名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

向井万起男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

向井万起男のプロフィール

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

向井万起男の名言 一覧

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。


私には長年続けている習慣があります。それは1日1回、最低2分間、自分の将来について真剣に考えることです。どのようなことでもいいし、すぐ先のことでも遠い将来のことでもいい。ある日には来週、また別の日には来年、10年後にやっておきたいことを思い浮かべて、それらをシミュレーションするのです。どんなに仕事が大変な日も、長期の旅行をしているときも、何といったって女房の宇宙旅行の日も、20代のころから1日も休まずに続けています。


多くの人は言われるまで気づきませんが、どんなささやかな目標でも、ほとんどの人は実現できていません。そもそも毎日考えたって、すべてが上手くいくわけではありません。それなのに何も考えていなかったら最悪です。考えていれば軌道修正もできますが、考えていなかったらそれさえできません。


目標の立て方に悩む人は、思いつく端からでもいい。つまらないことでもいい。まずは目の前の紙に願い事を100書き出してみてはいかがだろうか。


向井万起男の経歴・略歴

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

他の記事も読んでみる

野村克也

俺は「非難」と「賞賛」を使い分けて、選手の負けじ魂のようなものを引き出してきた。言葉の力は大きい。配球と同じだよ。とおり一遍の球を投げては駄目だ。相手がどう考え、どう動くかを読み、次の球を決める。交渉に限らずコミュニケーションとはそういうものなんじゃないのかね。


和田裕美

もともと私は人見知りで、人と接するのが苦手で、そのせいで人の顔色ばかり見てしまう方でした。でも相手がどう思うかはよくわかっていました。だったら相手の立場になって、いい気分になってもらえる「聞き上手スタイル」の営業マンになろうと駆け出しの頃に気づきました。


佐瀬守男

大変だったからこそ、社員が1つになることができた。それが社員の成長に繋がった。


岩崎裕美子

日本では長い時間働いている人が評価されがちですよね。私もたまたま残業している人を見ると「昨日は遅くまでよく頑張ったね」と、口を滑らせそうになります。そのたびに「ここで褒めちゃダメ」と気を引き締めるのです。気を緩めれば、すぐに残業で売上高を上げようという甘い誘惑に負けてしまいますから。


永守重信

自分たちが社会に貢献していると思わせる仕事をさせること。自分の会社がなければ社会は困ると思うと、やりがいを感じる。そうすれば少々仕事が厳しくても辞めないでしょう。


村田諒太

(判定で敗れた)試合が終わって1か月半ほどは、お世話になった方の挨拶回りや会食が忙しくて、落ち込むとか燃え尽き症候群になるとか、そんなことになる暇すらありませんでした。そもそも判定の結果は、自分の力ではどうすることもできません。自分で変えられないことに悩み、不安を覚え、翻弄されるほどムダな時間はないと思っています。


佐々木常夫

酔った席での出来事だと、記憶が曖昧で己の身の潔日を自信を持って主張できないのが辛いところ。その意味でも、酒席は要注意。


守島基博

重要なのは、自分の企業の人材がほかの企業でも優秀な人材かということである。逆説的に聞こえるかもしれないが、他社から引き抜きのかかる人材を育てる企業がよい企業なのかもしれない。評価基準を世界化すれば、人材はグローバルな評価基準に基づいて自分を磨く。


飯伏幸太

一番大切なのはお客さんに喜んでいただくこと、観ている人がどう思うか。お客さんが喜んでくれるから、自分も喜べるんです。


渡邉英二

誰でも最初から一人前なわけではありません。自分は何でもできると過信せずに、謙虚に自らの力量を見極め、行動することが大事。


飯島彰己

時代のニーズに応えるのが我々の仕事だ。日本のエネルギー安全保障が一変し、LNG(液化天然ガス)への取り組みは強化せざるを得ない。今後2年間は資源・エネルギーへの投融資の配分が増える。世界人口が増える中で、生産・供給量を増やしていく。価格が下がっても、生産を増やして収益の「面積」を維持する。


小倉広

フジゲンを世界一のギター会社に導いた横内祐一郎会長が「一流の人は皆、素直」と語っていたが、素直だから一流になれたと言い換えてもいいでしょう。