名言DB

9419 人 / 110788 名言

周防正行の名言

twitter Facebook はてブ

周防正行のプロフィール

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

周防正行の名言 一覧

自分を変えるには、勇気をもって新しい一歩を踏み出すしかない。実際に経験してみないとわからないことがたくさんある。


「ありきたり」にきちんと向き合うと、ありきたりだなんて言えない世界が見えてくる。


自分を変える前に、本当にやりたいことを考えてみたらいい。まあ、僕がそこにハッキリ気がついたのは30代後半ぐらい。


好きなようにつくるといっても、「どうしたら、一人でも多くのお客さんに伝わるのか、同じ思いを共有してもらえるのか」という部分には徹底的にこだわって、自分をいじめ抜きます。昔から僕が目指しているのは、「1年に100本映画を観る人にも、1本しか観ない人にも満足してもらえる映画にする」ことです。


どんなに生活が苦しくても、監督以外はやらないと決めました。30代で劇場映画を三本撮ることができたのは、その姿勢を貫いたからだと思います。


映画監督になりたいからと、いきなり会社を辞めるなどという無謀なことはしない方がいいと思います。いま自分がいる世界から学べることはたくさんあるはずです。


後進を育てたいという思いはありません。仕事の中で出会った人に、いろいろなことを伝えてはいますが、後進を育てるなんておこがましいことは考えてもいません。たまに僕のところにも弟子にしてくださいという若い人が来るけど、そういう人には「自分が一番好きな映画を分析したほうがいいですよ」と言います。あるいは、いまの仕事を通して自分にしか見えない世界をシナリオに書いてみたらとか。僕自身、もっとも勉強になったのは小津安二郎の映画だし、その気になればあらゆるものから学べるはずです。


映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。


この企画はハリウッドでなければ撮れないということであれば、そういうこともあるかもしれません。でも、日本で撮れるものをわざわざアメリカでつくろうとは思いません。僕の理想は、撮らずにはいられないというテーマに出会って、それを伝えるために夢中になっている自分がいることであって、ハリウッド映画の監督になることではないのです。


『それボク(映画『それでもボクはやってない』)』でも、納得できるシナリオになるまで、しつこく11回も書き直したので、シナリオ完成まで3年もかかりました。


10代のころの僕は、映画監督を目指しているとはいっても、じつは他にやりたいことが思いつかなかったから、とりあえず映画業界に飛び込んだだけで、まさか、本当になれるとは思っていませんでした。それが、助監督を数年経過した28歳のときに、たまたまピンク映画を1本監督するチャンスが巡ってきた。こんなことは2度とないだろうから、どうせなら自分のやりたいようにやって、それでダメならもう映画の世界から足を洗おうと思って、本当に自分の欲望のままに撮ったんです。そうしたら、「世の中にこんなに面白いことがあったのか」というくらい楽しかった。おまけに、できあがった作品を尊敬する蓮實(はすみ)重彦先生が褒めてくれた。これが原点です。


観客動員数が増えるから主演を人気タレントに変えろといわれても、イメージに合わなければ僕は絶対に承諾しません。今回も、2時間23分という長さを含め、僕のやり方に納得していただけないのであれば、自主制作映画として自分で全国の公民館を回るつもりでした。そのくらいの覚悟はいつもしています。僕だって興行が成功してお金持ちになれるなら、それに越したことはありません。でも、「やりたいようにやって、お金もう入って」などという虫のいい話は、そう世の中にはないでしょう。


僕は自分のことをプロだと思っていません。なぜなら、僕にとって映画は仕事じゃないからです。仕事だと、ときにはお金のために、あるいは依頼主のためにやりたくないことをやらなければならない。でも、それが僕にはできない。映画だけは余計なことを考えず、やりたいようにやりたいんです。


僕は「どうしても撮りたい」というテーマに出会わないと撮れないんです。いくつか企画はあったのですが、どれも何かが足りませんでした。
【覚書き|『Shall we ダンス?』の後、11年間映画を撮らなかったことについて語った言葉】


最初から自分のやりたいことをわかってる人なんて、ほとんどいません。まずなにかをやることで、これはオレに向いてるかもとか、面白いなと感じるものに出会える。そう思って、目の前の仕事に全力で立ち向かうことが大事。


ムリして出すのが個性じゃないと、当たり前のことに気がついた。その時点で「ありきたり」とか「ありきたりじゃない」なんてモノサシはどっかに行ってしまって、自分がやりたいことはなにかってことを考えるようになった。


個性的でありたいと思っても、個性は自分が出そうと思って出すものじゃない。追い詰められれば、おのずと出てきてしまう。出したくないと思っても、出てきてしまうものこそ個性。無理して出すのが個性じゃない。


周防正行の経歴・略歴

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

「昔の日本企業は元気があった」といわれますが、それは当然です。当時の主力メンバーは20代、30代の若者でした。ホンダが米国に初めて進出した際も、陣頭指揮をとったのは30代の社員です。なぜなら若い社員しかいなかったから。その苦肉の策が功を奏した。「知らないのに、どうにかなった」というより、「知らないから、どうにかなった」のです。


おちまさと

成功している起業家に、どのようにビジネスモデルを考案したのかを尋ねると、たいがい、2つ以上の記憶を結びつけた話が出てきます。


星野佳路

我々の会社は役所や銀行とは違って、会議になれたホワイトカラーの集まりではない。テーブルを囲んで意見を言うのは初めて、という人もたくさんいる。そういう人たちを巻き込んでいくには、会議そのものをわかりやすく、楽しめる雰囲気にしなければならない。


玉塚元一

企業は「人」で成り立っています。苦しい企業ではその中で働く人もくじけそうになっています。でも、私もそうですが「いまが成長のチャンスだ」とポジティブにとらえて欲しいと思います。


村上憲郎

私が日本DECで出会ったものに、「make it happen」という精神があります。これは「会社にプラスになると思ったら、思いついた人からどんどんやろう」という精神です。この精神はその後、転職したいくつかの会社でも、必ず実行してきました。


山極寿一(山極壽一)

僕は音楽的コミュニケーションと言っています。音楽や祭り、儀礼を通じて、互いにつながっている感覚を確かめ合っていく。言葉がなくても、身体の五感である視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を最大限に使って、つながっていくわけです。つまり、家族を支えているのは言葉以外のコミュニケーションなのです。


笹野高史

僕が『男はつらいよ』に出演する際は、前日に撮影現場に入って、明くる日、出番をワンシーン撮り終えたらすぐに帰るのがつねでした。帰り際、渥美(清)さんに挨拶にいくと、「おっ、笹野ちゃん、もう帰っちゃうの?いいねえ、美味しいところだけをサッともっていってスッと帰る。俺も本当はそうなりたかったなぁ」なんておっしゃる。そこには、国民的な映画を背負い続けた渥美さんの本音が、幾分か含まれていたのかもしれません。僕はその言葉を聞いたとき、「そこまでおっしゃってくださるのなら、徹底してやろう!」と誓ったのです。それ以来、僕は自ら「ワンシーン役者」を標傍し、それを誇りとするようになりました。


間寛平

人間関係を円満にするコツは、とにかく「甘えること」ですね。人は、自分に甘えて頼ってくる相手とは敵対しないんです。地球一周に挑戦したアースマラソンでもね、現地のコーディネーターとか、怪しい人もいますよ(笑)。でも僕が甘えていくと、彼らも態度が変わってきます。そしたらもう安心です。


茂木健一郎

走ることには、身体のコンディションが整ったり、より健康になったりといったメリットがある。さらに、走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、様々な記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある。このような「ご利益」は、短い距離でも、あるいは歩いても得ることができるから、ぜひ試してほしい。例えば、仕事に行くときにひと駅前で降りて歩くというのでもいいのである。


斉藤茂一(コンサルタント)

特別な才能がある人なら20代、30代で独立しても成功できますが、一般的には仕事の経験、人脈がしっかり形になる40代以降の独立のほうが成功する確率は高い。