名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

和久井康明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

和久井康明のプロフィール

和久井康明、わくい・やすあき。日本の経営者。「クラレ」社長。宮城県出身。東京大学経済学部卒業後、倉敷レイヨン(のちのクラレ)に入社。東京事務所広報部長、人材開発部長、人事部長、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

和久井康明の名言 一覧

優秀な人を見つけて巻き込めたことが成功の要因。


苦しい局面では、人間は感情を赤裸々に表してくる。


現時点で儲かっているビジネスが、100年後も安泰なはずがない。どんな事業でも、技術革新によって陳腐化する恐れは常にある。


イノベーションによる新規事業の創出が、成長の原動力だったのは間違いない。しかし同時に、事業の撤退や縮小も大事でした。


社内の各部署をローテーションして、多種多様な人と触れあう経験こそが、社員を大きく育てる。


思いやりがあり、衆知を結集できる人材なしには企業は成長できない。


和久井康明の経歴・略歴

和久井康明、わくい・やすあき。日本の経営者。「クラレ」社長。宮城県出身。東京大学経済学部卒業後、倉敷レイヨン(のちのクラレ)に入社。東京事務所広報部長、人材開発部長、人事部長、取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡倉天心

歴史の中に未来の秘密がある。我々は、我々の歴史の中に、我々の未来の秘密が横たわっているということを本能的に知る。変化こそ唯一の永遠である。


宮崎輝

いかなる大企業といえど、五年間なんら思い切った手を打たず、現状に満足し続けていれば、あっという間に傾いてしまう。【覚書き:25年の社長生活を終了させ会長に退いた時の言葉】


レオナルド・ダ・ヴィンチ

シンプルさは究極の洗練である。


木原誠太郎

お金を稼げる人は、自分に厳しく、論理的。その一方で明るく、周囲の目を気にしないマイペースな性格。


澤穂希

私が小学校に入った頃、兄がサッカーをしていたのですが、その兄の練習を見にいく機会がありました。そこでコーチの方が「君も蹴ってみない?」と言ってくださって、それで蹴ってみたら、ボールがゴールに入ったんです。至近距離で、私が蹴ったのは柔らかいバレーボールでしたが、自分が蹴ったボールがゴールに吸い込まれていく感じが、とても心地よかったのを今も覚えています。


マーシャル・ゴールドスミス

コーチするとき相手がやる気にならないことは強制しません。なぜなら、私が彼を変えることはできないからです。人が何かをするのは、自分の得になると考え、自発的に取り組むときだけです。


河野貴輝

近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」のビジネスをやらないと会社は持続成長しないと信じて仕事をしてきました。


藤井隆太

ホテル選びには妥協しないことが多い。我が社にとって出張時の宿泊場所は営業活動の拠点。ホテル内でミーティングや懇親会を開くこともあるので、ある程度の規模とグレードであり、かつ、機能性と利便性に優れたホテルを選択しています。場合によっては、別送品の一時預かりや急な延泊などをお願いすることもありますから、こちらの事情を理解し、臨機応変に対応してくれるホテルだと助かる。


中村真一郎(経営者)

理論はすばらしいが、実際の物流を組む事ができない会社は山ほどある。我々はむしろ物流こそが本領であり、社員もセンターも物流業での経験値を持っている。だからこそ、鮮度の高い食品が提供できる。


大宮英明

トップが理念を語ることは大事です。しかしそれだけでは受け手である社員たちは納得しません。納得しなければ動きません。大切なのは、わかりやすい理論の筋道(理念)と、それを支える現場の事例とをセットで伝えることです。目に見えるエピソードを差し挟むことで、誰もが問題をイメージしやすくなるからです。


鴨下信一

『岸辺のアルバム』は「ホームドラマの常識を変えた」と言われ、多くの人に高く評価してもらえました。実は岸辺のアルバムを作る前に私は網膜剥離という病気を患い、半年ほども会社を休んでいました。網膜剥離の手術は今では日帰りも可能ですが、当時の手術は難易度が非常に高いもので、目が見えなくなるかもしれないという恐怖もありました。その病気の前と後で、ドラマの制作や演出に対する私の考え方は、一変したのだと思います。目が見えなくなりかけたことで、以降は「音声」をより大切にするようになりましたし、いつまで撮れるか分からないから好きにやってやろうという、よい開き直りも生まれました。そうした気持ちや視点の転換が結果として、病後に作った『岸辺のアルバム』の成功につながったと思っています。


伊達美和子

常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。