名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

呉真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

呉真由美のプロフィール

呉真由美、くれ・まゆみ。日本の速読インストラクター。「脳開コンサルタント協会」会長。兵庫県出身。著書に『スポーツ速読完全マスターBOOK』『脳を活性化する速読メソッド』。

呉真由美の名言 一覧

脳は簡単に活性化できる器官なんです。でもすぐに元に戻ろうとする性質があります。だから速読トレーニングで速く大量の文章を見ると、脳は得た情報を処理するために活発に動き始めるんです。


速読というと、単純に本を短時間で読めるだけだと思っていませんか? それは少し違います。文章が速く読めるというのは脳が活性化されているということ。つまり、速読のトレーニングをするということが、そのまま脳のトレーニングになっているんです。


本が速く読める能力は本来、誰でも持っていますから、トレーニングをすれば誰でも発揮できるようになります。たとえば絵や写真をパッと見ると、何を表わしているかすぐに理解できますよね。しかし、それが同じ大きさのスペースに書かれた文章になるとすぐには理解できません。長年の経験から文字というものは、一文字ずつ丁寧に順番に読まなければわからないと思い込んでいるからです。理解できなくてもいいので「速く見る」ことが速読トレーニングの基本です。


呉真由美の経歴・略歴

呉真由美、くれ・まゆみ。日本の速読インストラクター。「脳開コンサルタント協会」会長。兵庫県出身。著書に『スポーツ速読完全マスターBOOK』『脳を活性化する速読メソッド』。

他の記事も読んでみる

西多昌規

部下に対しては、弱音をはくのはカッコ悪いと思いがちですが、自分の葛藤を正直に打ち明けることで信頼関係が深まる場合もあります。


佐藤亙(経営者)

人を信頼する時は、自分の期待通りにいかないリスクも踏まえた「スマート・トラスト(賢い信頼)」でなければうまくいきません。人のことは基本的に信じた方がいいですが、そこには信じるだけの根拠が必要です。


林文子

そのときは100人の人と会話をすることを一日のノルマとして課しました。飛び込み訪問をするのは恥ずかしいし、頭ごなしに断られれば嫌な気持になります。人間にはプライドがあるので、大げさに言えば屈辱感を味わう。ただ、中には本当に親切にしてくださる方もいる。苦しい気持ちでいるときに、優しくしていただくと、心にしみるようにありがたい。受け入れてもらえたときは、心が躍るほどうれしかったですね。人間の生の姿に直に接したことはビジネスマンとして大きな経験となり、糧となりました。【覚書き:自動車の飛び込みセールスを行っていた時期を振り返っての発言】


森下一喜

ゲームがヒットするかどうかは運任せ。とは言え、面白いゲームに仕上げるためにはギリギリまで努力する。


マーク・ベニオフ

次世代のネット社会では、企業活動も大きく変化する。製品の作り方や取引先・社員との関係は様変わりし、顧客とも従来とは全く異なる形でつながっていかなければならなくなる。各企業のCEO(最高経営責任者)は経営の進め方を大きく変えていかなければならなくなるだろう。


江川達也

一番大事なのは、仕事に正しい優先順位をつけることです。僕の場合は仕事を前にした瞬間に、計画立案プログラムが自動的に頭の中に広がるのです。これはもう、頭の中にそういう回路ができあがっているというよりほかありません。物理学者は海辺で崩れる波を見ても、数式が頭に思い浮かんでしまう……それに近い感覚ですね。僕がそれを瞬時にできるのは、訓練のたまものです。


中村裕(ホテル経営者)

大学卒業と同時にホテルマンとしての第一歩を踏みました。以来44年、ホテルマンとして顧客サービスという付加価値の向上に取り組んできましたが、現在でもサービスというテーマは大きな課題であり続けています。


前川孝雄

単に「経費を削減しろ」と言われれば部下も反発したくなりますが、「会社全体の売上げに対する販売管理費の比率が高すぎるので、経営層から現場の経費を削減するように言われているのだ」と明かせば、部下も納得するでしょう。


青木紘二

失敗を恐れずにチャレンジすれば、新しいものが見えたり、違ったアングルからいい写真が撮れたりします。うまくいかないこともありますが、それぐらいの勇気を持たないとダメ。能力にそれほど差はないはずで、要するに「やったれ!」と思う肝があるかどうかなのです。


渡辺謙

自分を成長させるために大切なことがあるとすれば、人生で何かアクシデントに遭遇しても、逃げずにきちんと向き合うことではないでしょうか。嵐が通り過ぎるように受け流すのではなく、「残念だ」「悔しい」という気持ちをきちんと受け止めて整理して次につなげる。そういう生き方が、知らず知らずのうちに仕事の勘や生きる知恵に昇華されていく。何か特別なスキルを身につけて実力が一足に飛び上がるなんてなかなかないんじゃないでしょうか。


向井秀徳

僕の人生もたいして面白いわけじゃないんです。でも、面白かろうが面白くなかろうが、人にはそれぞれ歴史がある。


稲垣精二

日本が抱える少子高齢化などの課題は、これからほかの先進国やアジア各国が直面する課題でもある。我々の業界が情報技術を活用した新商品開発やサービスコストを抑える仕組みづくりを進め、そのソリューションを外国に提供すれば、日本企業がグローバル展開するうえで武器になる。日本が「課題先進国」から「課題解決の先進国」に変わるために、業界全体で取り組んでいく。