向井万起男の名言

向井万起男のプロフィール

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

向井万起男の名言 一覧

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。


私には長年続けている習慣があります。それは1日1回、最低2分間、自分の将来について真剣に考えることです。どのようなことでもいいし、すぐ先のことでも遠い将来のことでもいい。ある日には来週、また別の日には来年、10年後にやっておきたいことを思い浮かべて、それらをシミュレーションするのです。どんなに仕事が大変な日も、長期の旅行をしているときも、何といったって女房の宇宙旅行の日も、20代のころから1日も休まずに続けています。


多くの人は言われるまで気づきませんが、どんなささやかな目標でも、ほとんどの人は実現できていません。そもそも毎日考えたって、すべてが上手くいくわけではありません。それなのに何も考えていなかったら最悪です。考えていれば軌道修正もできますが、考えていなかったらそれさえできません。


目標の立て方に悩む人は、思いつく端からでもいい。つまらないことでもいい。まずは目の前の紙に願い事を100書き出してみてはいかがだろうか。


向井万起男の経歴・略歴

向井万起男、むかい・まきお。日本の医者、病理学者。慶應義塾大学医学部准教授。東京出身。慶應義塾大学医学部卒。慶應義塾大学医学部准教授、慶應義塾大学医学部病理診断部部長。専門は病理学(腫瘍病理)。日本発の女性宇宙飛行士、向井千秋の夫。作家としても活躍しユーモアを含んだエッセイにも定評がある。主な著書に『君について行こう―女房は宇宙をめざした』『ハードボイルドに生きるのだ』『愛人の数と本妻の立場 ヤワラカアタマ入門』『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』など。

他の記事も読んでみる

川田篤(経営者)

上場は資金調達という意味もあるんですが、何より当社は企業の基幹システムを提供していますから、我々の会社自身の企業与信というのが問われてくると思うんです。やはりお客様の経営の根幹となるデータをお預かりしていますから、我々自身の与信が重要だろうと。その意味で上場というのはお客様というか、社会に対しての一つの信頼基準になるかと。


松沢幸一

会社の理念はハウツーではないので変わりませんが、ハウツーの部分は現場の状況によって変えなければなりません。いま何をすべきか、いかにやっていくのかを判断するのです。


松井勝史

信用、信頼を得ていくためには、相手の気持ちになって応えていくことが、何よりも重要です。お客様の気持ちを最優先に考えていきますが、お客様の期待以上の満足度を高めていくためには、安心、信頼につながる組織力を発揮することだと思っています。


冨安徳久

人口が減ってきている時代にいて業績を伸ばすためには、人を感動させるサービスを提供してリピーターに繋げなければならない。


木村清

実行が伴わない「考え」なんて、「考えない」ことと同じ。


渡辺康幸

ずば抜けて競技力がある選手は、意欲的で自己管理にも長けていますから、基本的に自由にやらせます。ただし、たまに見当違いの方向にも突っ走るので、首根っこの大事なところだけ押さえておく必要があります。たとえば、将来の目標がオリンピック代表なら、そこにたどり着くまでの道程を描いてみせて、「今年はこの試合に照準を合わせよう」とアドバイスをするようなことです。あとは放っておいても本人が考えて自らを育てていきます。


内田雅章

人脈がなかなか続かない人にありがちなのは、人脈を自分が何かを得るためだけの一方通行のチャンスと捉えていることです。頼みたいことがあるときだけ連絡する。これでは、相手も快く動いてくれません。日頃から公私を問わず、相手に提供する気持ちや気遣いがあるからこそ、困ったときに手を差し伸べてくれたり、人を紹介してくれたりと、親身になって便宜を図ってくれるのです。


新谷学

これからの時代にメディアが生き残っていくには、ブランドの力が極めて重要。今はあらゆるメディアの情報がスマホ上ではフラット化されて混在しています。その中で「週刊文春」という看板への信頼をいかに高めていくか。「週刊文春」が発信している情報なら、お金を払ってでも読む価値があると信頼していただくことが何より大事。


長澤信吾

自分が担当している仕事の意味を理解して、お客さまの要望の1つ先を見越して実現し、お客さまの期待を超える仕事をすることが大事。


又吉直樹

芸人になる以上、今までの自分とは決別しなければならない、と。それで、まったく別の環境に行きたかったんです。全部置いてくる気持ちよさを感じながら大阪を出ました。


森信親

企業が新しいことをやりたい時、どうしたら事業として成り立つか、どういう形の資金が付けばいいかなどを企業と一緒に考えて解決策を示していくことが、銀行自身の収益にもつながります。長短の金利差だけに頼ったこれまでの銀行業の外にビジネスチャンスがあると思います。


森辺一樹

海外で日本での成功体験が役に立たないとは言わないが、「売り」をつくれる要因が日本とは大きくことなる場合が多い市場だけに、日本での実績以上に現地に即した成功要因の可視化を重要視すべきである。


星野佳路

日本の文化を知るには、旅をするのが最も味のある方法です。


坂根正弘

私が社長に就任した時に最初に言ったことの1つが、最初に犠牲にするものを決めること。競合に負けてもいい部分を最初に決めておけば、負けが見えてきた「見切りをつけるべき商品やサービス」に、ムダにお金を投じることはなくなる。この浮いた経営資源を重点分野に投入した。


鈴木喬(経営者)

日本人の自信喪失の原因は勉強し過ぎなんだよな。日本ほど活字を読む国はない。だからみんな人の意見を信じ過ぎるんですよ。


ページの先頭へ