名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向井理の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向井理のプロフィール

向井理、むかい・おさむ。日本の俳優。神奈川県出身。明治大学農学部生命科学科卒業。バーテンダー、店長などを経てミニッツメイドのCMで芸能界デビュー。その後役者としてドラマや映画で活躍した。

向井理の名言 一覧

「目標は明確に設定するけど、目標達成には固執しすぎない」というのが僕のスタイル。


自分には役者としての責任があります。自分が演じる役は、自分が一番詳しくなければならないと思っています。


一つの意見だけで物事を計るのは、危ういと思います。


意見の相違は、もちろんないほうがいいと思います。けれど、良い作品を作るためには、自分の意見を主張することもあります。


見られていないところに力を入れても、相手に認知されなければ何もしていないも一緒。


芝居は基本、一人でやるものではありません。自分の演技を相手がどう受け止めるかで、芝居は決まります。


才能があっても選ばれない人もたくさんいる。だからこそ、絶対に傲慢になってはいけないと思っています。


ベテランの方々は何十年も続けられているのかというと、共通して言えるのは、周囲の人にすごく「好かれている」ということ。


「この人は何者か分からない」という時に何らかのカテゴライズをすると、手っ取り早いということはあるとは思いますが、簡単にくくってしまうと相手の本質を理解できない。


自分を追い込むような状況を作る、というのは1つの手かもしれませんね。僕自身、学生時代に英語力を高めたいと思った時、机上の勉強だけではいつまでたっても話せるようになれないと考え、海外の方がよく訪れる横浜の桜木町でアルバイトをしました。無理やりにでも英語を話さざるを得ない環境に飛び込んだわけです。本来、僕は行動力がある方ではないので、あえて「せざるを得ない」環境を作り、自分を追い込みました。「自分には行動力がない」と自覚している人には、この方法がオススメですね。


当初の目標に固執しすぎると、別の大きなチャンスが巡ってきてもそれに気づかず、チャンスをつかみ損ねてしまって、自分の可能性を広げることができません。僕の場合も「研究職を極める」という最初の目標に固執していたら、今の自分はありませんでした。


大切なのは、設定した目標に向けて小さな一歩を踏み出すこと。目的意識を持って行動していれば、次のステップにつながるきっかけに出合った時にも、それに食いつくか食いつかないか、すぐに選択できる。


変わった人というのは、得てして自分が変だと思っていません。だから変と意識して演じないほうがリアリティを出せます。コメディでもそうですよね。笑わせようと狙っていては面白くないでしょう。


向井理の経歴・略歴

向井理、むかい・おさむ。日本の俳優。神奈川県出身。明治大学農学部生命科学科卒業。バーテンダー、店長などを経てミニッツメイドのCMで芸能界デビュー。その後役者としてドラマや映画で活躍した。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

わかりやすく伝えるには、自分がその本の内容を的確に理解しなければなりません。そこで意識してほしいのが、内容を要約しながら読み進める習慣です。「この項目では、章では、何が言いたいのか」を考えながら読むことで、書籍のエッセンスを簡略化して述べる力を鍛えることができます。頭の中だけで要点をまとめるのが苦手だという方は、図解を使って、A4サイズの紙に内容を整理しながら読書してみるのもいいかもしれません。要点をまとめる作業を通じて、物事を抽象化するスキルが身につくので、さらに深く書籍を理解できるでしょう。


横川竟

商売の基本は、10年前も、30年前も、50年前も同じです。


峰岸真澄

リクルートは企業文化そのものが競争力。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。リクルートの企業文化は、他社が作れないということ。多くのベンチャー企業に、リクルートのマネジメントやリーダーシップの考え方を参考にしていただくことも多いように感じます。ただ、はっきり言って、真似はできない。


鎌田實

行動パターンを変えることでも、人は変わることができる。手っ取り早いのは起床と就寝時間を変えること。早起きを習慣化するのもひとつの方法。


三枝匡

経営者というのは、専門性の高いひとつの職業ジャンルです。営業や開発といった機能別の仕事を長く続けたら、経営者のスキルが身につくと考えるのは間違いです。全く違う職業なのです。


小山五郎

本当に、絵という趣味を持っていたことでどのくらい救われたか分かりません。「よく絵など描いている暇がありますね」と言われますが、私は忙しいからこそ描くんです。神様は1日に24時間しか人間に与えてくれない。要は配分の問題であって、ずっと仕事をし続けるなんて、できっこないでしょう。つまり、「逃げ込む場所」というものは、その配分次第で24時間の中で2時間でも3時間でも取ることができるのであり、それができないようでは本当の仕事もできませんよ。


魚住りえ

相手の話を聞き出すためには、「質問力」が大きく物を言います。会話が弾む質問の前提として、相づちと同様に相手と「速さ×声のトーン」を合わせるのが基本。


経沢香保子

日頃から社員のコンディションによく目を向けるべきですが、社員数が増えてくると、それには限界があります。自分の情報を明らかにすることで、社員のほうから歩み寄れる環境を作るよう心がけています。


宮坂学

状況を判断すること、意思決定すること、実行すること。この経営のサイクルのスピードをケタ違いに上げる。つまり、ビジネスの立ち上げから実現までを「爆速」でやる。たとえは、半年かかっていたことを2週間でやる。


内藤哲也

正直、現時点では(対戦相手の)オカダ(カズチカ)のことは見ていないんですよ。花道を歩くことと、試合に勝った後に、お客様と大合唱することだけに視線が向いている。オカダには、僕がオカダに視線を向けざるを得なくなるくらい、焦らせてほしいなと思いますね。実績も含めてオカダは素晴らしい選手です。でもお客様に感情移入していただくという、プロレスにとって一番大事な部分に関しては、僕は負けていない。そのあたりの差が、リングで向き合った時に出るだろうと思っています。


西川徹(経営者)

大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


村木厚子

仕事を続けること、生きていくことは困難の連続かもしれませんが、「何とかなる」ものです。だから諦めずに歩みを進めてほしい。