名言DB

9429 人 / 110879 名言

和佐見勝の名言

twitter Facebook はてブ

和佐見勝のプロフィール

和佐見勝、わさみ・まさる。日本の経営者。「丸和運輸機関」社長。19歳で八百屋を開業。青果小売業を経て丸和運輸機関を設立。同社を東証一部に上場させた。

和佐見勝の名言 一覧

細かい経費見直しの積み重ねによって収益を押し上げることができる。


人知れずの心で徳を積む陰徳が大事。それが結果として、お客様に信用・信頼されることになる。


優秀な人材を育てようと思うのであれば、一流から学ぶべき。


人材育成はとても重要。教育で人が成長した分だけ企業は成長する。教育なくして企業の成長はあり得ない。


なぜ小売業の物流に特化したかというと、私が小売業の出身であるからです。その自分の強みを会社の強みにすることが一番大事だと思いました。


利他の心を持って事業を行うことが我が社の成長につながる。


企業経営は環境に適応しなければ生き残ることはできません。その適応の仕方が企業経営者の判断であり、決断になります。


人が成長しただけ成長するというのが企業。


利他の心を持ってお客様に尽くすことが、自分の成長にもつながる。


お互いに勝手なことが言い合える組織でなければならない。


考えなければならないことは、お客様が困ること。物流業界の問題をきちんと解決することが私たちトラック運送業としての仕事。


「お客様第一義」を掲げるからこそ、現場の文化が必要になる。現場にいる人を管理し、現地に足を運び、現品を見なさい。それがお客様からの信頼・信用につながる。


我が社はお客様の業務改革にまで踏み込みます。店舗物流の仕事は単純な仕事が多く、アルバイトやパートに任せると効率が良くなるケースがあります。そのためには仕組みが必要なのですが、それを全国のお店の事例から我が社が情報として提供しているのです。


経営にはトップダウンも必要ですが、ボトムアップも大事。我が社には社員から改善の提案を受けると報奨金を支払う「改革・提案奨励金制度」があり、日々、様々な改善提案が出てきています。


経営に必要なのは「哲学」と「配分」です。哲学とは理念です。我が社は「お客様第一義」を絶対的条件にしました。その理念で経営をする中で得た利益は配分する。働く社員に心から喜ばれるような賃金を払っていける仕組みを作っていくことを非常に強く意識してきました。


「絶対人に迷惑かけるな。人に迷惑をかけるとなれば、自分が不幸になる」。物心ついた私に病院生活を送っていた母・すみ子から言われたこの言葉が今でも頭に残っています。


安全運転こそがお客様には喜ばれる速度である。当社のトラックは高速道路では時速80キロ走行を義務づけています。東京から大阪までの燃料で通常速度と比べて約200リットルは違います。80キロで走行していれば燃料代が200リットル節約できるのです。しかも、ドライバーにとってもスピードを出して運転しているわけではありませんので疲れがなく、余裕を持った運転ができます。さらに言えば、トラック自体も傷みませんので経済的です。


和佐見勝の経歴・略歴

和佐見勝、わさみ・まさる。日本の経営者。「丸和運輸機関」社長。19歳で八百屋を開業。青果小売業を経て丸和運輸機関を設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

滝久雄

早朝8時から10時30分までの2時間半を活用して、濃厚なディスカッションを闘わせることで、自然に仲間意識も芽生え、トップと社員、社員同士の強い連帯感も培われていくのです。


新井直之(執事)

富裕層の方は情報は何かしら意図があって流されることをご存じですから、必す当事者や話題になった会社の関係者にアポを取り、ニュースソースに近づこうとされます。


菊原智明

数字はちょっとした使い方の違いで胡散臭くなったり、真実味を持ったりするということを営業マンは心得ておくべきです。これは私が経験したことですが、無理に値引きをして建物価格の見積もりを2000万円ピッタリにして出したことがあります。ですがこのお客様からは断られてしまいました。その理由は意外なことに「2000万円ちょうどというのがなんだか信用できなかった」というものでした。2000万円ちょうどの見積もりはどんぶり勘定で、端数が表記してある方がキッチリ計算してあるように感じられたのでしょう。


鎌田和彦

仕事で認められることが人生のすべてだとは僕も思わないし、遊ぶときは徹底して遊んだ方がいいですよ。


山本良一(経営者)

同じ一人の中にも二極化が起こっていて、自分の趣味や一点ものにはお金をかけるけど、日常的に使うものに関してはお金をかけないとか、いろいろな価値観が混ざり合っているという傾向がある。ですから、必ずしも高いモノが売れないわけではない。


井上勝弘

どんなビジネスパーソンも、客観的な「成果」と主観的な「満足感」の両立を目指していると思いますが、僕は後者の「満足感」を大事にしています。いつもチャレンジャーで居続けられますから。


佐々木常夫

私は以前、自分の部下に「京レはあなたにとって最終の職場ではない」と言って、会社からクレームをつけられたことがありました。私は部下に転職を勧めたわけではありません。日ごろからスキルを磨いて、いつでも転職できる自由を手に入れておきなさいと言いたかったのです。たとえ相思相愛で入った会社でも、途中で合わなくなることは十分考えられます。そうなったときスキルという武器があれば、躊躇なく辞められるじゃないですか。


三浦善司

一緒に働くメンバーには、納期を大事にするように伝えてきました。納期のない仕事はあり得ません。今日必要な部材を明日手配してもお金にならないでしょう。


藤田晋

これからは生き残れないスマホゲーム会社も出てくるでしょう。かつての据え置き型ゲーム市場で起きたように、スマホ分野においてもゲーム開発コストが高騰しています。組織力、資金力を備えていなければ、勝つことはできない。学生ベンチャーが作ったものが通用する世界ではなくなってきました。


吉越浩一郎

長時間のサービス残業に耐えられることは、その人のリセール・バリュー(再販価格)を高めることに何ら関係ありません。