名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

名和高司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

名和高司のプロフィール

名和高司、なわ・たかし。日本の経営学者、経営コンサルタント。「一橋大学大学院国際企業戦略研究科」特任教授。熊本県出身。東京大学法学部卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、ボストン・コンサルティング・グループ シニアアドバイザー、ネクスト・スマート・リーン代表を務めた。

名和高司の名言 一覧

老舗企業にも、世界に打って出るチャンスがあります。日本には長寿企業が多いですが、零細なところが少なくありません。伝統芸や民芸品のレベルで終わらせることなく、製品・サービスの核となっている心地よさや、心の琴線に触れる部分をうまくプロデュースしていけば、市場を世界に広げていくことも夢ではないでしょう。


様々な分野で、マズローの「自己超越欲求」に該当するレベルを伝統的に体現してきた日本は、世界のベストプラクティスになる可能性を秘めています。ユニクロがアパレルの世界で成功したように、CSV(共通価値の創造)を日本的価値観で捉え直せば、業界や規模の大小を問わず、どんな企業にもグローバルで成功するチャンスがあるのです。


名和高司の経歴・略歴

名和高司、なわ・たかし。日本の経営学者、経営コンサルタント。「一橋大学大学院国際企業戦略研究科」特任教授。熊本県出身。東京大学法学部卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、ボストン・コンサルティング・グループ シニアアドバイザー、ネクスト・スマート・リーン代表を務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

経営する上で便利なのは、代打を立てられるところ。人生において自分で経験できることは限られますから。モンゴルのハーン銀行を再建した際には、優秀な人材、その道のプロに任せました。


奥谷禮子(奥谷礼子)

若者の中にも自由な発想で、闊達にやっていこうという人もいます。そういう人たちは国や行政をあてに何かしようとも思わない。自分でやっていくべきだ、と考える人はかなり増えていますので、そういう人たちに期待したいですね。


本田健

どの道に進むにせよ、身につけてもらいたいのは「稼ぐ力」。そのためにはまず、自分の「才能」を明らかにすることが不可欠です。才能というと選ばれた人だけに与えられるものと考えられがちですが、それは誤解です。どんな人にも才能は必ずあります。たとえば今の仕事をすでに5年以上続けているなら、適性は十分。10年続けているなら立派な才能です。15年以上になればもう「専門家」といってよいでしょう。このように、40代ともなれば誰もがいくつかの「才能」を持っています。問題はそれをどうお金に換えていくかです。


ダニエル・ピンク

とくに若い社員は、自分たちの両親と同じように、管理されて働きたいとは思っていないということも、マネジャークラスの人間は知っておくべきです。


波戸内啓介

いくら良い種を蒔いても土壌が合わなければ、きれいな花は咲きません。


小松俊明

自分をアピールするとき、良いところばかり取り上げるのは良くない。自分のどこに欠点があるのか、過去の失敗例を挙げながら、原因は何か、そしてそれをどうやって解決したのか、について具体的事項を入れながら説明することも、自分をアピールするひとつの方法。


野中正人

取引先への返品禁止はしまむらにとっても、取引先にとっても結局はいいことです。しまむらのものの考え方は、長期が基本です。取引先とも「太いパイプで長くやっていきましょう」が基本です。お互いに儲かる会社にしていきましょう。うちは営業利益10%を目指しますから、おたくも10%を目指してくださいと。


大竹一樹

周りからは「なんでライブやるの?」ってよく言われます。面白いのが当たり前で、面白くなければ「つまらなくなった」って言われるでしょうから、確かにリスクが大きいんですよね。でも俺らは、ネタがやりたくてお笑い芸人になったんで。むしろ、周りの芸人たちに「なんでやらないの?」って聞きたいくらい。


柳弘之

工場には「マシン(機械)」「マン(人)」「マテリアル(材料)」「メソッド(手法)」の4Mが必要ですが、それぞれがどう機能しているかが一目で分かるレイアウトになっていることが重要です。「分かりにくい工場」で働く従業員は、絶対に苦労します。


武長太郎

当社のもう1つの事業がブライダル施設の運営です。東京タワーの目の前という立地性に加え、居酒屋という飲食ビジネスの領域から参入した当社独自のノウハウを活用することで、コストパフォーマンスを重視した価格設定で高回転を実現しています。1会場あたりの回転率は年間で191回転を誇ります。


折目光司

どんなこともデスクの上でなく、現場にある。


船津浩三

システム開発の上流工程から参画できることに強みがあります。お客様の業務内容まで理解している金融に強い技術者が多いからこそ可能になっていることです。