名言DB

9412 人 / 110637 名言

呉文精の名言

twitter Facebook はてブ

呉文精のプロフィール

呉文精、くれ・ぶんせい。「ルネサスエレクトロニクス」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行、GEキャピタル・ジャパン事業開発本部長、GEフリートサービス社長、カルソニックカンセイ社長、日本電産副社長などを経てルネサスエレクトロニクス社長CEOに就任。

呉文精の名言 一覧

どうやったら勝てるのかを真剣に考えていかないといけない。


日本企業らしさを大事にしたいと思う一方で、世界で戦うなら、世界に通用する戦い方を身に付けないといけない。


日本経済が持続的に成長していくためには、競争力の根底の部分を支える製造業が必要。


トレンドや流行で業績が左右されにくい分野に特化してきました。強みを生かし、市場で存在感を発揮できるM&Aを積極的に実行したい。


日本の電機業界は苦戦している企業も多いですが、彼らは決して技術をおろそかにしたわけでも、怠けていたわけでもありません。それだけでは勝てない時代になってしまったのです。


GEは私がいた頃、年間100社のペースで買収していました。3日に1社のペースです。GEは買収とその後のPMI(買収後の統合プロセス)が標準プロセス化されていたので、そのマニュアルに沿って学んでいきました。その際の経験が今、生きています。


現在私たちは、ソフトウエアの技術などで8社の企業、大学と提携し自動運転を開発しています。こうしたオープンイノベーションの考え方を取り入れながら、顧客が使いやすいようプラットフォームの標準化を目指したい。


ルネサスの技術者は非常に真面目で優秀、そして誠実です。しかし、そういう人が真面目に働くだけで収益がついてくる時代は終わってしまいました。経営としてどう戦っていくのか。私は海外企業の買収やPMI(買収後の統合プロセス)で付加価値を出していきたいと思います。真面目に働いている社員の努力や汗が報われる仕組みを実現することが経営者の役割です。


ビジネス面のシナジーだけでなく、ルネサスをグローバルな会社にするためにも今回の(米半導体メーカー・インターシル)買収は大きな意味があります。国境を越えるPMI(買収後の統合プロセス)では、意思決定などを含めて自分たちがグローバル化することが欠かせません。インターシルの買収が正式に完了すれば、経営会議のメンバーに外国人が加わるので、経営会議は全て英語にします。半導体はグローバルで戦う産業です。今回の買収はルネサスのグローバル化を加速するきっかけになりそうです。


競争環境は激しく変化しており、成り行きで勝算があるとは言えません。しかし、負ける理由は何もないと思っています。半導体も成熟してくると、あるカテゴリーで圧倒的トップをとらないと生き残れません。私たちはマイコンと呼ばれる半導体を中心に世界トップの技術とシェアを持っています。各戦略セグメントでの「ワールドカップ優勝」を目指したいと思っています。


呉文精の経歴・略歴

呉文精、くれ・ぶんせい。「ルネサスエレクトロニクス」CEO(最高経営責任者)。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本興業銀行、GEキャピタル・ジャパン事業開発本部長、GEフリートサービス社長、カルソニックカンセイ社長、日本電産副社長などを経てルネサスエレクトロニクス社長CEOに就任。

他の記事も読んでみる

木村浩一郎(経営者)

変化をいかに捉え、ニーズにスピーディーに応えていくか。これが企業経営にとって重要な時代になった。


内藤哲也

プロレス総選挙(1位獲得)に関してはここ2年くらいにしてきたことの結果が出たのかな、と思います。周りの目を気にするのをやめて、表現したいものを表現し始めて、それが徐々にお客様に伝わるようになったというのは実感していました。


小宮一慶

ポイントは相手が興味を持っていること、相手がほしがっている情報について話すこと。究極は、相手が話したがっていることを、気持ちよく話してもらうこと。


永山治

経営者になった頃は30年後に、会社あるいは従業員の人が安心して仕事できるような会社にしたいと思っていましたが、いまや10年先もだんだん分からなくなってきました。でも2~3年では、なかなか会社を変えられない。10年前に考えたことを、そのまま達成することはまずありません。それでも目標達成にはいま、何が欠けているのかということを常に見つけ出していくことが必要だと思います。そうした文化をきちっと会社の中に作ることが非常に大事なのです。


大野直竹

目の前の利益を狙うことも必要です。でも、たとえ今、仕事がなくても、お客様の状況やお話から見て数年先にお役に立てそうだと思えば、その日までお世話させていただく。もっと言えば、数年先でなくてもいつかお客様のために仕事ができると思うなら、そのためのアドバイスを長期的にしていく。頭の中にそんな像を描いて仕事をすることが大事なのだと思います。


渡文明

機会をとらえて積極的に勉強し、仕事を通じて得た知識・ノウハウを試したり改良したりしながら自分のものにしておけば、いつか役に立つ日が来ると思います。


矢野一郎

第一主義はものすごく重要だ。一番初めにことを始めるには、必ずそこに創意工夫、努力、そして勇気が必要だ。それをしっかりとDNAとして受け継いでいこう。


大西孝明

たとえ「戦略」が良くても、キーパーソンを訪問する「有効な活動量」を増やさなければ受注には結びつきません。上司が戦略を一緒に考えて、アポイント数など短期活動目標を設定して指示・命令をしなければ、営業は通い慣れた「窓口」への訪問を続けてしまう。


野口晴巳

手帳は公私ともに私のすべてが詰まった分身です。これを捨てるということは、自分の人生を捨てることです。できるわけがありません。


加藤俊徳

デキる経営者に共通するのは、聞く耳を持っていること。周りから意見を吸収したり、変化を聞き逃さない。金持ち脳になるには、この脳番地は重要。


細田収

悩み相談をされることがあるかもしれません。そのときには長々とアドバイスをするのは禁物。こちらがその場で思いついたアイデアなど、相手にとっては「もう検討済み」である確率が高いからです。ここは、「あなたはどうしたい?」と聞いて、相手に考えさせ、答えさせること。これだけで、「親身になってくれた」という印象になるのです。


ジャスパー・チャン

書籍から開始したアマゾンジャパンですが、家電や玩具、キッチン用品、07年にはファッションにも参入しました。足元では、市場が大きい食品などにも布石を打っています。地球上で最も豊富な品ぞろえを持ち、最もお客様を大切にする。これがアマゾンのミッションです。このミッションから考えて、日本については非常に満足しています。


夏野剛

年配の経営者に向けてITの重要性について話すとき、私がよく例に出すのが織田信長と鉄砲の話です。相手にとって親しみがあり、共感できる例を挙げると、理解が深まるのです。


林野宏

堤(清二)さんは、素晴らしい経営者で、目標とするには高過ぎるハードルです。その人に認めてもらうには何をすれば良いのか。そこで、堤さんの弱点を考えてみたんです。すると、堤さんは芸術家なのでお金とシステムには弱そうだなと。クレジットカードはまさにお金とシステムですから、これなら勝てる、そして恐らく苦手な分野なので、任せてもらえる可能性が高いと考えました。実際、クレジットカードをやりたいと話したら、「百貨店の竹内敏雄常務(当時)と2人でやれ」と言われ、百貨店から移籍した1年後には役員になりました。タイミングと運も良かったんでしょうね。


木皿泉(妻鹿年季子)

私が書きたいテーマは、たぶんほかのいろいろな作家がすでに書いてきたり、あるいはこれから誰かが書いていったりするようなことだと思うんですよ。私が書かなくても、ほかの人が書いてくれる。私にしか書けないテーマはこの世にはない。でも、私たちにしかできないやり方はあるんだろうなと思うわけです。それは日々改良を重ねてきた工夫だったり、ふたりで作ってきた言語感覚だったり、そういうものは教えたくても教えられないものとして私たちの体に残っていっている。それが個性なのかなと思うんです。