名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

周防正行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

周防正行のプロフィール

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

周防正行の名言 一覧

自分を変えるには、勇気をもって新しい一歩を踏み出すしかない。実際に経験してみないとわからないことがたくさんある。


「ありきたり」にきちんと向き合うと、ありきたりだなんて言えない世界が見えてくる。


自分を変える前に、本当にやりたいことを考えてみたらいい。まあ、僕がそこにハッキリ気がついたのは30代後半ぐらい。


好きなようにつくるといっても、「どうしたら、一人でも多くのお客さんに伝わるのか、同じ思いを共有してもらえるのか」という部分には徹底的にこだわって、自分をいじめ抜きます。昔から僕が目指しているのは、「1年に100本映画を観る人にも、1本しか観ない人にも満足してもらえる映画にする」ことです。


どんなに生活が苦しくても、監督以外はやらないと決めました。30代で劇場映画を三本撮ることができたのは、その姿勢を貫いたからだと思います。


映画監督になりたいからと、いきなり会社を辞めるなどという無謀なことはしない方がいいと思います。いま自分がいる世界から学べることはたくさんあるはずです。


後進を育てたいという思いはありません。仕事の中で出会った人に、いろいろなことを伝えてはいますが、後進を育てるなんておこがましいことは考えてもいません。たまに僕のところにも弟子にしてくださいという若い人が来るけど、そういう人には「自分が一番好きな映画を分析したほうがいいですよ」と言います。あるいは、いまの仕事を通して自分にしか見えない世界をシナリオに書いてみたらとか。僕自身、もっとも勉強になったのは小津安二郎の映画だし、その気になればあらゆるものから学べるはずです。


映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。


この企画はハリウッドでなければ撮れないということであれば、そういうこともあるかもしれません。でも、日本で撮れるものをわざわざアメリカでつくろうとは思いません。僕の理想は、撮らずにはいられないというテーマに出会って、それを伝えるために夢中になっている自分がいることであって、ハリウッド映画の監督になることではないのです。


『それボク(映画『それでもボクはやってない』)』でも、納得できるシナリオになるまで、しつこく11回も書き直したので、シナリオ完成まで3年もかかりました。


10代のころの僕は、映画監督を目指しているとはいっても、じつは他にやりたいことが思いつかなかったから、とりあえず映画業界に飛び込んだだけで、まさか、本当になれるとは思っていませんでした。それが、助監督を数年経過した28歳のときに、たまたまピンク映画を1本監督するチャンスが巡ってきた。こんなことは2度とないだろうから、どうせなら自分のやりたいようにやって、それでダメならもう映画の世界から足を洗おうと思って、本当に自分の欲望のままに撮ったんです。そうしたら、「世の中にこんなに面白いことがあったのか」というくらい楽しかった。おまけに、できあがった作品を尊敬する蓮實(はすみ)重彦先生が褒めてくれた。これが原点です。


観客動員数が増えるから主演を人気タレントに変えろといわれても、イメージに合わなければ僕は絶対に承諾しません。今回も、2時間23分という長さを含め、僕のやり方に納得していただけないのであれば、自主制作映画として自分で全国の公民館を回るつもりでした。そのくらいの覚悟はいつもしています。僕だって興行が成功してお金持ちになれるなら、それに越したことはありません。でも、「やりたいようにやって、お金もう入って」などという虫のいい話は、そう世の中にはないでしょう。


僕は自分のことをプロだと思っていません。なぜなら、僕にとって映画は仕事じゃないからです。仕事だと、ときにはお金のために、あるいは依頼主のためにやりたくないことをやらなければならない。でも、それが僕にはできない。映画だけは余計なことを考えず、やりたいようにやりたいんです。


僕は「どうしても撮りたい」というテーマに出会わないと撮れないんです。いくつか企画はあったのですが、どれも何かが足りませんでした。
【覚書き|『Shall we ダンス?』の後、11年間映画を撮らなかったことについて語った言葉】


最初から自分のやりたいことをわかってる人なんて、ほとんどいません。まずなにかをやることで、これはオレに向いてるかもとか、面白いなと感じるものに出会える。そう思って、目の前の仕事に全力で立ち向かうことが大事。


ムリして出すのが個性じゃないと、当たり前のことに気がついた。その時点で「ありきたり」とか「ありきたりじゃない」なんてモノサシはどっかに行ってしまって、自分がやりたいことはなにかってことを考えるようになった。


個性的でありたいと思っても、個性は自分が出そうと思って出すものじゃない。追い詰められれば、おのずと出てきてしまう。出したくないと思っても、出てきてしまうものこそ個性。無理して出すのが個性じゃない。


周防正行の経歴・略歴

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

他の記事も読んでみる

神戸守一

初代に仕事を仕込まれたのは17歳のころから。以来70年間、たい焼き一筋でやっています。


田中稔一

熟考する時間として、私は毎朝始業前の1時間を大切にしています。誰にも邪魔されずに今日やるべきこと、今後一週間でとりかかるべき案件、さらに長期的で大きい仕事の段取りについてじっくりと考えられるからです。この時間は頭も冴えており、冷静な判断ができます。始業前の1時間を大切にすることによって、その日、そして1週間が無駄なく有効に使えるのです。


高田旭人

これまでずっと父の側にいて、当社の実績に関して景気や環境のせいにするところを見たことがありません。そのため、市場がしぼむという発想を僕も持たなくなっています。


岡田康豊

ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


水木しげる

不幸な顔をした人たちは、「成功しなかったら、人生はおしまい」と決め込んでいるのかもしれないね。成功しなくてもいいんです。全身全霊で打込めることを探しなさい。


坂戸健司

乱雑な机ではたった一枚の書類すら紛失する可能性大です。他人に迷惑をかける危険性をはらむことになります。仕事は個人戦ではなくチープワークです。周囲も自分もスムーズに仕事を進めるためにも、書類整理は必要不可欠だと心得るべきです。


猪瀬直樹

「リーダー=カリスマ」という発想は間違い。誰もがカリスマ型リーダーを目指す必要はない。


石川康晴

創業当時の目標は、起業した岡山で一番おしゃれだと言ってもらいたいとか、岡山で売り上げ1位とか、小さな目標だった。でも目標というのは、スポーツ選手もそうですけど、次から次へとアップツーデートしていくんです。今は世界ベスト3に入ることしか考えていません。


小林大輝(小説家)

何かを言いたいというより、自分が理解したいという気持ちがある。僕は物語を書くことを通し、それを探っている。


坂本光司

経営トップの方によくお話しするのは、「ご自身も社員だった時代があるでしょう。そのとき、どんな環境で働きたかったか思い出してください」ということです。大きなお金をかけなくても、できることはたくさんあります。多くの経営者は、社員の頑張りに報いたいという気持ちを持っているはず。その思いを伝えるために、福利厚生を使ってみるといいでしょう。


ロバート・キヨサキ

ビジネスや投資で最も大事なのは「使命」だよ。これさえ胸に秘めていれば、モチベーションの火が消えることはない。それに、前向きな、よき理解者を仲間にしておくことも肝心だ。ネガティブで足を引っ張る人とはつき合うべきではない。


林遣都

現場が変われば監督も共演者も変わり、そのつど役に対する向き合い方も変えていかなくてはいけないと、僕自身、最近強く感じていて。一緒に仕事をする人たちが何を感じとり何を投げかけてくれるのか、敏感にキャッチしながら、こちらも芝居で返していかなきゃいけないなと。