名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向田邦子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向田邦子のプロフィール

向田邦子、むこうだ・くにこ。日本の作家、脚本家。東京出身。実践女子専門学校(のちの実践女子大学)卒業。テレビドラマの脚本家として活躍し一時代を築いた。代表作に『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』ほか。『思い出トランプ』収録の「花の名前」で直木賞を受賞。

向田邦子の名言 一覧

言葉は恐ろしい。たとえようもなく気持ちを伝えることの出来るのも言葉だが、相手の急所をグサリと刺して、生涯許せないと思わせる致命傷を与えるのも、また言葉である。


向田邦子の経歴・略歴

向田邦子、むこうだ・くにこ。日本の作家、脚本家。東京出身。実践女子専門学校(のちの実践女子大学)卒業。テレビドラマの脚本家として活躍し一時代を築いた。代表作に『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』ほか。『思い出トランプ』収録の「花の名前」で直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

金田一秀穂

自分を「頑張れる奴」と定義して歯を食いしばるか。それとも「バカ」と定義して甘えるか。どちらが人を伸ばすかは明らか。だから、言葉を発する時は、それが「プラスになるのかマイナスになるのか」と、一歩引いて見る目を養うことが、とても大切。


堀義人

上場するというのは、パブリックなカンパニーになるということです。資本市場を活用して多くの資金を調達し、それによって買収などをしかけながら会社を大きくしていくことができるような人、日本だけじゃなくアジアや世界に飛び立っていくようなマインドを持った人を育成する場であってほしいと思うし、そういう人が上場してほしいと思っています。起業家として評価されたいというエゴや、お金が欲しいというだけで上場を考えるなら、株主や資本市場に対する冒涜です。


出光佐三

石油カルテルは悪いものかというと決して悪いものではない。これがあったから世界の石油資源が開発され市場も大きくなって今日の石油事業が存在するのである。メジャー・カンパニーがやっているカルテルは大功労者である。けれどもこちらが隙を与えると独占されて高く売りつけられる。こちらが実力を持って隙を与えないようにして向こうを利用していけば、向こうも喜んで日本のために尽くす。これがカルテルの本当の姿である。であるからこちらは実力をしっかり持っていなければならない。


辻野知宜

一日一日を精一杯働き、その結果について反省するのはいいが、くよくよ考えるのはよそう。


小川賢太郎

日本企業といえば、やはり実力があり、製品のレベルも高い。しかも、日本の製品は安全で壊れない。食の分野でも美味しい食品がたくさんあって、豊かな文化やバックグランドを持っている国であると、世界の中で共通認識を持っていただいています。これは我が国にとっても無形固定資産だと思うのです。ですから、この無形固定資産をさらに発展させていくべきでしょう。世界を旅行する日本人が年間1000万人を超えたと言われています。日本人が世界中のどこへ行っても現地の人々からリスペクトされ、世界の人々と仲良く調和的にやっていけるという伝統と信頼を踏まえ、さらにこれを活用していく。


ビル・ゲイツ

将来においては2種類の会社があるだろう。ウェブサイトを持つところと、廃業したところ。


岩瀬昌美

グローバルエリートたちは、ずっと勉強しています。MBAの復習に加えて新たな知識を貪欲に吸収している。私も月最低10冊は本を読みます。朝はロサンゼルス・タイムズを読み、夜は日経新聞電子版やプレジデントを読んで日本の経済情報を仕入れる。私を含め、グローバルエリートにとって新たな情報を仕入れることはあまりにも常識なのです。


秋山咲恵

冷静になって考えてみると、致命傷を負うような失敗って、そんなにないんですよね。だから、怖がり過ぎないで、気楽に試してみる。失敗してもカラッと受け入れる。これを繰り返していくことが、大事だと思います。


樺島弘明

日本のIT業界には2~3万社ありますが、大手・準大手と呼ばれるのは1000社ほどです。そのうち200社近くがアサインナビの会員になっています。それ以外に中堅・中小企業の2600社が会員になっており、アサインナビを通じて新しいクライアント開拓が実現できることで、会員企業の事業成長に貢献しています。たとえば4年前にアサインナビの会員になったある企業さんは、当時社員数10名ほどでしたが、今は100名近くに成長しています。アサインナビを通して営業が効率化され、大手企業などに直接つながることができるようになりました。魅力的な仕事があると採用力も上がるのです。


岩田松雄

つき合う友人を選ぶということが大切です。非情なように聞こえるかもしれませんが、「敬して遠ざける」という言葉のように、つき合いたくない人とはそれとなく距離を置いた方がいい。一緒にいて文句ばかり言う人や、自分の元気がなくなる人とは、無理につき合わない方がいいでしょう。その代わり、パワーをもらえるような人とはしっかりと向き合うべきです。ほかの部署でも構わないので、尊敬できる上司や先輩を見つけて、その人のようになることを目指して頑張るというのも有効です。


出原洋三

抜本的に構造を変えることが必要なケースもあります。強烈な過当競争をやっている事業は、いつまでも改善を続けているだけでは難しいのです。


和田秀樹

人間のエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間には限界があるから、できるだけ自分の得意な分野にそのエネルギーや時間を振り向けた方が成果は上がりやすくなるはずである。不得意な分野だけど、この分野をどうしてもやりたいというものがあるなら話は別だが、そうでなければ自分の得意分野に情熱を振り向けた方が良い。