向後千春の名言

向後千春のプロフィール

向後千春、こうご・ちはる。日本の教育心理学者。東京出身。早稲田大学第一文学部(心理学専修)卒業、稲田大学文学研究科博士後期課程(心理学専攻)単位取得退学。東京学芸大学で教育学博士号を取得。富山大学助教授、早稲田大学人間科学学術院助教授などを経て早稲田大学人間科学学術院教授に就任。著書に『いちばんやさしい教える技術』『統計学がわかる』。

向後千春の名言 一覧

所属の感覚を持てるようになると、仕事上のほとんどの困難を乗り越えていくことができる。いかに早く新人に所属の感覚を持ってもらうかということが分かれ目となる。そのためには、新人の周りの人たちが「あなたはこの職場にとってなくてはならない存在」であると感じることである。


信頼感がなければ、周りの人たちから支えてもらえない中で、自分一人が頑張らなければいけないと考え、無理をしてしまうことになる。そのような状況では心身が不調になることも不思議ではない。


五月病も含めた新天地での心と身体の変調は、所属の課題であることがわかる。職場という共同体と同僚・上司という人間関係の中にうまく自分の所属を見いだせないとき、そのサインとして心身の不調が表れてくる。


向後千春の経歴・略歴

向後千春、こうご・ちはる。日本の教育心理学者。東京出身。早稲田大学第一文学部(心理学専修)卒業、稲田大学文学研究科博士後期課程(心理学専攻)単位取得退学。東京学芸大学で教育学博士号を取得。富山大学助教授、早稲田大学人間科学学術院助教授などを経て早稲田大学人間科学学術院教授に就任。著書に『いちばんやさしい教える技術』『統計学がわかる』。

他の記事も読んでみる

延岡健太郎

経営のリーダーシップで「強み」を磨き続ける方が、はるかに効率的に価値を高めることができます。


伊藤直彦

かけっこは遅くても絵は上手だという子はいくらでもいます。人間には持って生まれた個性があり、得手、不得手があるのはごく自然です。良い意味での競争は子供たちの健全な成長のために、むしろ必要なこと。


安田隆夫

私は、「人は将来を予想するのは不可能」だと思っていて、特に自分にはそんな特殊な能力があるとも思っていなかった。だから、近い未来に対して仮説と検証を繰り返し、結果として、絶えず微調整をやり続けてきた。


和田一夫(経営者)

歴史に名前を残す成功者といえども、その人生には数々の挫折があり、彼らがそれを強固な意志と行動力で乗り越えているという事実は、私をどれほど勇気づけ、励ましてくれたか知れない。


松岡正剛

本を高尚なものだと思う弊害は、読者の顔が見えなくなっていること。対局にあるのは、例えば洋服ですね。有名デザイナーのものから量販店のものまでがあるけど、誰だって洋服は着る。だから「オレはこんなジャケットが好きだ」「もっとこんなカーディガンが欲しい!」と、誰しも好き勝手に消費者が主張する。またその声がさらに市場を活性化させているわけですよ。ところが、作り手も売り手も本は高尚だ、ということが社会的コンセンサスだから、読者は読んで理解できないとき「本ではなく自分が悪いのではないか」と思ってしまう。結果、自分がどんな本を読んだか、どんな感想を抱いたかを言い難い世界が広がっている。消費者が沈黙を強いられる。そして気づけば市場が縮まっていく。


和田秀樹

いまは自分の力でいくらでも稼ぐことができる時代。一番大きなポイントは、稼ぐマインド。本気で儲けたいという気持ちを持たなければ稼ぐ発想や方法は出てこない。


加谷珪一

何事にも永遠はなく、インフレの後には必ずデフレがやってくる。


勝俣恒久

ミッションを達成するには、みんなで力を合わせなければ切り抜けられません。そのような意味でも、平素からのコミュニケーションが大切です。


佐藤卓(経営者)

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。


白河桃子

オフィス環境はもちろんのこと、評価制度やインセンティブをどうすべきかまで総合的に考える必要がある。「働き方改革」は制度や福利厚生ではなく、もっと大きなことなんです。


佐久間昇二(佐久間曻二)

生きた情報は現場にある。オフィスを出て、自分の目で現場を確認しましょう。


池谷裕二

人は個性によって縛られた思考しかできません。他の人とのコンビネーションがあると、発想にダイナミックスが生まれるのです。


ジャック・ドーシー

業界の力学を変え、自分たちの存在価値を証明するには、決済のボリュームを増やすことがとても重要だった。いまや年間決済額は100億ドルを超えるようになったが、これは非常に重要なことだ。


望月圭一郎

当社は「どんな環境下においても成長していける基盤をつくる」という課題を掲げてきました。景気のいい時は伸び、悪ければ下がるというのでは、株主から経営を委任されている立場としての価値がないだろうと考えました。環境が悪かったとしても、せめて横ばい、もしくは伸ばしていくことが経営陣の役目です。


高城幸司

クロージングのタイミングを読む力を鍛えたければ、他人の営業を客観的に見る機会を増やすことがお勧めです。後輩の営業に同行するのもひとつの手です。言葉は悪いですが、後輩を反面教師にするわけです。また、他社の営業マンと会う機会が多い部署の人に「どんな営業マンから、買ってしまうことが多いか」を聞くのも参考になります。


ページの先頭へ