名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

向井万起男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向井万起男のプロフィール

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

向井万起男の名言 一覧

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。


私には長年続けている習慣があります。それは1日1回、最低2分間、自分の将来について真剣に考えることです。どのようなことでもいいし、すぐ先のことでも遠い将来のことでもいい。ある日には来週、また別の日には来年、10年後にやっておきたいことを思い浮かべて、それらをシミュレーションするのです。どんなに仕事が大変な日も、長期の旅行をしているときも、何といったって女房の宇宙旅行の日も、20代のころから1日も休まずに続けています。


多くの人は言われるまで気づきませんが、どんなささやかな目標でも、ほとんどの人は実現できていません。そもそも毎日考えたって、すべてが上手くいくわけではありません。それなのに何も考えていなかったら最悪です。考えていれば軌道修正もできますが、考えていなかったらそれさえできません。


目標の立て方に悩む人は、思いつく端からでもいい。つまらないことでもいい。まずは目の前の紙に願い事を100書き出してみてはいかがだろうか。


向井万起男の経歴・略歴

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

他の記事も読んでみる

佐藤智恵(コンサルタント)

マネジャーは、与えられた仕事をミスなくこなし、現状維持に努める管理者。一方、リーダーは、新しいことを生み出せる人。


村尾信尚

僕の強みは、何をいわれてもめげないというか、あまり重く受け止めないところ。下手にキャスターを気取るんじゃなくてね。愚直に自分の思いをぶつけていった。


山田武史(経営者)

近年はインターネットやSNSの普及によって、お客様の商品購入までの意思決定や購入方法も大きく変化しています。そこで当社ではお客様との双方同コミュニケーションを図れるよう、ホームページ、SNSの活用を強化しております。当社はあらゆる商品を、ペットとのコミュニケーションのきっかけをつくるツールだと考えており、今後はその有効な活用法などを動画も使って詳しく説明し、ペティオならではの提案を行っていく予定です。それが新しいペット文化を創造し、「ペットと人が幸せに暮らせる共生社会の創造」という我々の思いを実現することにもつながると考えています。


犬養岬太

良い会社とは、永続的に存続し続けることができる会社です。急成長もいいですが、何よりもまず、安心して働ける会社になること目指します。


永井邦夫

人間は追いつめられないと理屈でわかっていても行動に移せない。


ドリアン助川

決まりきった言葉、与えられた言葉だけで生きていると、世界がとても窮屈に見えてしまう。


花上哲太郎

美容の世界のトレンドは目まぐるしく変わっています。常に新しいアイテムやサービスを探し求めているのです。それに対応するには、「点」で散らばっているさまざまな業態を「線」で結び付けていくことが必要。


高島徹治

一人で勉強するのが苦手な人は、資格スクールに通うのもいいでしょう。明確な目的意識のある人たちに囲まれることで様々な刺激を受け、モチベーションもアップします。また、授業では参考書に出ていない勉強や試験のコツを習得できるでしょう。


稲盛和夫

私自身は、全くの新しい事業を成功させるのは容易ではないと考えていたので、自らの事業の延長上にある領域を拡大していくやり方を選びました。ここで決めたルールは2つです。「自分が得意な事業分野に絶え間なく進出する」「得意ではない全くの異分野には何があっても手を出さない」です。


米山公啓

興味のあることは覚えられる。また、強い感情とともに入ってきた情報は、覚えやすい。


大久保幸夫

人手不足の場合、人を採用できないだけでは問題になりませんが、同時に離職率が上がると企業に与えるダメージは大きくなります。せめて離職率だけでも抑えれば乗り越えられる可能性があります。よって、離職に歯止めをかける対策は非常に重要です。


藤原和博

僕は「1万時間の法則」を唱えていて、何であれ、1万時間かけて訓練すればマスターできると言ってきました。1日6時間のトレーニングを365日続ければ、1年で約2000時間、5年で1万時間に達します。それだけやれば、何でもほぼこなせるようになる。さらにもう5年続けたら、しっかりとした技術やスキルとなって身につきます。