名言DB

9412 人 / 110637 名言

向坂逸郎の名言

twitter Facebook はてブ

向坂逸郎のプロフィール

向坂逸郎、さきさか・いつろう。日本のマルクス経済学者・社会主義思想家。九州大学教授。福岡県出身。旧制第五高等学校在学中、ドイツ語勉強のためマルクスの著作を読んだことからマルクス主義に傾倒。東京帝国大学経済学部卒業後、同大学助手となる。第二次世界大戦後のドイツ・ベルリンに留学。帰国後、九州帝国大学教授に就任。日本を代表するマルクス経済学者となる。社会主義協会設立者の一人。

向坂逸郎の名言 一覧

本当に勉強する者は、大学より人生を場としたがよい。


出世などということは、人の一生にとって大したことではない。小学校を出ただけの労働者の中から、エリート大学出身者がしゃちほこ立ちしても及ばない立派な人がたくさん出る時代である。


向坂逸郎の経歴・略歴

向坂逸郎、さきさか・いつろう。日本のマルクス経済学者・社会主義思想家。九州大学教授。福岡県出身。旧制第五高等学校在学中、ドイツ語勉強のためマルクスの著作を読んだことからマルクス主義に傾倒。東京帝国大学経済学部卒業後、同大学助手となる。第二次世界大戦後のドイツ・ベルリンに留学。帰国後、九州帝国大学教授に就任。日本を代表するマルクス経済学者となる。社会主義協会設立者の一人。

他の記事も読んでみる

高橋がなり

僕がすすめるのは、あえて苦手な仕事や、すぐに評価されない仕事に取り組むこと。今は、自分に負荷がかからない方法ばかり選ぶ奴ばかりですから、ものすごく目立ちますよ。


永守重信

仕事のやり方も日々、見直しています。長年やってきた仕事のやり方の「無駄の多さ」に、愕然とする日々です。


鈴木泰信

役員同士が対立したときは徹底的に議論させました。何が理由で対立しているのか、何度も衝突しながら議論することが組織の壁を取り払うことにつながるからです。実際、そうなっていきました。


佐々木則夫(サッカー)

いくら良い攻めをしていても、一発でやられる場合もある。


北尾吉孝

自分のためではなく、「お客様のため」「社会のため」に動くことが大切。私が野村証券のニューヨーク拠点に勤務していた時も、現地の機関投資家の営業担当者として奔走し、お客様に貢献しました。寝食の時間を削って毎朝リポートを作り、がむしゃらに働いた。私のリポートは「よく当たる」と好評で徐々にお客様からの信頼を獲得できました。その結果、私は1日の日本株の売買で800億円という売り上げを記録することができました。「お客様のため」に一生懸命働いた結果、実績を残すことができたのです。


高岡浩三

ロングセラーをつくる唯一の鉄則は、イノベーションで新しいセグメントを創造すること。なぜなら、ライバルが出てくるまで、そのセグメントを独占できるから。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

メガネ業界全体が縮小しているとの指摘もありますが、自分たちで単価を下げて勝手に小さくなっただけです。高齢化が進めば、メガネに価格以外の価値を求める人がますます増えていくので、逆にチャンスだと思います。


橘俊夫

散歩していて気づいたら富士山の頂上にいたということなんてない。富士山に登ろうと思うから富士山の頂上にたどり着く。


加藤壹康

私自身、若いころは国内の営業一筋でしたが、40歳を前にして一念発起し、米国に留学。その後、現地でもビール営業に関わる仕事をしました。


河野章宏

僕はよく言ってるんですけど、「企業がミュージシャンのスポンサーになってもいいんじゃないか」って。例えばゴルフの石川遼選手を大手企業がスポンサードしているように、9mmにスポンサーがついてもいいと思うし。そういう話を大手レコード会社の社長にしたら「そういうこと言わないでくれよ。レコード会社、いらないじゃないか」って(笑)。でも、そういうビジネスモデルもあっていいと思うんですよね。ブラック・アイド・ピーズなんかは実際、企業がスポンサーについて、必ずCM映像が出てからライブが始まりますから。海外ではそういう変化も起きてるし、日本でも最近、アディダスがEXILEのスポンサーにつきましたよね。レコード会社も頑張らないと「あなたの存在意義は何?」っていうことになってきますよね。


笠真一

極論ですが、人の意見は聞かないで、自分が信じたことに全力を注ぐことが大切なのではないでしょうか。それはわがままというのではなく、自分に任された仕事についてとことん考え抜き、誰よりも知り尽くしている自負があってのことです。何も考えずに仕事をこなすだけの社員と、自分なりに一生懸命考え抜いて仕事をする社員なら、やはり後者のほうにチャンスは回ってきます。


玉川勝

過去の遺産に安住してはいけません。いまはブランドの価値が高くても、努力しなければ落ちるばかりです。だから過去2年間、私はブランド力を高めるために様々な新しい取り組みを始めてきました。


高橋祥子

まだこの分野は市場が確立されておらず、様々な可能性を秘めています。だからこそ、私たちが先駆者となり、この領域を開拓していきたい。


高橋基治

『Time for kids』は、世界のニュースや興味深い最新の話題がわかりやすい英語で表現されています。大人のリーディング教材としても最適です。


ハワード・シュルツ

私は困難に挑戦することにビジネスの快感を覚える。目標の達成を目指す行為は、多くの人々の挑戦を拒んできた険しい絶壁を登るのに似ている。それが困難であればあるほど努力する喜びは高まり、頂上を極めた時の満足感は大きくなる。常に理想を追い求める登山家のように、我々もさらに高い山を求め続けている。