向谷匡史の名言

向谷匡史のプロフィール

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

向谷匡史の名言 一覧

上司への不満は上昇志向の裏返し。しかし役職が上がって、部下の愚痴をこぼすようになったら、人生のモチベーションを下げるだけ。


人間関係というのは、自分という船の船底にこびりついたフジツボや牡蠣殻のようなもの。人生という海原を渡っていくうちにどうしても付着してしまうものですが、気になるなら自分で削ぎ落とせばいいんです。


自分の考えに相手を説き伏せるのではなく、相手に答えを出させることが大切。たとえ正しい答えでも、人から言われたことに従いたくないというのが人情でしょう。


徹底して自分を輝かす努力をしてこそ、納得のいく日々になる。


本当の意味での説得とは言葉で言いくるめることではなく、納得させること。相手に働きかけて「腑に落ちさせる」こと。


自慢ばかりする人は、実は扱いやすい人。頼み事をすればいいんです。たとえば顔の広さを自慢する人には「今度、その人を紹介してもらえない?」と頼む。そうするとそこまで親しくない相手はプレッシャーを感じるようになって、自然とこちらを敬遠するようになります。徹底的におだてるのも有効です。


言葉に体重が乗っていなければ、理屈をいくら並べてもムダ。


過去にさかのぼって人生を生き直すことはできません。たとえ過去に悔いがあったとしても、「それがあればこそ、いまの自分がいる」と自己肯定したほうが楽になれます。


最近「終活」という言葉を耳にすることが増えました。人生の最期に向けた準備活動のことで、真の還暦を迎えたら、やはり自分の死について考えたほうがいいでしょう。その際に思い出したいのが、仏典の『無量寿経』にある「独り生れ、独り死し、独り去り、独り来る」という言葉です。結局、人間というものは一人で生まれてきて、一人で死んでいくものなのだということを教えています。


いくら思い煩っても将来のことはわかりません。また、どんなに心配したところで、物事は変わらないのです。だったら、もがき苦しむのを止めて、現状を甘受しましょう。そして、いまこの一瞬、一瞬を精一杯に生きていくのです。


私は56歳で得度したときから作務衣で通してきました。最初は周りの目が気になって落ち着かなかったものの、思うほど他人は自分のことを気にしていないとわかると自意識が消え、気が楽になりました。これが私の引き算の人生の始まりでした。


「第二の人生」を迎えたときに、お勧めしたいのが「天地返し」です。もともと農作業の言葉で、春の種まきに向けて畑の土を天と地がひっくり返るくらいに耕して、肥沃な土に戻すことを指しています。それと同じで、人ももうひと花咲かせるには、それまでの生き方や人間関係をひっくり返すことが必要です。


会社で一生懸命に仕事をし、高い給料をもらい、少しでも上のポストを目指す。多くの人が現役時代は、そんな気持ちで働いています。いってみれば、実績を積み上げる「足し算の人生」です。けれども定年になったら、背負うものを減らす「引き算の人生」にしてもいいのではないでしょうか。


関係を断ちたい人とは「遠間」でつきあえばいいと考えがちですが、「近間」だった人を「遠間」にするときは慎重にしないといけません。もう顔も見たくないと相手に背を向けた瞬間、悪評を立てられたりするなど、「後ろから斬られる」ようなことがよく起きるからです。それを防ぐには、遠ざけたい相手でも会ったら笑顔で挨拶し、ちゃんと対峙して「一足一刀の間」を保つこと。向こうが頼みごとをしてくるなど一歩近づいてきたら、自分は一歩下がるというようにつきあえばいいんです。


部下に「この仕事で成功したら、出世の道が開かれるし給料も上がるから頑張れ」というのは誤り。「今回の仕事は、いろんな意味で人生の岐路になると思うよ」と表現を濁らせ、相手に想像させる。自分でストーリーを作らせること。上司がすべて明かすと、他人のストーリーに乗せられているという被害者意識と、自分は出世とお金のために仕事を頑張る人間ではない、そんな風に見られたくないというプライドや見栄が邪魔するのです。


田中角栄は自分のキャラクターをよく知っていました。小学校卒業という学歴もむしろ利用した。自分を知っているからこそ、違和感のない表現、腑に落ちる言葉になる。日記でも、思いついたことを書き出すのでも、自分の性格分析でもいい。紙に書き出してみる。すると自分の姿が見えてくる。そのアナログ作業がじつは一番の近道。説得力とは内省力なんです。


向谷匡史の経歴・略歴

向谷匡史、むかいだに・ただし。日本の作家、僧(浄土真宗本願寺派)。広島県出身。拓殖大学卒業後、週刊誌編集者を経て作家になる。56歳で得度。著書に『定年後、ゼロから始めて僧侶になる方法』『50歳からの人生断捨離』『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』。

他の記事も読んでみる

武地実

他社のロボットは朝、目覚ましでピピピとアラームを鳴らしてユーザーを起こすと思います。便利さを求めるならそれでいい。でも「Gatebox」」は、かわいさにこだわっています。たとえばピピピの代わりに「起きてくれないとイタズラしちゃうぞ」といったり、それでも起きないと怒りだしたり。僕らはそういった人間らしさを追求している。そこが大きな違いです。


林修

僕は高級ブドウの「シャインマスカット」が大好きですが、誰にでも贈ったりはしません。相手が美味しいと思わなければもてなしていることにならないからです。駄菓子好きの人には地方限定味の駄菓子を贈るほうが、高級ブドウよりも価値があり喜んでくれるでしょう。そのためにも会話、食事、相手の手土産、地位などから相手の満足ポイントを探るんです。そのストライクゾーンをとらえていれば、おもてなしが金額ではかれるものではないことがわかるはずです。


マーク・トウェイン

それは十日間の仕事だ。そして、何かが壊れなければ5日で終わるだろう。


フランソワ・ノーカット

基本的にサービスを受ける側に、国や文化の違いはないのです。人の根底にある欲求、それは「大事にされたい」と願う心です。


大島康朋

社員に対しても、ここで働いてくれているのは何かの縁だと思っていますし、そこには人間関係ができる絆があるんと思っています。何百万もの会社の中から弊社で働いているのも、糸の端っこでひっかかったような縁なんだと思います。その糸を半分ずつにするからこその絆。私はそこに重きを置いています。


永瀬昭幸

受験の点数がどれだけ高くても、エゴイストである人はリーダーになれません。誰もその下にはつきたくないと思いますからね。


水道橋博士

挨拶は身を守る鎧であり人の繋がりの架け橋だ。


森下篤史

西洋医学、6千年前のミイラ作り、これらは人体の解剖から始まっている。6千年にわたってさまざまな実験を繰り返して医学は発達してきた。明治になり人体の解剖をした事のない日本人森鴎外は軍医として10年ドイツで医学を学び、日本の医学生に指導するようになった。科学は6千年で作り上げたものでも10年で習得できる。600分の1の速さである。先人の作ったものは習得するに限る。新しい技の研究なんかするもんじゃない。但し、習得したことを行っているだけでは発展がない。


古賀慶

私は科捜研にいましたけど、あくまでも警察職員だったという意識が強いんです。自分の中で警察職員というのは正義のヒーローで、犯罪者を追い詰める立場にいたことはすごくやりがいにもつながった。


土井英司

その本に価値があるかどうかは、著者プロフィールを見ればわかります。ポイントは、この人は何のプロなのか、何で評価されている人なのかです。それが本のテーマと合っているかが重要な判断要素です。その際に、僕は著者の肩書はあまり重視しません。たとえば、経営コンサルタントだといっても、経営のプロとは思いません。クライアントとの人間関係を築くプロもいれば、思考プロセスが素晴らしい人、情報収集術が巧みな人もいます。本に著者のノウハウが出ていれば、その本は価値があるわけです。


小幡尚孝

人の上に立つ人間は常に柔軟であらねばならない。


土井隆義

価値観が多様化している現代では、絶対的に正しいという基準がありません。だから、他人からの評価が行動の指針になってしまうのです。


西田文郎

ツキや運を引き寄せるには、常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ。「私はツイてる」と考えることを習慣づければいいわけです。逆に「自分はツイてない」と思ったり、他人の幸運をうらやむことが常態化すると、ツキに見放されてしまいます。なぜならば、そもそも人間の脳の仕組み、感情の動きがそのようにできているからです。


高島徹治

自分の趣味や興味を活かせる変わり種の検定を受けてみて、少しずつ免疫をつけていくのも一つの方法です。これまでの人生で得てきたものは、職歴や、仕事の知識や技術ばかりではないはず。趣味や遊びも貴重な財産ですし、40年、50年生きてきた分だけ、知識が蓄積されていると考えればいい。酒好きなら「利酒師」「焼酎利酒師」などの資格もある。「好きこそ物の上手なれ」を地でいく資格が増えていますから、きっとあなた好みの資格が見つかるでしょう。


大倉忠司

「安くて美味しい」のお得感から多くのお客様に受け入れられたのだと思いますが、そのお得感を生み出す秘訣は、烏貴族が個人店のよさとチェーン店のスケールメリットの強みを兼ね備えているところにあります。


ページの先頭へ