名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

呉文精の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

呉文精のプロフィール

呉文精、くれ・ぶんせい。「ルネサスエレクトロニクス」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行、GEキャピタル・ジャパン事業開発本部長、GEフリートサービス社長、カルソニックカンセイ社長、日本電産副社長などを経てルネサスエレクトロニクス社長CEOに就任。

呉文精の名言 一覧

どうやったら勝てるのかを真剣に考えていかないといけない。


日本企業らしさを大事にしたいと思う一方で、世界で戦うなら、世界に通用する戦い方を身に付けないといけない。


日本経済が持続的に成長していくためには、競争力の根底の部分を支える製造業が必要。


トレンドや流行で業績が左右されにくい分野に特化してきました。強みを生かし、市場で存在感を発揮できるM&Aを積極的に実行したい。


日本の電機業界は苦戦している企業も多いですが、彼らは決して技術をおろそかにしたわけでも、怠けていたわけでもありません。それだけでは勝てない時代になってしまったのです。


GEは私がいた頃、年間100社のペースで買収していました。3日に1社のペースです。GEは買収とその後のPMI(買収後の統合プロセス)が標準プロセス化されていたので、そのマニュアルに沿って学んでいきました。その際の経験が今、生きています。


現在私たちは、ソフトウエアの技術などで8社の企業、大学と提携し自動運転を開発しています。こうしたオープンイノベーションの考え方を取り入れながら、顧客が使いやすいようプラットフォームの標準化を目指したい。


ルネサスの技術者は非常に真面目で優秀、そして誠実です。しかし、そういう人が真面目に働くだけで収益がついてくる時代は終わってしまいました。経営としてどう戦っていくのか。私は海外企業の買収やPMI(買収後の統合プロセス)で付加価値を出していきたいと思います。真面目に働いている社員の努力や汗が報われる仕組みを実現することが経営者の役割です。


ビジネス面のシナジーだけでなく、ルネサスをグローバルな会社にするためにも今回の(米半導体メーカー・インターシル)買収は大きな意味があります。国境を越えるPMI(買収後の統合プロセス)では、意思決定などを含めて自分たちがグローバル化することが欠かせません。インターシルの買収が正式に完了すれば、経営会議のメンバーに外国人が加わるので、経営会議は全て英語にします。半導体はグローバルで戦う産業です。今回の買収はルネサスのグローバル化を加速するきっかけになりそうです。


競争環境は激しく変化しており、成り行きで勝算があるとは言えません。しかし、負ける理由は何もないと思っています。半導体も成熟してくると、あるカテゴリーで圧倒的トップをとらないと生き残れません。私たちはマイコンと呼ばれる半導体を中心に世界トップの技術とシェアを持っています。各戦略セグメントでの「ワールドカップ優勝」を目指したいと思っています。


呉文精の経歴・略歴

呉文精、くれ・ぶんせい。「ルネサスエレクトロニクス」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行、GEキャピタル・ジャパン事業開発本部長、GEフリートサービス社長、カルソニックカンセイ社長、日本電産副社長などを経てルネサスエレクトロニクス社長CEOに就任。

他の記事も読んでみる

酒巻久

人の言葉を聞かないで、自分の意見ばかり言う人間は致命傷ですね。会議の場でもよく「おまえ、いままでの議論の何を聞いていたんだ」と言いたくなる発言を平気でする人がいます。こういう人はバカに見えるし、意見が通ることもまずありません。逆に、相手の言葉を受け止めたうえで、自分の言葉を発することができる人は会議の中でも目立ちます。


梅原勝彦

当社の場合、社員の定着力の高さが競争力につながっています。だから一度もリストラはしたことがないし、どんな社員でも、これは縁だからと、定年まで働いてもらう。私は新年のあいさつで「今年もみなさんが定年まで働ける会社づくりをめざすのでよろしく」と毎年話していますが、そこに嘘がないから社員がついてきてくれたのだと思います。


ゴードン・ムーア

技術革新のスピードにマネジメントがついていけなければ企業は衰退します。技術だけではありません。企業を取り巻く環境も大きく変わっています。端的な例は現在のシリコンバレーでしょう。この3年で様変わりし、いまや世界で最もコストの高い地域になってしまいました。ここでモノづくりを続けるのは難しいでしょう。


丸山栄樹

自分を分析して、辛い時ほど力が出るようなところがあります。ただ、火事場は逃げずに乗り越えられても、平時に前進するのは難しいと実感しました。


張本邦雄

私の持論は、「明日できることは明日に持ち越せ」なのです。ただしそのためにはゴールはどこで、そこに向かうためにどのくらいの時間がかかるのか、そこを決して間違えてはいけません。ときには数年がかりでやるべきこともあります。


出口治明

若い人がもっと勉強するようにならなければ、日本が競争力を高め、より豊かな国になることは望めません。私たち企業人も含めて社会全体で大学教育の在り方をもう一度よく考えるべきですし、大学学側もグローバルな競争を見据えて改革に取り組んでいただきたい。


鈴木尚広

盗塁はコンマ1秒を争う世界。でも、足の速さはあまり関係ありません。「ここで走る」と自分のカンを頼りに走るだけです。以前は、配球やカウント別の成功率などの様々なデータや、投手のクセなど相手を研究していました。それを頭に入れ、盗塁のタイミングを図っていましたが、うまくいかなかったんです。数字や相手を気にするだけで、自分の体やメンタルがおろそかになっていた。データに頼る分、直感が働かない原因を自分で作っていたんです。試合中は、ベンチで自分がどうスタートを切るかのイメトレ。そうやって、「自分」に意識を向けていると、塁上では、余計なことを考えず体が勝手に反応して、直感でスタートが切れるように。相手がどうだとか、成功しなければでなく、自分自身の準備がしっかりできていれば、自信が持て、勝負に臨めるようになりました。


千本倖生

どうすれば時代の波を捉えられるのか。それには、実際に足を運んで、自分の目で世界を見ること。そうしてこそ、世界の動きが、感動を伴って認識できるのです。


山田昭男

私には、社員のアルバイトを禁止する理由がまったく分からない。おそらく多くの中小企業が、大企業の就業規則をマネているのだろう。しかし、我々のような規模の会社が社員のアルバイトを禁止するのは、絶対に間違っていると思う。以前、当社の社員がよくアルバイトをしている温泉宿の主人が訪ねてきた。そのとき、「お宅の社員は本当によく働いてくれて、年末年始は非常に助かっている。ものは相談だが、できたらもっと休みを長くしてくれないか」と、冗談半分に話されたことがある。未来工業は休みが多い。いま以上に休みを長くすると、お客様をさらに怒らせることになるから、さすがにそれはできないけれど、休みを多く与え、アルバイトを自由にしたことで、社員たちがみな喜んでいるのは間違いない。


ウィリアム・ジェームズ

生物学的に考察すると、人間は最も恐ろしい猛獣であり、しかも同じ種族を組織的に餌食にする唯一の猛獣である。


西本博嗣

会社は人がやるものですから、その会社の責任者が経営をやりやすくなれば、結果的に利益や売り上げが伸びる。


豊田章男(モリゾウ)

「今よりもっといい方法があるはずだ」「今よりもっといいことができるはずだ」。私はそう信じています。それこそがトヨタの改善魂です。