名言DB

9412 人 / 110637 名言

向笠千恵子の名言

twitter Facebook はてブ

向笠千恵子のプロフィール

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

向笠千恵子の名言 一覧

日本各地の食文化は、土地ごとの気候風土、人々の暮らし向き、伝承文化などによって育まれており、食をたどるほどにその土地を深く知ることにつながっていきます。


和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


向笠千恵子の経歴・略歴

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

他の記事も読んでみる

佐藤優

その仕事がモノになるかどうかは才能云々の前に、「本当に好き」であるかどうかも重要。「好き」という時点で、すでに才能や適性があるのだと思う。


楊元慶(ヤン・ユアンチン)

我々はアップルやサムスンと同じモノは作りません。顧客視点で、満足度の高い新規事業を手掛けていこうと考えています。


山口勉(経営者)

どうするべきか悩んだ結果、私は粗利率を上げるという答えを見つけました。売り上げが減少しても、その分粗利率を上げれば、同じだけの利益を確保することができます。


柳澤大輔

ネットを活用して売上を伸ばすにも、いくつか方法があります。ECサイトで収益を高める方法もあれば、会社の知名度を上げて将来的な実を取るといった手法も考えられます。まずは自社のウェブサイトをどう活用して売上につなげるのか、数値的なシミュレーションを立てる必要があるでしょう。


吹石一恵

今回の映画『ゲゲゲの女房』でも何度もつまづきました。鈴木卓爾監督は、本当に納得がいくまでやらせてくれる人で。2000回ぐらいNGを出したような印象。実際の回数はもっと少ないと思いますが、それくらい、とことんやりきりました。


渡邉美樹

100人のリーダーがいたら、リーダーシップのあり方も100通りある。


矢野博丈

積み重ねた経験から出てきたノウハウは参考になる。だから耳を傾けるなら、自分でいろいろと苦労を重ねてきた人の言葉だろう。


松本幸夫

「新しいことは小さく始める」が習慣化のコツです。


田口佳史

報道を見ていると、過度に利益を追求するあまり不正を犯してしまっていた、なんてことが書かれていますが、企業ですから利益を追求するのは当たり前のことです。この問題の本質は、利益さえ上がれば何をやってもいいんだという風潮になっていることが問題なのです。利益さえ上がっていれば不正をしていいことにはなりません。


諸富祥彦

誰だって大なり小なり仕事に飽きているんです。僕だって、同じことを繰り返していればうんざりする。でも飽きたら飽きたなりに、何とか続けていければそれでいい。それは人間の大事な能力です。


小暮真久

書店に入ってもここにある膨大な本のうち、いったいどれがいまの自分の悩みに答えてくれるのかがよくわかりません。それで、とにかくタイトルを見てピンときたものを片っ端から読むようにしたのです。すると、壁を超えるのに必要なアドバイスが書かれた本は、確かにそこにありました。しかし、すぐに出会えるわけではありません。毎日のように求めているうち、いつしか読書が習慣となっていったのです。


中川具隆

単にものづくりだけじゃなくて、文化に根ざしたコンテンツをどう世界に広げていくかということが大切。


細川信義

誰が応援団かで信用も付いてくる。例えばソフトバンクの孫さんは、シャープの佐々木(正)さんが応援団だった。あの人が応援しているなら、信用できるだろうとこうなる。昔からおじさんキラーが成功の秘訣である。


梅田望夫

インターネットって人間の脳みそと脳みそをつなげてくれるんです。この脳みその中身を構造化したり、俯瞰したりしたものがネットの上に載せられるようになれば、知の共有財産になるわけです。


清水浩夫

ムダをなくすのは重要ですが、あくまでそれは自社のメリット。現在はお客様のため、一層商品力に磨きを掛けています。