名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向後千春の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向後千春のプロフィール

向後千春、こうご・ちはる。日本の教育心理学者。東京出身。早稲田大学第一文学部(心理学専修)卒業、稲田大学文学研究科博士後期課程(心理学専攻)単位取得退学。東京学芸大学で教育学博士号を取得。富山大学助教授、早稲田大学人間科学学術院助教授などを経て早稲田大学人間科学学術院教授に就任。著書に『いちばんやさしい教える技術』『統計学がわかる』。

向後千春の名言 一覧

所属の感覚を持てるようになると、仕事上のほとんどの困難を乗り越えていくことができる。いかに早く新人に所属の感覚を持ってもらうかということが分かれ目となる。そのためには、新人の周りの人たちが「あなたはこの職場にとってなくてはならない存在」であると感じることである。


信頼感がなければ、周りの人たちから支えてもらえない中で、自分一人が頑張らなければいけないと考え、無理をしてしまうことになる。そのような状況では心身が不調になることも不思議ではない。


五月病も含めた新天地での心と身体の変調は、所属の課題であることがわかる。職場という共同体と同僚・上司という人間関係の中にうまく自分の所属を見いだせないとき、そのサインとして心身の不調が表れてくる。


向後千春の経歴・略歴

向後千春、こうご・ちはる。日本の教育心理学者。東京出身。早稲田大学第一文学部(心理学専修)卒業、稲田大学文学研究科博士後期課程(心理学専攻)単位取得退学。東京学芸大学で教育学博士号を取得。富山大学助教授、早稲田大学人間科学学術院助教授などを経て早稲田大学人間科学学術院教授に就任。著書に『いちばんやさしい教える技術』『統計学がわかる』。

他の記事も読んでみる

和田完二

会社の一員として誇りと責任を持つところに愛社精神が生まれる。各自会社の柱であることを自覚して、その職場をまっとうする。我々は組織を重んじ、規律に従う。各部署は互いに緊密な連絡を保ちあい、協調して社務の円滑な運行に努める。


安井義博

最後発で苦戦続きの事業を離陸させるには、当事者たちが相当な熱意を持って取り組むことが欠かせません。


安藤宏基

一般の消費者のみなさんは、インスタントラーメンなんて古い産業で、技術的には限界にきている、世界中に拡大しているものだから、もはや新しい技術など出てこないと思っておられるでしょう。しかし、インスタントラーメンの技術は、世界市場ということを考えれば、まだ発展途上なのです。企業の技術力の向上は、もう開発し尽くしたと考えて立ち止まるか、いやまだまだ先があるんだと考えて挑戦し続けるかによって、大きな差がつくものです。


瀬戸雄三

実施した結果、「どういうことが現場で起きるのか」、「最終的にどういう事態になるのか」を十分に考え、事を起こさなければいけない。


張本邦雄

日本文化を持ち込もうなんて考えていたら、地域でナンバーワン企業になんて絶対になれません。


佐藤肇(スター精密)

この先、会社をどうかじ取りしていこうかと悩んだ時、思い出したのが父親(創業者・佐藤誠一)の教えでした。「絶対に大企業のマネをするな」「規模を追わず身の丈を考えろ」と何度も言われていたのです。


坂本春之

やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


小路明善

アサヒは、感謝と挑戦の歴史なんですね。苦しいとき、シェア10%に落ちこんだときに支えてくれた得意先や先輩への感謝。それからスーパードライという新しいコンセプトの商品を創り出した挑戦。これは絶対変えてはいけないと。だから、私はいつも、社内や国内の事業所、海外に行っても、アサヒのDNAは感謝と挑戦だと。これを忘れるなと言っています。感謝と挑戦というのはずっと大事にしてきたことです。


向笠千恵子

料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


江崎利一

広告は資産であるということは、かねて一般にそう言われている。しかし、これを実験した人はまだいないと思う。これを厳密にやろうと思えば事業をやめ広告を中止せねばならない。しかるに幸か不幸か、私はそれを実地に試して、広告は立派な資産であるという実感を得た。というのは、太平洋戦争の前後8年にわたって中止していたグリコとビスコの生産を終戦後再び始めたとき、実験の意味でまったく広告せずに売り出してみた。グリコの記憶が残っているのは多くて70%くらいだろうと予想していたところ、80%までが知っているという調査結果が出た。そしてその割合で製品は売れた。このようなわけで、広告は資産なりということが事実によって確認できた次第である。


小林せかい

今回の本は当初、実はあんまり執筆に乗り気ではなかったんです。これまでに2冊本を出させていただいたのですが、本を出してから本屋さんに行くと改めて、「世の中にはなんとたくさんの本があるんだろう!」と驚いて。「こんなにたくさん出ているのに、また似た趣旨の本を出したら迷惑かも……」と思ってしまったんです(笑)。でも、編集さんに本書はまた新しい切り口で作りたい、と提案していただいて、よし、それならとこれまでにない本を作ろうと取り組み始めたんです。


山本真司

私は若いビジネスパーソンと接する中で、彼らに顕著な3つの傾向を垣間見ました。「生き急ぎ症候群」「成功呪縛」「戦略偏執症」です。生き急ぎ症候群とは、「若いうちに転職しないと取り残される」などと、文字通り生き急ぐ傾向です。まるで20代、30代で人生総決算のように考えてしまう傾向です。成功呪縛とは「成功=お金」「早く成功したい」などの考え方に取りつかれてしまう傾向です。最後の戦略偏執症とは、戦略的なキャリア意識を持たず、仕事をお手軽に変えてしまう傾向のことです。