名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向谷匡史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向谷匡史のプロフィール

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

向谷匡史の名言 一覧

上司への不満は上昇志向の裏返し。しかし役職が上がって、部下の愚痴をこぼすようになったら、人生のモチベーションを下げるだけ。


人間関係というのは、自分という船の船底にこびりついたフジツボや牡蠣殻のようなもの。人生という海原を渡っていくうちにどうしても付着してしまうものですが、気になるなら自分で削ぎ落とせばいいんです。


自分の考えに相手を説き伏せるのではなく、相手に答えを出させることが大切。たとえ正しい答えでも、人から言われたことに従いたくないというのが人情でしょう。


徹底して自分を輝かす努力をしてこそ、納得のいく日々になる。


本当の意味での説得とは言葉で言いくるめることではなく、納得させること。相手に働きかけて「腑に落ちさせる」こと。


自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


言葉に体重が乗っていなければ、理屈をいくら並べてもムダ。


過去にさかのぼって人生を生き直すことはできません。たとえ過去に悔いがあったとしても、「それがあればこそ、いまの自分がいる」と自己肯定したほうが楽になれます。


最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


いくら思い煩っても将来のことはわかりません。また、どんなに心配したところで、物事は変わらないのです。だったら、もがき苦しむのを止めて、現状を甘受しましょう。そして、いまこの一瞬、一瞬を精一杯に生きていくのです。


私は56歳で得度したときから作務衣で通してきました。最初は周りの目が気になって落ち着かなかったものの、思うほど他人は自分のことを気にしていないとわかると自意識が消え、気が楽になりました。これが私の引き算の人生の始まりでした。


「第二の人生」を迎えたときに、お勧めしたいのが「天地返し」です。もともと農作業の言葉で、春の種まきに向けて畑の土を天と地がひっくり返るくらいに耕して、肥沃な土に戻すことを指しています。それと同じで、人ももうひと花咲かせるには、それまでの生き方や人間関係をひっくり返すことが必要です。


会社で一生懸命に仕事をし、高い給料をもらい、少しでも上のポストを目指す。多くの人が現役時代は、そんな気持ちで働いています。いってみれば、実績を積み上げる「足し算の人生」です。けれども定年になったら、背負うものを減らす「引き算の人生」にしてもいいのではないでしょうか。


関係を断ちたい人とは「遠間」でつきあえばいいと考えがちですが、「近間」だった人を「遠間」にするときは慎重にしないといけません。もう顔も見たくないと相手に背を向けた瞬間、悪評を立てられたりするなど、「後ろから斬られる」ようなことがよく起きるからです。それを防ぐには、遠ざけたい相手でも会ったら笑顔で挨拶し、ちゃんと対峙して「一足一刀の間」を保つこと。向こうが頼みごとをしてくるなど一歩近づいてきたら、自分は一歩下がるというようにつきあえばいいんです。


部下に「この仕事で成功したら、出世の道が開かれるし給料も上がるから頑張れ」というのは誤り。「今回の仕事は、いろんな意味で人生の岐路になると思うよ」と表現を濁らせ、相手に想像させる。自分でストーリーを作らせること。上司がすべて明かすと、他人のストーリーに乗せられているという被害者意識と、自分は出世とお金のために仕事を頑張る人間ではない、そんな風に見られたくないというプライドや見栄が邪魔するのです。


田中角栄は自分のキャラクターをよく知っていました。小学校卒業という学歴もむしろ利用した。自分を知っているからこそ、違和感のない表現、腑に落ちる言葉になる。日記でも、思いついたことを書き出すのでも、自分の性格分析でもいい。紙に書き出してみる。すると自分の姿が見えてくる。そのアナログ作業がじつは一番の近道。説得力とは内省力なんです。


向谷匡史の経歴・略歴

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・ディズレーリ

世界は、裏の世界を知らない世間一般の人々が想像しているものとはずいぶん違った人物によって動かされているのだよ。


大久保幸夫

がむしゃらに働けばいい二十代と遠い、三十代は道を定め、安定して仕事をしていくことが必要になります。そこで大切なのが、「上手に手を抜く」こと。このときに20代のがむしゃらに働いた経験が生きてきます。すべてに全力ではなく、任せられるところは人に任せ、余裕があるのなら、無理せず一日休むなど、周りからはそれとわからないように手を抜いて調整する力は、20代に力を出しきった経験があってこそ生まれるもの。そしてこの力は次第に高度な仕事が増える半面、体力的には衰えがみえる30代には欠かせないものです。それによって、高すぎず低すぎず、自分のモチベーションを一定の高さにキープし続けることができるのです。


小西利行

昨日、お酒を飲んでいて、とんでもなくデカいレモンサワーが出てきたのですが、メニュー名が「男前サワー」でした。単に「レモンサワー大」だったら興味はないけど、「男前サワー」と書いてあったら、なんだろう? と思って注文してしまう。すごく単純だけれど、相手の興味の一番先端には、何か簡単に伝わるものがあるはず。そこをつかまえにいきますね。


井上由美子(脚本家)

書けなくて、全然何も思い浮かばないときは、とりあえずひとつだけ、無茶苦茶でもいいから台詞を書いてみる。ひとつ書くと、そのレスポンスがイメージできるので、次につながっていきます。すると、もしかしてこの展開がいいかもしれないと、次のアイデアが思い浮かんできます。結局、スランプから脱出するには、プロも書くしかないと思います。


佐藤孝幸

目標に長期・短期があるなら、意識すべきは短期目標です。人間は、遠い目標によって自分の行動を律することができるほど強くありません。長期で取り組む必要がある場合も、今日は何をすべきか、一週間後まで何を終わらせるべきかといった短期目標に落とし込み、そこに神経を集中させます。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

自分が信用できる相手を見つけるためには、複数の事業者に同じ希望を伝えてみるなど、こちら側も能動的に行動することが求められます。受け身でいるだけでは、なかなかいいパートナーとは出会えません。


平岡昭良

伸びる人材は、ちょっと尖っていると言いますか、従来の優秀というのと違って、夢を見ると言いますか、妄想をし、それを実現していくガッツのある人間。


井筒和幸(映画監督)

僕も心血を注いだ作品に、低い評価をつけられることがあるよ。「日本人を貶める作品」なんて言われたりね。正直、「わからないヤツはわからんでいい」と切り捨てていた時期もありましたよ。でも、いまはそういうヤツに対しても、「何回か見たらわかるようになるからもっと見てくれ」という気持ちになった。相手と自分は違う。1、2回でこっちの考えが100%伝わるわけがないんです。


太田彩子

商談で本題を話す順番は、(1)課題提示(2)解決策の列挙(3)その根拠(4)コストパフォーマンス。いずれもデータや数字的根拠を提示しつつ、ロジカルに話を進めること。対して最後の締めでは一転、熱い思いを強調しましょう。仕事にかける意気込みを表明し、お客様の気持ちをぐっと引き込みます。


橘フクシマ咲江

我々がヘッドハンティングで紹介するのはひとつの機会であって、最終的に決断するのは雇用主と候補者です。そこでできるベストの仕事は、お互いの期待値の差を最小限にすることです。だから絶対に嘘を書いてはいけません。交渉の過程では、報酬の詳細や経営課題について、問題を隠すのではなく事実を具体的に説明し、判断の役に立つ客観的な分析を加えるのです。この仕事は、同じクライアントからの仕事が7割を占めるリピートビジネスです。口当たりのいいことだけを伝えて入社していただいても、結果的に成功しなければ、お互いにとって悲劇になります。


江上治

優れたナンバー2は社長と真逆のキャラクター(性格)であることが多い。相補う関係のほうが、事業家にはいいようだ。


曽野綾子

既存の政治家を幻滅させている最大の要因が「ポリティカル・コレクトネス(政治的妥当性)」です。政治など公の場で人種や宗教、性別、職業などで差別や偏見を含まない、中立的な表現を用いることです。その姿勢を全面的に否定するつもりはありません。しかし、いくら差別的な表現や偏見を封印しても、人間からそれらの感情をなくすことはできないことも認識しなくてはなりません。人間とは、「善と悪」「天使と悪魔」の二面性を併せ持つ複雑な存在なのです。