名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向山孝一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向山孝一のプロフィール

向山孝一、むかいやま・こういち。日本の経営者。電子部品メーカー興亜電工(のちのKOA)社長。長野県出身。早稲田大学商学部卒業後、興亜電工に入社。同社を大きく成長させた。そのほか、電子情報技術産業協会理事、長野県経営者協会人材開発委員会委員長、長野県テクノ財団伊那テクノバレー地域センターリサイクルシステム研究会会長などを務めた。

向山孝一の名言 一覧

何もしなくていい点を取るより、むしろしなければならない時に何かをやって失敗する方を評価したい。何かをやって失敗するリスクより、何もやらないリスクの方が大きい。減点主義は嫌いだ。


しなけちゃならないことをやって成功した。これはもちろん最高点。逆になすべき時に何もしなかったのは落第点。


向山孝一の経歴・略歴

向山孝一、むかいやま・こういち。日本の経営者。電子部品メーカー興亜電工(のちのKOA)社長。長野県出身。早稲田大学商学部卒業後、興亜電工に入社。同社を大きく成長させた。そのほか、電子情報技術産業協会理事、長野県経営者協会人材開発委員会委員長、長野県テクノ財団伊那テクノバレー地域センターリサイクルシステム研究会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

笑福亭笑瓶

嫌な部分があっても、ちょっと見方を変えてあげると、そこが可愛げになる。


山本真司

なぜ集中できないのか、その大きな原因として「疲れ」があると思います。そもそも、人の集中力はそう長く続くものではありません。疲れていればなおさらです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


糸井重里

僕は実は昔より今のほうが働いています。それは楽しくて仕方がないから。働くことは大変だとか、仕事をナメちやいけないとか、生きていくためにお金を稼がなきゃいけないとか言う人が僕の周りにもたくさんいたけれど、僕はそうは思いません。働くことは、やっぱり楽しい。大変なことも難しいことももちろんあるけれど、それでも面白い。それが今、一番伝えたいメッセージなのです。


デイビッド・セイン

少々間違ったり、失礼な言い回しであったりしても、心をこめて笑顔で言えばそんなに大きな問題にはなりません。一生懸命英語を話している日本人に対して、ネイティブも一生懸命理解しようとしています。だから間違いを恐れず、笑顔で話してみてください。


松山ケンイチ

別に人に合わせる必要はないし、常識にとらわれる必要もない。そのかわり、何か自分を変えたいと思ったら、自分の理屈というものを探さなきゃいけないなと思います。誰かの理屈とか、誰かの常識に合わせていたら、その誰かを超えられないわけですから。最初は屁理屈でもいいと思うんです。屁理屈だって、ずっとそれを通していたら、いつかは理屈になるはずですから。


秋山ゆかり(コンサルタント)

未来の予測をするときは、まず官民の研究所や学者らが未来を予測してまとめた関連資料に目を通すことが大切。複数の資料が伝えていることにどんな共通点があるかを見つけるような感覚で斜めに読んでいくと、ぼんやりと未来が透けて見えてくる。今後どんな技術が発達し、どんな分野が伸びていくのか、多くの示唆が得られます。


越智直正

コンピュータの原理などはよくわかりません。でも、そのときそのときの最先端機器を活用し、ハードとソフトが融合した経営ができない企業は滅ぶと考えています。


谷まさる

新宿駅西口にある50階建てのこの校舎、「コクーンタワー」は、新宿の高層ビル群に囲まれていますが、一般的なビルとは違います。普通ならできるだけムダのない効率のよい建物をと、ただの四角いビルを建てる。だけど僕は形にこだわった。コクーン(=繭)の名前通り、ここから優れた人材を羽ばたかせるため、圧倒的にスタイリッシュなビルを建てようと決めていましたから。なぜかって? それは、「環境が人を育てる」からですよ。


クリスティアン・クルツケ

革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


隈研吾

短い時間で相手に理解してもらうために必須なのは、自分を捨てること。相手に感情移入して、相手がどんな情報を得たがっているかを理解するということです。


草開千仁

一般の方々から提供された情報を気象予測に活用すべきかどうかでは、社内でも葛藤がありました。「素人の情報なんて当てにならない」という見方をする派閥と、「これからはそうした情報に耳を傾けるべき」という派閥に分かれたのです。しかし決断しました。気象の世界を開放しようと。私も以前はレーダーなどの情報がすべてだという考え方でしたが、実際には降り始めたという情報が非常に重要なのです。そうして一般の方からの情報を予測に反映しようという考え方に完全に切り替えました。気象業界の常識に反するものでしたが、インターネット文化がこうした変化を可能にしたと言えるでしょう。