名言DB

9419 人 / 110788 名言

向谷匡史の名言

twitter Facebook はてブ

向谷匡史のプロフィール

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

向谷匡史の名言 一覧

上司への不満は上昇志向の裏返し。しかし役職が上がって、部下の愚痴をこぼすようになったら、人生のモチベーションを下げるだけ。


人間関係というのは、自分という船の船底にこびりついたフジツボや牡蠣殻のようなもの。人生という海原を渡っていくうちにどうしても付着してしまうものですが、気になるなら自分で削ぎ落とせばいいんです。


自分の考えに相手を説き伏せるのではなく、相手に答えを出させることが大切。たとえ正しい答えでも、人から言われたことに従いたくないというのが人情でしょう。


徹底して自分を輝かす努力をしてこそ、納得のいく日々になる。


本当の意味での説得とは言葉で言いくるめることではなく、納得させること。相手に働きかけて「腑に落ちさせる」こと。


自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


言葉に体重が乗っていなければ、理屈をいくら並べてもムダ。


過去にさかのぼって人生を生き直すことはできません。たとえ過去に悔いがあったとしても、「それがあればこそ、いまの自分がいる」と自己肯定したほうが楽になれます。


最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


いくら思い煩っても将来のことはわかりません。また、どんなに心配したところで、物事は変わらないのです。だったら、もがき苦しむのを止めて、現状を甘受しましょう。そして、いまこの一瞬、一瞬を精一杯に生きていくのです。


私は56歳で得度したときから作務衣で通してきました。最初は周りの目が気になって落ち着かなかったものの、思うほど他人は自分のことを気にしていないとわかると自意識が消え、気が楽になりました。これが私の引き算の人生の始まりでした。


「第二の人生」を迎えたときに、お勧めしたいのが「天地返し」です。もともと農作業の言葉で、春の種まきに向けて畑の土を天と地がひっくり返るくらいに耕して、肥沃な土に戻すことを指しています。それと同じで、人ももうひと花咲かせるには、それまでの生き方や人間関係をひっくり返すことが必要です。


会社で一生懸命に仕事をし、高い給料をもらい、少しでも上のポストを目指す。多くの人が現役時代は、そんな気持ちで働いています。いってみれば、実績を積み上げる「足し算の人生」です。けれども定年になったら、背負うものを減らす「引き算の人生」にしてもいいのではないでしょうか。


関係を断ちたい人とは「遠間」でつきあえばいいと考えがちですが、「近間」だった人を「遠間」にするときは慎重にしないといけません。もう顔も見たくないと相手に背を向けた瞬間、悪評を立てられたりするなど、「後ろから斬られる」ようなことがよく起きるからです。それを防ぐには、遠ざけたい相手でも会ったら笑顔で挨拶し、ちゃんと対峙して「一足一刀の間」を保つこと。向こうが頼みごとをしてくるなど一歩近づいてきたら、自分は一歩下がるというようにつきあえばいいんです。


部下に「この仕事で成功したら、出世の道が開かれるし給料も上がるから頑張れ」というのは誤り。「今回の仕事は、いろんな意味で人生の岐路になると思うよ」と表現を濁らせ、相手に想像させる。自分でストーリーを作らせること。上司がすべて明かすと、他人のストーリーに乗せられているという被害者意識と、自分は出世とお金のために仕事を頑張る人間ではない、そんな風に見られたくないというプライドや見栄が邪魔するのです。


田中角栄は自分のキャラクターをよく知っていました。小学校卒業という学歴もむしろ利用した。自分を知っているからこそ、違和感のない表現、腑に落ちる言葉になる。日記でも、思いついたことを書き出すのでも、自分の性格分析でもいい。紙に書き出してみる。すると自分の姿が見えてくる。そのアナログ作業がじつは一番の近道。説得力とは内省力なんです。


向谷匡史の経歴・略歴

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

他の記事も読んでみる

寺尾玄

かつてスペインを放浪していたとき、ものすごくお腹が空いてたどり着いた街のパン屋さんで買った、たった一個のパンのおいしさを私はいまも忘れられません。そのときの体験を届けたい。バルミューダ・ザ・トースターは、そう考えて開発しました。


君塚良一

脚本を書くとき途中で、これでいいんだろうか?といろいろ悩むけど、悩んでいる暇なんかないんです。プロなんだから。ちょっと待てよ、おかしいな、3日間考えさせて下さいってプロデューサーに言う。はい判りました。もう他の作家が書いています。プロデューサーも、そんなことは許してくれません。だからみなさんも悩んだりしないで最後まで書く。判らなくなったら全員爆死して、死んでエンドマークを書く。それで、いいんです。読んでみたら面白くないかもしれない。そのときは、ああ、私はまだ気力が充実してないんだなあって思えばいいんです。とくかく最後まで書くこと。


中野幸治

地方創生が叫ばれる中、いかに生産者とのコラボレーションを実現させていくかが地方にとって生き残るためのカギ。


太田和伸

計画ありきの行動は意味がありません。自分ができることから始めていくと、次の可能性が見えてくる。私も最初から「店舗をやりたい」なんて言ってたらムリでしたね。


星野佳路

組織というものは「目標を持たない個人の集まり」だと考えてみればいいでしょう。当社なら、「とにかく接客が好きだからこの会社で働いているのであって、とくに明確な目標はない」という社員だってたくさんいます。それでまったく構わないのです。大切なのは、そういう個人たちのチームが、組織としていかに目標を達成するかなのです。


鈴木孝博

インターネット接続・通信業界は、次の大きなステージへの局面にある。業の本質を突き詰め、時代を捉え、自らの立ち位置を見つけ、果敢に実行する時だ。


木下慶彦

事業内容も重要だが、感覚が合う企業家と一緒でなければ成功は難しい。


水口和彦

月単位で考える欠点は、どうしても月末に帳尻を合わせる結果になりがちなことです。月の前半は油断して時間をムダに過ごし、後半で慌てます。1週間単位で考えれば、油断は激減するでしょう。


朝田隆

脳室(脳内の空間)にたまった脳脊髄液が脳を圧迫することで認知障害が現れる正常圧水頭症は、脳脊髄液を抜けば症状が治まります。硬膜と脳の間に血がたまる慢性硬膜下血腫や、全身の機能が低下する甲状腺機能障害も、病気を治せは症状がなくなる。原因を調べずに諦めてはいけません。


野口克彦

私のスタートはクレーム処理の部署だったんです。当時はカラーテレビが売られ始めたころだったのですが、電源スイッチやテレビの色を合わせるコンバージェンス回路がよく壊れました。もう毎日のようにメーカーさんに謝りに行きました。辛かったですが、鼻っ柱を何度もへし折られているうちにだんだん謙虚になっていきました。