名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和仁達也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和仁達也のプロフィール

和仁達也、わに・たつや。日本のコンサルタント。「ワニマネジメントコンサルティング」代表。著書に『キャッシュフロー経営って?』『超★ドンブリ経営のすすめ』『世界一受けたいお金の授業』。

和仁達也の名言 一覧

チャンスを得られるかどうかは「人柄」が重要。たとえば同じ力の2人がいたとして、人柄がいい人と、気むずかしい人がいたとしたらどちらに仕事を頼みますか? 答えは明白でしょう。


お金は誰が運んでくるかと言うと、結局のところ人です。事業で成功して、継続的に収益を上げている経営者に共通しているのが人を魅きつける力です。人を魅きつける人というのは人に対して投資をしている人。


時間軸を長く見ることが重要。1年後、3年後、10年後を見据えてお金を使う、いわば先行投資。目先の損得にこだわっていると成功できない。


仕事は、人を通じて舞い込んでくることが少なくない。できる人は人と縁を育むのがうまく、関係性を築くためにお金を使っています。


お金は有効に使ってこそ価値を生む。価値ある使い方をすることで、未来を変えられる。


型にはまらず、いかに有効に使うかを徹底的に考えるのがお金持ちの特徴。一方収入の低い人ほど目的意識がはっきりせず、流されてお金を使う傾向がある。


できるだけ経費削減、日帰りでというのが収入が低い人の発想。せっかく出張するなら、1泊して出張先でしか会えない人を訪ねたり、セミナーに出たり現地を訪ね歩こうと考えるのが収入が高くなる人の発想。


いろいろな角度からものごとを見られると、顧客の悩みを言語化する際に役立ちます。そこでお勧めしたいのが、1つの課題に3つのゴールを設定すること。すると、多面的に考える習慣が身につきます。


いつも笑顔を絶やさない人は、人が寄ってきます。また何か話をしたときに「面白いですね」「いいですね」と肯定語が先に出る人は仕事を一緒にしたいとか頼みたいと思わせる。


なかなか成功できない人ほど目先の損得でものを考え、お金をケチります。一方で成功者は、将来、価値を生むことにお金を使います。「損して得とれ」と言われるように、一見損と思うようなことでも、それが未来に価値を生むことを認識できているんです。


ビジネス書を読んでそれで終わりでは、お金をムダにしているだけです。「1ブック1アクション」を心がけてください。一冊本を読んだら、本に書かれていることを必ず何かひとつ行動に移す。仕事の現場で試してみるということです。そうすれば、本代の元がとれて成果も得られるでしょう。


お勧めは「○○さんには、悩みなんてないでしょう?」というフレーズです。人の心理は面白いもので、真摯に向き合って心の距離を縮め、相手との関係性が十分にできあがった上でこう語りかけると、「いや、実は……」と打ち明けてくれるのです。


対象を見る時にいきなり望遠鏡を使うと、見当違いな場所を探してしまいがちですよね。最初は肉眼で見て全体像を把握し、その後、望遠鏡の倍率を上げて詳細を確認する方が見やすいはずです。ビジネスも同じ。最初は顧客の悩みを俯瞰的に捉え、だんだんと具体的な課題に注目していくのがうまいやり方です。


自分が提供できる商品・サービスを起点に物事を考えるのでは、顧客の心をつかむことなど不可能。優先順位の低い悩みを取り上げ、その解決方法を示しても、相手の心は動かせないからです。大事なのは、自分の都合ではなく、相手の課題に注目すること。それが、正しい着眼点を得るための第一歩です。


見開きで1か月のスケジュールがわかる手帳に予定を書き込んで、埋まっていないところが一目で分かるようにしておく。すると急な仕事の依頼が来た時、手帳を見れば即座に受けることができるか難しいかがわかります。


お金の偏差値が高い人は、奢ることができて良かったと感じる人。奢られて小遣いが浮いたと喜んでいるうちはダメ。奢ることで相手は「じゃ、次会ったら今度は自分が」となり、縁がつながる。縁がつながればビジネスも広がる。


仕事を頼まれ、締め切りなどスケジュールが合わないときに「ちょっと難しいですね」と否定語を使わず、「もし1週間いただければ大丈夫なのですが」と逆に提案する。すると判断は相手がすることになります。否定したり断ったりせず相手に判断させることで、ずいぶん印象は変わります。


和仁達也の経歴・略歴

和仁達也、わに・たつや。日本のコンサルタント。「ワニマネジメントコンサルティング」代表。著書に『キャッシュフロー経営って?』『超★ドンブリ経営のすすめ』『世界一受けたいお金の授業』。

他の記事も読んでみる

堀内利之

あなたが受けた恩は、その人には返せないことがほとんどです。あなたが恩を返したいと思ったとき、その人はもういないかもしれません。いたとしても、あなたの恩返しを必要としていないことが多いのです。でもあなたは、受けた恩に報いなくてはいけません。その人に恩返ししなくてもいいのです。その人の代わりに、自分が受けたのと同じように、他の誰かにしてあげたらいいのです。そうやって順繰りに恩返しをして、人類の歴史は回ってきたのです。


野田真吾(経営者)

当社には約100人の獣医師が在籍しているのも特長で、病気の治療法などだけでなく、ご飯やしつけ、散歩などの身近な悩み事へのアドバイスを行っています。むしろ大事なのは生活習慣だからです。


大山健太郎

360度評価は、社長の僕も受けています。評価は平等に行なわれなければ、公正さを維持することはできないからです。


白井一幸

チームとして満足な結果が残せないのは、選手ではなく指導者の責任。


大隅良典

確かに、論文の本数や掲載誌のランクで研究者を評価する風潮が不正を助長している向きはあります。社会の余裕がもう少し生まれたら必然的に減るのではないでしょうか。研究を楽しいと思える人は、まず不正は起こさない。それでも名誉欲に絡んだ不正をなくすことはできません。そういうものだと思えるくらいの寛容さが社会にあった方がいいと思いますね。


ながやす巧

漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


松本晃(経営者)

話をするときはつかみが大切。映画でもテレビ番組でもそうですが、最初の5分がつまらないものは、それから先を観る気になりません。本も最初の30ページがつまらなければ、読むのをやめる人が多いでしょう。同様に、スピーチも最初がつまらなければ、聞いてもらえなくても仕方ない。


竹原慎二

殴られても倒れないのが根性じゃないんだよね。オレも昔は勘違いしてました。倒れたっていい。毎日、コツコツ努力することが本当の根性なんですよ。練習も仕事も同じだと思う。1歩1歩の積み重ねで強くなる。


波多野聖(藤原敬之)

外国人といってもいろいろいます。金融系の外資系企業では、大体米国人か英国人のいずれかがトップに就いているので、私はそれぞれ対処法を変えていました。砕いて言うと「たらしこみ方」を使い分けていたのです。まず米国人は、金融に関する知識や実績はすさまじい半面、教養的な面でコンプレックスを持っている人が多い。籠絡するなら、相手の弱みを突くのが鉄則です。古典文学を引用したり、クラシック音楽やアートなどの話をしたりすることで、「こいつはすごいな」と思わせることができるのです。逆に、英国人は教養やリベラルアーツに関しては徹底的に学んでいるので、付け焼き刃の知識を披露すると墓穴を掘ることにもなりかねません。しかし、英国人はなぜか数学に弱い人が多い。あのアイザック・ニュートンを生んだ国なのに、不思議ですよね(笑)。だから、ちょっとした説明をするときにも、意図的に総和記号のシグマや積分のインテグラルなどを用いて、数式を使って話をする。そうすると、彼らは「こいつ天才か」というような顔でこちらを見てきます。欧米人は基本的に日本人に対して上から見てくるので、最初になめられたら終わりです。第一印象でいかに「こいつ違うな」と思わせられるかが大切なのです。


冨田智夫

「社員との距離が近い=馴れ合い」になってしまっては困ります。そこで、私が仕事のうえで日常的に意識しているのが、「レポートライン」の順守です。意見や要望などは必ずチームで集約し、上司へと報告するのが基本。組織として当たり前のことですが、意識を徹底することで中間となる管理職の責任を明確化でき、さらには、リ-ダーシップの発揮を促すことにもつながります。


松橋良紀

ベテランになると、新人のころより「聞く力」が衰えます。そのせいで壁にぶつかる人が少なくない。新人は、知識がない分先読みができないので、人の話を最後まで、口を挟むことなく真摯に聞くことができます。ベテランになっても、新人の時と同じように聞く姿勢を持ち続けることが大切。


藤原和博

本を読まない人の発想は感情に基づく「思いつき」にすぎませんが、本を読む人には社会に対する独自の「考え」があります。この違いは大きい。