名言DB

9419 人 / 110788 名言

呉真由美の名言

twitter Facebook はてブ

呉真由美のプロフィール

呉真由美、くれ・まゆみ。日本の速読インストラクター。「脳開コンサルタント協会」会長。兵庫県出身。著書に『スポーツ速読完全マスターBOOK』『脳を活性化する速読メソッド』。

呉真由美の名言 一覧

脳は簡単に活性化できる器官なんです。でもすぐに元に戻ろうとする性質があります。だから速読トレーニングで速く大量の文章を見ると、脳は得た情報を処理するために活発に動き始めるんです。


速読というと、単純に本を短時間で読めるだけだと思っていませんか? それは少し違います。文章が速く読めるというのは脳が活性化されているということ。つまり、速読のトレーニングをするということが、そのまま脳のトレーニングになっているんです。


本が速く読める能力は本来、誰でも持っていますから、トレーニングをすれば誰でも発揮できるようになります。たとえば絵や写真をパッと見ると、何を表わしているかすぐに理解できますよね。しかし、それが同じ大きさのスペースに書かれた文章になるとすぐには理解できません。長年の経験から文字というものは、一文字ずつ丁寧に順番に読まなければわからないと思い込んでいるからです。理解できなくてもいいので「速く見る」ことが速読トレーニングの基本です。


呉真由美の経歴・略歴

呉真由美、くれ・まゆみ。日本の速読インストラクター。「脳開コンサルタント協会」会長。兵庫県出身。著書に『スポーツ速読完全マスターBOOK』『脳を活性化する速読メソッド』。

他の記事も読んでみる

城島健司

年上の投手のほうがラクですね。プライドをくすぐればいいですから(笑)。年下の投手をリードするほうが大変ですよ。気を遣います。このとき大事なのが上からモノを言わないということ。僕の意見が通ってしまいますからね。なるべくコーチを含めて3人で話すように心がけてます。


パトリツィオ・ディ・マルコ

日本の消費者に認められるために、ブランド側はいままで以上の努力が求められています。ブランドのマークを知られるだけでなく、その形に込められている様々な意味を知ってもらう必要があります。


北橋健治

今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。


魚住りえ

話すことが苦手な人は特に「朗読トレーニング」がおすすめ。たった1分でもいいから日課にしてほしい。滑舌が良くなり、人に伝わりやすく話せるようになります。自分の中にはなかった語彙が増え、上手な文章の組み立て方といった情報もインプットされるので、言葉がすらすら出てくるようになる。話す技術が驚くほど向上します。


山岡荘八

柔道にせよ、剣道にせよ、初段が5段を破った記録はどこにもない。


大坪勇二

いま振り返ると、ダメダメだった時代はカバンの中に意味のないモノがたくさん入っていました。自分に自信がなく、不安だからモノをたくさん持ち過ぎるようになるんです。カバンの中身にはその人の心の状態が表れます。


中田亨

企業の情報漏洩防止の基本はやはり社員一人ひとりの意識ですが、より根本的な対策として「情報量を減らす」というものがあります。最近、あらゆる情報をCCで関係者全員に送る会社が増えていますが、多くの人に情報が伝わるほど、漏洩のリスクは高まります。また、数行ですむ用件をわざわざ別データにして添付で送ってくる人もいますが、データ化された情報は漏洩しやすくなるうえ、ムダに仕事時間が増えることにもつながります。


松本晃(経営者)

会社経営は結果ありきですから、私も、何を大事にするのかを決め、それを実現するために必要なことを粛々と行なっているだけです。


中村憲剛

若手といってもプロのプレイヤーでチームの戦力ですから若手とくくるのは失礼ですけど。気がゆるんだミスがあったときは、俺も絶対に勝ちたいから妥協は許さない。ガツンと言いますよ。でも、基本的には自信を持って選択したプレーはいいプレーだから。「思い切ってやれよ」という声を掛け続ける。「周りがカバーするから、ミスを恐れないでやりな」と。絶対、そのほうが若手は伸びるし、それがチームの力になる。こうして、ああして、こうしろと指示するよりも、その人が感じたことを、チャンスだったら、練習通りじゃなくても体が動くことをやったほうがいい。


五十嵐久也

中小企業の技術がなければ、大企業も力を発揮できない。