名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吹越満の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吹越満のプロフィール

吹越満、ふきこし・みつる。日本の俳優。青森県出身。高校卒業後上京し「ワハハ本舗」に参加。その後退団し俳優としてテレビドラマ、映画、舞台で活躍。

吹越満の名言 一覧

正直なところ、僕、俳優って仕事に向いてないと思うんですよ。でも好きなんですよ。またこれが、どう好きなのか、うまく言えないんですけど。


最近、あらためて思うのは偶然がつないでくれた信頼できる人たちの存在が、深く考えずに俳優になってしまった僕を支えてくれている、ということ。


ネタを考えるときは、たとえば近くにある吸い殻を捨てた人が何者なのか、考え続けてみたりする。それでいいアイデアが浮かぶと人に話してみて、話が弾むかどうか。その繰り返しで何かを発見する……こともあります(笑)。


僕みたいないい加減なヤツが20年近く続けられたのは、信頼できるスタッフに恵まれたから。「やるよ」と言うと集まってくれるんです。その段階では僕自身「なにをやろうか」と見えていない状態。それでも信じてじっと待っていてくれる。うれしいですよね。僕が一番自分のことを信用していないのに。


高校を卒業して、一浪しながら田舎でグダグダしていたわけです。友達は進学したり就職したり、それぞれの道を歩み始めて。僕は誰にも会わず、ひとりの時間を過ごす時期に突入したんですよね。そうすると無茶しやすいでしょう。ひとりだと考えに歯止めがかからないから。それで行き着いたのが、「どこかに行って変なことをするなら、いまかな」って。40代になった僕がそこにいたら、「なんだそれ!?」って話なんですけどね。とにかく日夜、いろんな芝居が観られる東京へ行ってみよう、と。


吹越満の経歴・略歴

吹越満、ふきこし・みつる。日本の俳優。青森県出身。高校卒業後上京し「ワハハ本舗」に参加。その後退団し俳優としてテレビドラマ、映画、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

菅野寛

私は大学の教員になる前、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)で17年ほど経営コンサルタントの仕事をしていました。当初はコンサルティングに必要とされるさまざまな分析手法をなかなか習得できずに苦労しましたが、そのうち難しい分析手法もこなせるようになりました。それはそれでよいのですが、実は経営コンサルタントにとってこの時期が一番危ないのです。難しい理論にも分析にも精通し、自分は一人前のコンサルタントだと思いこんでしまう。人によっては、コンサルタントの仕事をやめてすぐにでも経営者になれるという者まで出てくる。しかし、分析のテクニックに優れているということと、実際に企業を経営して成果を出すということとは、異なる次元の話です。このことに気づいていないのは、経営コンサルタントとして一皮むけていない証拠。


高原豪久

メソッドとは、日本語でいえば「型」です。剣道などの武道には型の稽古がありますが、優れたスポーツ選手は皆、きちんと型を習得しています。型を習得する際に重要なのは、決して型を疑わないこと、自己流を排して徹底的に真似をすることです。世阿弥の言葉に置き換えれば、守破離の守です。師の教え、すなわち型を一切疑わず、徹底的に真似る。これは、学びのスタートにおいて、極めて重要なことです。


佐藤富雄

いざ新しいことに向かう際には「一寸先は光」「前向き、前向き」などと、自分に絶えず言い聞かせます。何かに取りかかるときには「よし、プラス思考でいこう」と口にして、自分に勢いをつけるのもよいでしょう。これらの言葉を口にすることで、変化や挑戦に対する前向きで強いメッセージが脳に伝わります。すると、脳神経系システムが、その言葉を実現するために自動的に稼働しはじめ、一層前向きな思考になっていきます。人間の脳は、思考を実現可能にしていく力を持っているのです。


高嶌幸広

ビジネスの場では、予期せぬことを後輩や取引先に聞かれるケースもあるでしょう。そんなとき、私は相手に質問するようにしています。相手の回答を聞くうちに、説明の材料がそろってきますし、考えをまとめる時間稼ぎにもなります。何でもかんでも即答しなければいけない、とは限らないのです。その場で結論が出なければ、「これは難しい問題ですね。考えてからあとで答えます」と言えばいいのです。


本間宗久

足らぬものは余る、余るものは足らぬと申すことあり。但し、多きものは諸人沢山と心得、油断して覚悟せず、それゆえ極意不足するなり。不足なる物は人々、油断無く、覚悟してととのへ置く故、極意は余るなり。


鳥越恒一

「月末は忙しい」「第二火曜日に会議が入りがち」といった先方の情報があれば、長期の出張の予定が立てられます。アポが取りやすくなるのはもちろん、ホテルも早めに予約できるので、最近のホテル不足の影響も受けにくいです。取引先の事務の人や社長秘書と仲良くしておくと、こうした情報を得やすくなります。


樋口泰行

20~30代では、知識やスキルを身につけ、キャリア形成することがビジネスパーソンの本分だと思っていました。しかし、部下を持ち、マネジメントする立場になるキャリアの後半戦では、知識やスキルだけでなく、人としての器や徳、いわゆる「EQ(心の知能指数)」が重要になってきます。


福地茂雄

どの組織も、指揮命令系統である上下のコミュニケーションはとれています。しかし、左右方向のコミュニケーションは意識してやらないと円滑に運びません。


梶村尚史

どうも寝つきが悪いという人の中には、あれこれと明日のことを思い悩む傾向が強い人が見受けられます。こうした人は寝付いたあとも、夜中に目が覚めたりして、せっかくの睡眠時間が削られてしまうことが少なくありません。明日への不安を取り除く作業をすることをお勧めします。寝室に入る前に10分ほど時間をつくり、紙に「気になっていること」「明日やるべきこと」を書き出してみるのです。文字にしてみると、漠然と思い悩んでいるより頭の整理がついて、安心して眠りにつけるようになるものです。


浜田宏

目標ができたら、悩んだり考えたりしないで、馬車馬のようにとにかく努力することです。努力ができない人は、その目標が見つかっていない人なのでしょう。


米山公啓

仕事を続けていると、同じペースで続けられないことがあるかと思います。これは、同じ刺激が脳に続けて入ってくると、その刺激に慣れてしまい仕事の効率が落ちてくるからです。


藤原和博

30歳で心身症の一種であるメニエール病にかかってしまい、それまでのペースで働くことができなくなった。そこで出世コースから降りて、専門職へと方向を転換したんです。以後、40歳でリクルートを辞めるまで収入は固定されたままでしたが、新規事業の立ち上げや欧州駐在など、やりたいことをやらせてもらいました。思うに、僕の場合は、自分が本当にやりたいことを病気が教えてくれたんですね。そのおかげでキャリアを複線化させる準備ができたから、ラッキーだったとも言えます。