吹越満の名言

吹越満のプロフィール

吹越満、ふきこし・みつる。日本の俳優。青森県出身。高校卒業後上京し「ワハハ本舗」に参加。その後退団し俳優としてテレビドラマ、映画、舞台で活躍。

吹越満の名言 一覧

正直なところ、僕、俳優って仕事に向いてないと思うんですよ。でも好きなんですよ。またこれが、どう好きなのか、うまく言えないんですけど。


最近、あらためて思うのは偶然がつないでくれた信頼できる人たちの存在が、深く考えずに俳優になってしまった僕を支えてくれている、ということ。


ネタを考えるときは、たとえば近くにある吸い殻を捨てた人が何者なのか、考え続けてみたりする。それでいいアイデアが浮かぶと人に話してみて、話が弾むかどうか。その繰り返しで何かを発見する……こともあります(笑)。


僕みたいないい加減なヤツが20年近く続けられたのは、信頼できるスタッフに恵まれたから。「やるよ」と言うと集まってくれるんです。その段階では僕自身「なにをやろうか」と見えていない状態。それでも信じてじっと待っていてくれる。うれしいですよね。僕が一番自分のことを信用していないのに。


高校を卒業して、一浪しながら田舎でグダグダしていたわけです。友達は進学したり就職したり、それぞれの道を歩み始めて。僕は誰にも会わず、ひとりの時間を過ごす時期に突入したんですよね。そうすると無茶しやすいでしょう。ひとりだと考えに歯止めがかからないから。それで行き着いたのが、「どこかに行って変なことをするなら、いまかな」って。40代になった僕がそこにいたら、「なんだそれ!?」って話なんですけどね。とにかく日夜、いろんな芝居が観られる東京へ行ってみよう、と。


吹越満の経歴・略歴

吹越満、ふきこし・みつる。日本の俳優。青森県出身。高校卒業後上京し「ワハハ本舗」に参加。その後退団し俳優としてテレビドラマ、映画、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

樺島弘明

プロフェッショナルサービス事業では、デジタル活用領域のサービスが非常に増えています。多くの場合、コンサル会社やテック系の企業はプロジェクト予算で仕事をしていますから、終了すると去っていきます。しかし我々は、プロジェクト後も顧客企業に残り、業務や経営の可視化、改善に取り組んでいます。これは定常業務ですから年間契約で、景気変動に左右されない収益で、当社としても重要なサービスです。たとえば自動車、商社など多くの大企業の経営企画室、IT企画部、業務改革室などと毎年様々な仕事をしています。我々は定常業務を押さえていますから、ITプロジェクトやRPA(業務自動化による生産性向上)の導入などのプロジェクトの計画をお客様と一緒に立案し、コンペをせずに入っていくことができます。


赤坂茂好

現在、社長としてシティホテルとリゾートホテルの両方を見る立場です。以前は双方の間に人事交流はほとんどありませんでしたが、いまはどんどん交流し、いろいろな現場を経験してもらうようにしています。リゾートホテルのノウハウと、シティホテルのノウハウとは、お互いに十分共有できると思っています。


樋口武男

私の人格形成に大きく影響したのは祖母です。祖母は3つのことを教えてくれましたが、特に叩き込まれたのが「嘘とごまかしはダメ」だということです。あと2つの教えは「人に迷惑をかけるな」「戦ったら、必ず勝て」ということです。今でも、祖母の教えは私の心棒(しんぼう)です。


樺島弘明

どの企業も人材不足で困っておられます。それを解消するためにアサインナビという子会社を設立し、課題を持つ企業と、解決手段を持つ企業・個人をマッチングさせるためのプラットフォームをつくりました。現在、IT業界を中心に2800社、2800名の人材に活用していただいており、毎月1000以上のマッチングが行われています。


高島宏平(髙島宏平)

(アマゾンが参入してくることを)脅威に思わない人なんていないだろう。だが僕らも当初苦労したように(有機野菜の販売は)生産者とのネットワークがない会社がいきなり参入して、すぐに成功するような業界ではない。もしアマゾンが本気で有機野菜で日本市場に参入するのなら、我々を買収するのが一番手っ取り早いのではないでしょうか。

【覚え書き|アマゾンが米食料品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を買収したことについて】


羽田圭介

大学を卒業後、就職をしたのは、親を安心させるためと、サラリーマン生活を経験したほうが作家活動にもいい影響があると思ったからです。勤めて最初の3か月は仕事をしながら、小説もきちんと書いていたんです。でも、会社で仕事の力の抜き方を覚えていったら、小説も書く努力をしないようになってしまって。小説を書くのに、社会人経験はじつはそれほど必要ではないなと思ったんです。幅広い経験をしようと思っても、日々の仕事って、じつはルーチン。たとえこれまでにない経験をしても、次第に自分のなかではルーチンになっていく。学生時代にデビューして、就職していないのにもかかわらず、ずっと面白い作品を書き続けている先輩作家さんたちもいます。そこで、背水の陣で専業作家に挑もうかなと。会社員生活もそれなりに楽しかった。でも「このままでは書かなくなるだろうな」という不安があって。


テリー伊藤

オレみたいな物を作るタイプは、ぶっ飛んでいる人と一緒にいたらダメなんだ。うちのスタッフにも言うんだけど「オレに注意させないでくれ」って。「それはやっちゃダメ」と言う側になったら、その度に自分で自分に規制をかけることになる。オレは走っちゃダメな廊下でも走る方でいたいんだ。


西田厚聰

営業は余力を残さずやってくれ、と僕は言っています。だから、その期にあげられる売上は、すべて売り上げていると思いますが、仮にもう一息、プラスアルファが欲しいという事態になったときには、上積みすることができます。そういう実力を持っていなくてはいけないと思います。それは日ごろのお客様との付き合いや信頼関係がモノをいいます。


岡田斗司夫

ダイエットでは「自分が体の経営者である」という自覚を持つことがとても大切です。経営者であれば、常にインプットとアウトプットの状況を把握し、収支をコントロールするのは当然のことです。「太っちゃったけど、理由がわからないし仕方ないよな」というのは、自分が体の雇われ社長になってしまっているようなものです。


数土文夫(數土文夫)

異質を受け入れることができれば、強くなれます。『論語』や『韓非子』など、中国の古典を読むと、異質との遭遇が人や考え方を磨き上げることがよく分かります。それらは今なお説得力にあふれ、グローバル社会の中で企業や国がどう生きていくべきかについての示唆に富みます。


日覺昭廣

私は東レの全ての事業が弱点だと思っています。死角がないどころか、死角だらけだと。だから日々、問題点を見つける努力が必要になります。


堤幸彦

悪戦苦闘しているのは、いまでもまったく変わらないんです。


平林純

プレゼンは階段に似ています。わかりやすい説明で、聞き手が一歩ずつ階段を上り、「なるほど」と頷きながら、いつの間にかあなたの提案への同意という最上段に着く。そのような階段が望ましい。そのためには、段差が小さく、聞き手が自然と次の段へと足を延ばせる階段でなくてはなりません。


桑田真澄

プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある。


宋文洲

華僑でも中国だけに資産を集中しません。あちこちの国に分散します。日本でも東日本大震災という誰も予測できないことが起きた。昔は中国にはカントリーリスクがあるという人が多かったけど、日本にも違う形でカントリーリスクがあるわけです。どれだけ分析したって、人間が予測できないリスクは存在する以上、投資対象を分散し、リスク管理は必要。


ページの先頭へ