好良い父親でありたいです。


観音寺一嵩

相手が誤解して怒っているとき、相手の主張に同意しなくてもいいけれど、同調はすべきなんです。「おたくの商品で遊んでいて、子供が怪我したんだよ」とねじ込んできた人に対して「ああ、そうですか。いつごろですか」と機械的に対応したら、その人はおそらくキレるでしょう。そうではなくて、「ええっ!どうしたんですか?」と、子供の身を案じている相手の気持ちに同調するんです。それだけで、相手の怒りは半分になります。そこから、こちらの言い分も展開していくといいでしょう。


宮内義彦

「オリックスはこんなにいろいろな事業に手を広げて大丈夫か」と聞かれることがありますが、私たちは違ったことをたくさんやっているという意識はありません。元を正せば、金融サービスというコアビジネスに特化した結果が、隣接部門への進出する意欲を与えてくれたのです。しかし現時点で経営資源の大部分を投じているのは、あくまでコアビジネスであり、これへの注力なくしては多角化の芽生えはあり得ないものです。


寺尾玄

私は何を見ても違和感を覚えたら「なぜだろう?」と考える癖がついています。この「なぜ?」という思考はとても重要。不可能を否定するキーワードだからです。例えば、ある事業アイデアを考えている時、「みんなは無理と言っているが、それはなぜ?」「本当に無理?」「ちょっと自分でやってみられないか?」「どうすれば自分でできる?」「そのためには何が必要?」「必要なものを知るには、どこで情報を得ればいい?」と、考えを深めていく。すると、やるべきことが手元まで落ちてくる。この思考を習慣化すれば、不可能と思うことはなくなる。自然と可能性を信じられるようになります。


亀山千広

監督にとっては映画の公開初日がゴールなんですが、我々にとっては通過点に過ぎません。もし初日の成績が悪ければ、巻き返す策を講じなければなりませんし、逆に初日がよければお客さんを取りこぼさないためにはどうすればいいか考えなければなりません。


村井美月

アイデアを出すうえで重要なことは、「自問自答」をすることです。たとえば、ノートの新商品を開発する場合で考えてみましょう。漠然と考えるのではなく、「ターゲットは?」「目的は?」「既存の商品との違いは?」などと具体的な質問に答えるかたちで考えていくと、「小学校低学年向けに、楽しみながら学習できるノートがあったらいいな」「付録がついているノートなどはあまりないな」などと、アイデアを出しやすくなります。つまり、条件を絞った質問を自分に対して投げかけられることが、アイデアをかたちにしていくうえで重要なことなのです。


太田彩子

最初はどのお客様にもそんなにニーズはないんですよ。ニーズがあるかどうかを見極めるというより、対話をしながらニーズを喚起していくというほうが近いかもしれません。


渡邉美樹

挨拶とは、人間が大きな声で人と接する行為である。この行為は、相手の心を聞かせるというとても大切な意味がある。挨拶とは、出会いから始まる人との交際のすべての始まりだ。だから挨拶のない子というのは世界が広がらない。挨拶のできない子は、幸せになることができない。挨拶が大きな声でできたら幸せになれるとは、昔からよく言われていることである。


石川康晴

人と違うことを考えるという信念で物事を決めてきた。


児玉光雄

アップルやグーグルなど有名IT企業も次々マインドフルネストレーニングを取り入れています。「今」に集中するため、座禅を組んだり、自然に触れたりしてりラックスした状態になるのです。座禅を組まなくとも、誰でも訓練できます。食事はテレビやスマホを見ながらではなく、食べることのみに集中する。感覚を鋭敏にするために、散歩して鈴虫の鳴き声に耳を傾けるだけでも効果があります。


高岡浩三

製造業ほど圧倒的な競争力を持たない日本のサービス業を伸ばすには、マーケティングが最も重要な戦力になる。


小島忠雄

再建のために全力を尽くそう。それでも幕引きをしなければならないのなら、他の人に迷惑はかけられない。自分でやるしかない。
【覚書き|ダイワゴルフ社長時代、米国の同社販売会社が設立後3年連続赤字を出したことに対しての発言。その後、アメリカへ直接乗り込み経営再建を成し遂げた】