名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向笠千恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向笠千恵子のプロフィール

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

向笠千恵子の名言 一覧

日本各地の食文化は、土地ごとの気候風土、人々の暮らし向き、伝承文化などによって育まれており、食をたどるほどにその土地を深く知ることにつながっていきます。


和食の魅力を伝えるには、まずは自分が好きな和食を極めることから始めてみてはどうでしょう。私が生まれ育った日本橋にはすき焼きの名店が多く、私はすき焼きが大好き。それが高じて全国のすき焼きを食べ歩き、本まで著しましたが、調理法から味つけ、食材まで日本全国さまざまで、実に奥が深いのです。まずは自分の好きな料理をとことん食べ歩き、自宅でも作ってみる。また、旅に出かけたときはその土地で伝わる味にふれてみる。そうすることで、和食や日本の食文化の知識が自然と身につき、食の楽しみもぐんと広がっていくことと思います。


料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


向笠千恵子の経歴・略歴

向笠千恵子、むかさ・ちえこ。日本のフードジャーナリスト。東京出身。慶應義塾大学文学部卒業。農水省・食アメニティコンテスト審査会長、同省・農山漁村の郷土料理百選選定委員、郷土料理伝承学校校長などを務めた。『食の街道を行く』でグルマン世界料理本大賞・紀行本部門グランプリを受賞。

他の記事も読んでみる

石田宏樹

私自身も、これまで「クレイジーだ」と周囲から何度も言われてきたわけですが、それでも自分の掲げた理念を信じ、また同じ理念を共有する仲間に支えられてここまできたのです。


兼本尚昌

大企業の社長だった人の話です。その人はオーナー会長に諮(はか)らずに投資を決めたとして、突然解任されてしまいました。その後、私とキャリア面談を重ねるなかで、「やはり元の会社に戻りたいので、直筆の手紙を書いています」といわれました。少し経ったころ、その人は本当に元の会社のグループ企業に復帰しました。オーナー会長に直筆の詫び状を届けたことで、誤解が解けたのだと思います。同様の話は、ほかでも聞いたことがあります。


中村憲剛

俺は間違いなく黙ってプレーで引っ張るタイプではないので。修正点を探し出し、判断して、意見する。ただし、ミスを指摘するような声は違うと思っている。とくに若手に対しては。俺もまだ28歳で、世の中の基準からするとだいぶ若い。でも、フロンターレでは上から3番目。若手の勢いを生かして、プレーしやすい環境を作るのが俺らの仕事なんです。だから、ミスをした若手に頭ごなしに「なにやってんだよ」ではなく、「次、やろうよ」「悪くないけど、もっとこういうプレーがあるんじゃないか」と。そう言える環境を作っていくことが大切。


中田亨

実際にはアンチウイルスソフトを突破するほどの労力をかけて個人の情報を盗もうとすることは稀です。政治家や企業ならともかく、個人相手では労力に見合った対価が得られないからです。むしろ個人で気にすべきは、初歩的なセキュリティ意識の欠如です。いわば「うっかりミスの撲滅」。実はいまだに情報漏洩の9割は「電車内にパソコンを置き忘れる」「居酒屋にUSBメモリーを落とす」「人前でパスワードを口にしてしまう」といった理由なのです。また、誕生日や電話番号、愛車のナンバーなど、簡単に類推できる数字をパスワードに使っている人もまだまだ多いのが現状。しかもその誕生日を、フェイスブックなどのSNSで堂々と公開していたりする。逆に複雑なパスワードを設定したはいいが、覚えられずにメモにして机に貼っている、という本末転倒なこともあります。


野田順弘(オービック)

人材の成長には時間がかかります。それを踏まえて、焦らずに愛情をもって部下を見守ってやる。その姿勢が部下を育て、ひいては組織を強くすることにつながっていくのです。


鈴木おさむ

出会う人の数って、そんなに変わらないと思うんです。でも、人脈が広がっていく人と、そうでない人がいる。それは、「自分という人間に興味を持たせることができているかどうか」の差じゃないでしょうか。


南場智子

進もうとしている道は大変でも、逃げずに真正面から正直に向き合うという姿勢が大切。


大西洋

私は、将来、百貨店がなくなることは決してないと思っています。現在の百貨店にお客様が満足していないのであれば、それは我々が、時代やお客様の変化に対応できていなかったためでしょう。あるべき姿を見つめ直し、お客様に支持される形に生まれ変われば、百貨店はこの先も必ず残っていくはずです。


三谷宏幸

元来、人を評価するにはパフォーマンス(業績)とバリュー(価値)というふたつの軸があります。バリューによる評価とは、顧客志向やチームワークといった企業にとって不可欠の価値に基づいて行動しているかを見るものです。もし稼ぎ頭でパフォーマンスは抜群でも、バリューの評価が低いという部下がいたら、その人は必ずしも高い評価に値せず、さらにはチーム全体を間違った方向に引っ張っていく可能性もあります。上司は部下にあるべき姿を知らせなければいけません。


久保憂希也

「売上」は「フロー型」と「ストック型」に分けられます。フロー型の売上を伸ばすなら「客数を増やす」、ストック型の売上を伸ばしたいなら「客単価を上げる」「購入頻度を上げる」といった方法が考えられます。「客数を増やす」は、さらに「新規顧客を増やす」「既存顧客の流出を防ぐ」というふたつに分解できます。


ヴヤディン・ボシュコヴ

全ての試合は0-0から始まる。


佐々木常夫

相手からの評価が悪くなったら、評価されるように改める。単純化して考えれば、ただそれだけの話であり、萎縮してやらないことはもったいない。私もかつて東レで営業を担当していた頃に、大きな失敗をしたことがあります。誤って強度の低い糸を出荷してしまい、そのことに気づいたのは、取引先がその糸で製品をつくってしまった後でした。聞いたその日に私は取引先のある熊本まで飛んでいき、正しい糸を無償で提供することと、誤った糸でつくられた製品をすべて買い上げることを取引先の社長に伝えました。すると、その対応の早さを社長に気に入ってもらえて、取引量を拡大することができました。