周防正行の名言

周防正行のプロフィール

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

周防正行の名言 一覧

自分を変えるには、勇気をもって新しい一歩を踏み出すしかない。実際に経験してみないとわからないことがたくさんある。


「ありきたり」にきちんと向き合うと、ありきたりだなんて言えない世界が見えてくる。


自分を変える前に、本当にやりたいことを考えてみたらいい。まあ、僕がそこにハッキリ気がついたのは30代後半ぐらい。


好きなようにつくるといっても、「どうしたら、一人でも多くのお客さんに伝わるのか、同じ思いを共有してもらえるのか」という部分には徹底的にこだわって、自分をいじめ抜きます。昔から僕が目指しているのは、「1年に100本映画を観る人にも、1本しか観ない人にも満足してもらえる映画にする」ことです。


どんなに生活が苦しくても、監督以外はやらないと決めました。30代で劇場映画を三本撮ることができたのは、その姿勢を貫いたからだと思います。


映画監督になりたいからと、いきなり会社を辞めるなどという無謀なことはしない方がいいと思います。いま自分がいる世界から学べることはたくさんあるはずです。


後進を育てたいという思いはありません。仕事の中で出会った人に、いろいろなことを伝えてはいますが、後進を育てるなんておこがましいことは考えてもいません。たまに僕のところにも弟子にしてくださいという若い人が来るけど、そういう人には「自分が一番好きな映画を分析したほうがいいですよ」と言います。あるいは、いまの仕事を通して自分にしか見えない世界をシナリオに書いてみたらとか。僕自身、もっとも勉強になったのは小津安二郎の映画だし、その気になればあらゆるものから学べるはずです。


映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。


この企画はハリウッドでなければ撮れないということであれば、そういうこともあるかもしれません。でも、日本で撮れるものをわざわざアメリカでつくろうとは思いません。僕の理想は、撮らずにはいられないというテーマに出会って、それを伝えるために夢中になっている自分がいることであって、ハリウッド映画の監督になることではないのです。


『それボク(映画『それでもボクはやってない』)』でも、納得できるシナリオになるまで、しつこく11回も書き直したので、シナリオ完成まで3年もかかりました。


10代のころの僕は、映画監督を目指しているとはいっても、じつは他にやりたいことが思いつかなかったから、とりあえず映画業界に飛び込んだだけで、まさか、本当になれるとは思っていませんでした。それが、助監督を数年経過した28歳のときに、たまたまピンク映画を1本監督するチャンスが巡ってきた。こんなことは2度とないだろうから、どうせなら自分のやりたいようにやって、それでダメならもう映画の世界から足を洗おうと思って、本当に自分の欲望のままに撮ったんです。そうしたら、「世の中にこんなに面白いことがあったのか」というくらい楽しかった。おまけに、できあがった作品を尊敬する蓮實(はすみ)重彦先生が褒めてくれた。これが原点です。


観客動員数が増えるから主演を人気タレントに変えろといわれても、イメージに合わなければ僕は絶対に承諾しません。今回も、2時間23分という長さを含め、僕のやり方に納得していただけないのであれば、自主制作映画として自分で全国の公民館を回るつもりでした。そのくらいの覚悟はいつもしています。僕だって興行が成功してお金持ちになれるなら、それに越したことはありません。でも、「やりたいようにやって、お金もう入って」などという虫のいい話は、そう世の中にはないでしょう。


僕は自分のことをプロだと思っていません。なぜなら、僕にとって映画は仕事じゃないからです。仕事だと、ときにはお金のために、あるいは依頼主のためにやりたくないことをやらなければならない。でも、それが僕にはできない。映画だけは余計なことを考えず、やりたいようにやりたいんです。


僕は「どうしても撮りたい」というテーマに出会わないと撮れないんです。いくつか企画はあったのですが、どれも何かが足りませんでした。
【覚書き|『Shall we ダンス?』の後、11年間映画を撮らなかったことについて語った言葉】


最初から自分のやりたいことをわかってる人なんて、ほとんどいません。まずなにかをやることで、これはオレに向いてるかもとか、面白いなと感じるものに出会える。そう思って、目の前の仕事に全力で立ち向かうことが大事。


ムリして出すのが個性じゃないと、当たり前のことに気がついた。その時点で「ありきたり」とか「ありきたりじゃない」なんてモノサシはどっかに行ってしまって、自分がやりたいことはなにかってことを考えるようになった。


個性的でありたいと思っても、個性は自分が出そうと思って出すものじゃない。追い詰められれば、おのずと出てきてしまう。出したくないと思っても、出てきてしまうものこそ個性。無理して出すのが個性じゃない。


周防正行の経歴・略歴

周防正行、すお(すおう)・まさゆき。日本の映画監督、脚本家。東京出身。立教大学文学部フランス文学科卒業後、助監督などを務めたのち『変態家族 兄貴の嫁さん』でデビュー。主な監督作品に『ファンシイダンス』『シコふんじゃった』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』『ダンシング・チャップリン』『終の信託』など。『Shall we ダンス?』で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞、芸術選奨新人賞を受賞。同作品はアメリカでも成功を収め、のちにハリウッド版が制作された。

他の記事も読んでみる

永田豊志

図にすると、どこに何を書くかも考える必要がありますから脳はどんどん働き始めます。さらに、項目ごとに必要なことが整理されていくので、思考もクリアになる。キーワード同士がどうつながっているかわかるからこそ、頭の中が整理できる。箇条書きにはないメリット。


村上憲郎

グーグルでの私の役目は謝ることだったといっても過言ではありません。前例のないことをやる会社ですから、コンテンツ業界をはじめとして、既存のプレイヤーとの摩擦は避けられません。何かあるたびに私が謝りにいくことになりました。


前田育男

聞いている方が退屈しないように、ツカミも入れるんです。英語のプレゼンで笑いが取れる日本人は珍しいと、褒めてもらったこともあります。各地を転々としながら、一日何度もプレゼンをして、場を沸かすわけですから、興行師みたいなもんですよ。


美輪明宏

私は昔から「給料だと思うな、我慢料ですよ」と言っています。嫌なことを我慢するからそれだけのものをいただけるわけです。たとえば歌い手やタレントであっても、鼻歌だけ歌って、カッコばかりつけて、好きなことばかりやって、それで長く人気を保ちたいなどというのは図々しいのです。


松沢幸一

生産部門の責任者だった私は、チームキリンとしてやるんだと部門内で主張し、営業がもたもたしているなら生産の方でラインを押し上げて言ったらどうだとハッパをかけました。


大塚寿

休暇の予定を考慮して仕事のスケジュールを立て、段取りをつける癖を身につければ、生産性が上がりやすい。


原匡史

全体像をきちんと理解することで、求められるサービスを知ることができる。本当に役に立つ提案ができるようになる。


辻範明

逆境にあっても「会社が好きだ」「会社を残したい」という強い気持ちがあったからこそ、「修羅場」「土壇場」「正念場」という三つの「場」を乗り切ることができた。


樋口武男

私は「独断」はするけど「独裁」はしないと言っています。組織が大きくなると、会議や協議が多くなって、なかなか物事が決まらなくなる。だから「カン」が大事になる。カンは経験を積まないとなかなか当たりません。当社は株式会社なので、もちろん会議にはかって了解をとるわけですが、「分かった、やろう」と決めたらあとは早いですよ。


鎌原正直

私は繊維会社に就職したにもかかわらず、花形だった繊維部門に配属されずに樹脂部門に配属されて「ついていない」と当時は思いました。しかし、樹脂部門に配属されたからこそ今の自分があると言えます。このようにどんなことにも、二面性があるのです。


細田収

商品の利点をわかりやすく説明できたり、好感を持たれる話し方が身についていれば確かに有利です。ただ、それは営業力の一要素にすぎません。もし、相手の話を聞かず、自分の都合ばかりを話していたら、どんなに話し上手な人でもうまく営業できないでしょう。逆に、相手が潜在的に欲していることを上手に引き出したり、ニーズに合った商品を提案できれば、話し下手でも十分にカバーできます。


唐池恒二

「気」に満ちた仕事をすることが大事。人にも動物にも植物にも特有の気があります。さまざまな気を多く集めるところが繁盛するし、職員の元気も出るし、成功するものだと確信しています。気を集めるには、キビキビと動くこと、明るく元気であること、お客さまのことを常に意識して緊張感を持つこと、常に向上しようという貪欲ささを持つことが重要です。


青野慶久

100人の社員がいれば、100通りの働き方と人事制度があっていい。一人一人違っているはずの希望を実現できれば、みんながハッピーになれる。


北条司

主人公と作者を重ねる方が結構いるんです。単純に作品を見てほしいんだけど、作家に興味を向けられるとちょっと困るなって。だからあんまりメディアには露出しないようにしてるんですよね。がっかりさせても悪いなと思うんです。「『シティーハンター』を描いた人ってこんなやつなの?」みたいな。


松井道夫

執念がないと、可能性を信じないで困難ばかり考えるようになります。できない理由を一所懸命探す。挙句の果てに何をするかというと、必ず他人のせいにするんです。誰だって、自分を失って後ろ向きになんてなりたくないですよね。まあ楽ですけど。


ページの先頭へ