名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向笠千恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向笠千恵子のプロフィール

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

向笠千恵子の名言 一覧

日本各地の食文化は、土地ごとの気候風土、人々の暮らし向き、伝承文化などによって育まれており、食をたどるほどにその土地を深く知ることにつながっていきます。


和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


向笠千恵子の経歴・略歴

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

他の記事も読んでみる

犬塚尚美(悠木そのま)

脳の基本回転数を上げるには、脳に適度なプレッシャーを与える必要があります。それには制限時間をあえて短めに設定するといいですね。


横山光昭

意外かもしれませんが、お金が貯まる人ほど、じつはいい意味で大雑把。細かく家計簿をつけている人が貯まる人かと言うとそうではなく、家計簿は大まかで多少の記載漏れがあっても平気な人の方が貯まる場合が多い。これは一見大まかでも家計のポイントをしっかり押さえているから。


百鬼丸(切り絵師)

ぼくは誰かに笑ってもらうのが大好きだし、お客さんに話をしながら切り絵をつくるライブも、みんなに喜んでもらいたいという考えの延長線上にあると思います。


澤田秀雄

特に若い人は、理解は早いけれど、忘れるのも早い。やはり体で覚えてもらうのが一番。


村上龍

失恋に限らず、死別や、別居などでもそうなのですが、別れたときの哀しみ、喪失感というのは、確かに耐えがたいものがあります。ただし、その哀しみや喪失感は、私たちにとって必要なものだという精神医学者や心理学者の指摘もあります。それは、失った人のことを、心に刻みつけるために必要なのだそうです。刻みつけるというか、心の中に、その別れた人の居場所というか、自分にとってどんな人だったのかを再確認するために、悲しみや喪失感が必要だということです。私たちは、生まれたときから、出会いと別れを繰り返して生きていくわけです。別れた人を、自分の心のどの部分に、どのような形でイメージとしてとどめるのか、それを定めるために悲しみや喪失感があって、辛く悲しいけど、「必要なのだ」と思えば、少しは違うかも知れません。


竹田和平

株式投資というのは、根本的に言って、経営者という人間に投資する行為。経営者の外づらだけ見ても簡単にはわからないことですが、それでもまず経営者の姿は見ておいた方がいいでしょう。とくに、経営者が従業員や子供達に語りかける何気ないひと言で、真の姿がフッと見えるものです。その時に、ちょっとでも異常を感じたら、静かに手を引くべきです。


三品和広

リスクを冷静に計りながら、思い切ってリスクを取る経営ができなければ、強さを再び手にすることも難しい。


川上量生

別に僕は、何もぶち壊そうとは思っていません。教育を語る時って、みんな過激になるんです。何かイデオロギー闘争になっちゃうんですね。こうじゃなきやだめなんだという。でも、そういうものは存在しないと思っているんです。だって僕らは他人の人生を預かっているわけで、その人の価値観は尊重すべきなんですよ。僕らはそうじゃない価値観の提示はできるけれど、強制はできない。責任が取れないことに対して、そんなもの押し付けちゃだめです。


後田良輔

忙しい現場でミスをされたら、ついカッとなって怒ることもあるでしょう。ただ、10回のうち2~3回は「相手のため」を意識した声かけをするべきです。それだけで、印象が大きく変わるものです。


井植歳男

自由にものを創造し、改善することの好きな私の性格では、軍隊は窮屈すぎる。自分の実力通りに働けるところが一番幸福であり、世のためにもなると考えていた。
【覚書き|兵役中に模範兵だったため除隊時に軍の幹部に軍人にならないかという誘いを断ったことについて語った言葉】


岡崎富夢

うちの社長(親会社・東邦レオの社長)は、「年寄りが若い人間の可能性を潰したらいかん。おまえらがやることをバックアップするのが俺の仕事だ」とよく言います。だからチャレンジは積極的にさせてくれる。


佐藤優

中途半端にお金に頼るより、家族や友達、地域のつながりなど、強いコミュニティーを持っているほうがセーフティーネットとしてはずっと強い。人がホームレスになるのはお金がない、働く場がないというよりもむしろ、身近に助けてくれたり、その人たちのためにひと肌脱いでくれたりする、密な人間関係が欠落しているのが原因だと言います。「痛み」を分かち合い、助け合える関係を築くにはむしろお金は邪魔になることの方が多い。お金の大切さを知ると同時に、その限界も知らなければいけない。