名言DB

9419 人 / 110788 名言

向井万起男の名言

twitter Facebook はてブ

向井万起男のプロフィール

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

向井万起男の名言 一覧

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。


私には長年続けている習慣があります。それは1日1回、最低2分間、自分の将来について真剣に考えることです。どのようなことでもいいし、すぐ先のことでも遠い将来のことでもいい。ある日には来週、また別の日には来年、10年後にやっておきたいことを思い浮かべて、それらをシミュレーションするのです。どんなに仕事が大変な日も、長期の旅行をしているときも、何といったって女房の宇宙旅行の日も、20代のころから1日も休まずに続けています。


多くの人は言われるまで気づきませんが、どんなささやかな目標でも、ほとんどの人は実現できていません。そもそも毎日考えたって、すべてが上手くいくわけではありません。それなのに何も考えていなかったら最悪です。考えていれば軌道修正もできますが、考えていなかったらそれさえできません。


目標の立て方に悩む人は、思いつく端からでもいい。つまらないことでもいい。まずは目の前の紙に願い事を100書き出してみてはいかがだろうか。


向井万起男の経歴・略歴

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

他の記事も読んでみる

安藤文男

今までのビジネスモデルというのが、あらゆる産業で過渡期を迎えていると思います。ですから、我々のビジネスも従来のように、大きなシステム開発の塊を託されて、「あとはお願い」で済んでいた時代から、今後はITを活用して新たなビジネスモデルを創造していかないといけない。


出口治明

報連相は部下に命じるものではなく、上司が実践すべきものです。上司が部下に目を配り、「元気がないな」「何か悩んでいるのかな」と思ったら、別室に呼び出すなり一緒に食事を摂るなどして、部下が報連相しやすい雰囲気を作ること。これが報連相の本当の意味です。


イセオサム

僕は天才ではない。1人で考えられることは、限られています。より多くの人を楽しませるコンテンツを作るには、どんどん発信して人を巻き込み、刺激を得ることが必要。


渡辺捷昭

私たちの時代は、「よいクルマを生産し、消費者に喜んでもらう」といったようなわかりやすい目標があって、組織のベクトルをひとつにできました。しかし、いまは自ら目標を作り出さなければならない時代です。


吉田松陰

人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。


内藤誼人

愛嬌のある人は、えてして人から悪意のないからかい、冷やかしなどを受けるものである。心を許してもらっている証拠だ。どうすればからかわれる存在になれるかというと「からかわれても感情的にならない」「神経質にならない」「からかわれたら、相手のこともからかう」「どこかドジなところがあることをアピールしておく」などの戦術が有効だろう。


小泉光臣

たばこという商材は、景気変動の影響を受けにくいという業界の定説、ある種の常識がありました。しかし、リーマンショック後に、西欧を中心にダウントレーディング、つまりは値頃感のあるたばこにお客様がブランドを切り替えるという傾向が初めて見られました。


林望

手紙に限らず、相手のことを思い浮かべ、語りかけるように書くということが文章の骨法。


小川孔輔

人気商品のリニューアルはドラスティックに変えないことが大事。具体的には、機能を改善させるとか、パッケージを少し変える、量を少し増やすといった程度の変化がいい。マイナーチェンジがポイント。


野口悠紀雄

いまの私の専門分野は、経済学も含めて、独学で身につけた。別に学校に通わなくても勉強はできる。本気で学ぼうと思えば、インターネットでいくらでもテキストが手に入る便利な世の中になりましたから。