名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

君原健二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

君原健二のプロフィール

君原健二、きみはら・けんじ。日本のマラソンランナー。東京五輪で8位、メキシコ五輪で銀メダル、ミュンヘン五輪で5位を獲得。戦後日本の男子マラソン第一次黄金期に活躍したランナー。福岡県北九州市出身。引退後は九州女子短期大学講師、北九州市教育委員会委員長、北九州市立大学特任教授などを務めた

君原健二の名言 一覧

努力の成果なんて目には見えない。しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。


君原健二の経歴・略歴

君原健二、きみはら・けんじ。日本のマラソンランナー。東京五輪で8位、メキシコ五輪で銀メダル、ミュンヘン五輪で5位を獲得。戦後日本の男子マラソン第一次黄金期に活躍したランナー。福岡県北九州市出身。引退後は九州女子短期大学講師、北九州市教育委員会委員長、北九州市立大学特任教授などを務めた

他の記事も読んでみる

瀬戸欣哉

誇りを持つには儲かること、勝つことも重要。最初、国内部門の人たちと話した時、ちょっと元気がないと思いました。会社が海外で買収を進めるほど、自分たちには未来がないのかという気持ちになった人も少なからずいたでしょう。しかし、国内はすごく重要で、国内事業の競争力があるから、買収した海外企業のデザインやブランドとの融合もできるんだという話をしていくと、みんな頑張ろうと思ってくれました。


濱田純一

グローバル化に対応し、多様性を生む新たな教育を確立すること。それが教育改革の本質です。大学で知識を開発する手法が変われば、社会に大きな影響を及ぼします。そのため、大学改革は東大だけではなく、社会全体で考える問題です。秋入学は、その第一歩。だから諦めませんし、嫌がられても耳の痛い話をし続けるつもりです。


山内溥

全くの新製品を作るためには、常識的な発想では人々を納得させることはできない。新製品に必要なのは、社会通念や習慣を変えるようなものでなければならない。そのためには非常識の発想が必要なんです。みんながこうするから自分もそうするなんていうのは論外です。我が道を行くという考え方、そのためには、他人に煩わされないで、自分の時間を多く持つことが大切だ。人と同じことをやっていたのでは、同じ考えしか出てこないんです。


小松美羽

私の絵を理解し、力を貸してくださる人が増えたからこそ、私は純粋に絵を描くことに集中できた。今振り返っても、こんなに多くの人と仕事ができたご縁の奇跡と、だからこそ感じる宿命に魂が震える。さらにもっと多くを巻き込んで絵を描き発表し続けていきたいという気持ちに燃えている。


森川亮

南米などに行くと、相手が約束の時間に来ないことが多いようですが、それが日常茶飯事なら、責めることはできない。「時間を守らないのは、けしからん」という日本人の考え方では、ビジネスは失敗する。その国の文化や国民性を変えることはできないのですから、異質なものを受け入れて柔軟に対応し、そこから学ぶ姿勢を持たなければいけない。


伊藤洋志

企業に入って1つの仕事を専業で生涯続け、人によっては自分の健康とお金を交換することもある。このような現代の働き方はおかしい。僕はいろいろな仕事を作って、仕事に多様性を取り戻したい。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どの産業でも、市場が成熟段階に入ると、小売りのプレーヤーが変革を起こしてきた。ヤマダ電機などの家電量販店や、イオン、セブンイレブン、ユニクロなどがその代表選手だろう。その点、自動車だけは進化が止まっていた。日本には世界一の製品が揃っている。ただ、これまでメーカー支配が強すぎたためか、流通では旧態依然とした構造が残されている。だからこそガリバーが消費者視点を貫くことで、変えていく余地が残されている。


橋本真由美

私がこれまでやってきたのは、強い現場をつくることです。その中身は何かというと、人の育成なんです。これからも、いかに人材を育てていくか、いかに短期間で店長を生み出していくか。それができれば、たとえ競合企業が現れようとも万全だと思っています。


橘フクシマ咲江

柔らかな表現を重視しがちな日本人のチームが、ハッキリ物を言う外国籍人材に戸惑いを覚える、といったケースはよく見られます。こうした衝突は避けるべきものではありません。その物言いが起爆剤になり、それまでなかったアイデアが出てくることがあるからです。


ニクラス・ゼンストローム

いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


古田敦也

情報を柔軟に取り入れていくことも重要だと思います。僕らはプロですから、相手も替わるし進化しているので、同じ手が通用し続けることはない。「初志貫徹」という言葉があるように、最初の志や軸がぶれないことは大切です。でも、そればかりにとらわれすぎると成長できません。


鈴木茂晴

どのトップも、ただ利益をあげるだけでいいとは考えていないはずだ。同じ利益でもどうやって稼いだのか、その出所が問われる時代になったといっても過言ではない。社会的意義のある稼ぎ方、利益の出し方をしていかなければ、いくら収益をあげても「良い会社」とは見なされなくなっている。