名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

君原健二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

君原健二のプロフィール

君原健二、きみはら・けんじ。日本のマラソンランナー。東京五輪で8位、メキシコ五輪で銀メダル、ミュンヘン五輪で5位を獲得。戦後日本の男子マラソン第一次黄金期に活躍したランナー。福岡県北九州市出身。引退後は九州女子短期大学講師、北九州市教育委員会委員長、北九州市立大学特任教授などを務めた

君原健二の名言 一覧

努力の成果なんて目には見えない。しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。


君原健二の経歴・略歴

君原健二、きみはら・けんじ。日本のマラソンランナー。東京五輪で8位、メキシコ五輪で銀メダル、ミュンヘン五輪で5位を獲得。戦後日本の男子マラソン第一次黄金期に活躍したランナー。福岡県北九州市出身。引退後は九州女子短期大学講師、北九州市教育委員会委員長、北九州市立大学特任教授などを務めた

他の記事も読んでみる

依田巽

山水電気の取締役を終えて、独立しました。そのとき考えたのが、できるだけプレッシャーのない仕事をすること。つまり、在庫を持たない、売掛金がない、そして人件費が掛からない。そのうえで自分に何ができるかと考えて、日本とアメリカの懸け橋となれる輸出入の顧問業をやろうと思いました。山水の取締役退任後の3月に、現在のティーワイリミテッドを設立しました。


柴田励司

リーダーになった途端、その人個人ではなく、チーム全体のパフォーマンスをあげることが求められるようになります。つまり、リーダーになったら主語を「I」ではなく「We」にしてものごとを考えるべきだということです。その切り替えをしないと、メンバーと一緒にいい環境をつくっていくことはできません。


清水克彦(報道キャスター)

ドラッカーも「優れた者ほど失敗は多い。それは新しいことを試みるからである」と言っている。恥をかくことを恐れて現状維持を貫くよりも、新たなチャレンジをすることの方が大事だと思う。仕事先での雑談の中で失敗談を話せば、相手との距離が縮まることも多いですよ。


山田匡通

結局、お客様がハッピーになって初めて企業がハッピーになる。これは本質的に一つの世界ということです。


ムーギー・キム(金武貴)

仕事ができる人というのは、様々な人と温かい人間関係と信頼関係を築き、多くの人を巻き込めるものである。これに対し、愛される自信がない人は猜疑心にあふれており、他人に仕事を任せられず、だから仕事がはかどらず、いつまでも組織が成長しないことが多い。「愛される自信」という自己肯定感が欠如している人は、他人との信頼関係構築が勝敗を分けるリーダーのポジションに上った時に、その生産性の低さが露呈してしまうのだ。


大橋博(教育者)

自ら志をたて、自ら行動していくことで、人は成長していく。やはり、日本でも世界でも偉業を成した人には志があります。その志を教えることこそ、教育の役割ではないかと思うのです。


田原総一朗

日常の発見や疑問が仕事につながる。毎朝、新聞に目を通す。すると、そこにたくさんの疑問や発見がある。次から次へと疑問や仮説がわいてくる。そこから取材が始まり記事や著作につながっていく。


津賀一宏

当社は業績が悪く、転換点に来ているのは事実ですが、逆に言えばパナソニックがどういう方向に向かっていくのか、我々のDNAはどこにあるのか、強みをどこにつくっていくのかをもう一度考え直して、社内外に発信する良い機会だと考えました。


加藤一二三

長い将棋人生を送っていると、名勝負に出合ったり、まだ誰も指したことのない美しい一手を見つけることがあります。これぞ、将棋の醍醐味でしょう。こうした感動を、一人でも多くの棋士や将棋ファンに伝えたい。そう考えたとき、私は棋士として存在意義を見出すことができました。


ダン・ケネディー

商品そのものが富をもたらすことは極めて珍しい。市場でユニークな地位を占めて大きな利益を上げるためには、魅力ある物語、広告、マーケティング、流通などを工夫する必要がある。


佐野真之

義父から譲り受けた時計を愛用しています。義父は理系の人だったので、当時の最先端の技術に興味を持っていたようです。生前、仕事に対するアドバイスをよくもらっていたんです。仕事に向かう姿勢みたいなものを学びましたね。だからこそ、大事なプレゼンや映画祭に挑むときに身につけると、義父がそばについていてくれるようで心強く、落ち着きます。


酒井光雄

顧客に感動を与える具体的な方法は、商品の価値を高めるのは当然として、顧客がその商品を購入して、使うまでの一連の「時間」の価値を高めることを強く意識することに尽きる。この「時間価値」を高めることが、高単価、継続購入につながるからだ。顧客に高い時間価値を感じさせるために重要なのは接客だ。いい接客は、「その商品を購入すると、高い時間価値を得られるぞ」と顧客に想像、予感させることに直結するからだ。