名言DB

9413 人 / 110706 名言

名和秋の名言

twitter Facebook はてブ

名和秋のプロフィール

名和秋、なわ・あき。日本のプロボウラー。東京都出身。東京都出身。高校1年から本格的にボウリングを開始。國學院大學法学部卒業。

名和秋の名言 一覧

ボウリングを「やらされていた」私に転機が訪れたのは大学1年のとき。大学の全日本選手権で途中まで1位だったんです。2位から4位は強豪・京都産業大学の選手で、しかも会場は京都。声援のほとんどは京都産業大学の選手に向けられ、私がストライクを出すと、「えっ、誰あんた」みたいな(笑)。そういう雰囲気にいたたまれなくなり、結局自滅して4位に。トイレに逃げてワアワア泣きました。ボウリングで悔し涙を流したのはそのときが初めてでした。それから変わりましたね。「絶対に来年は見返してやる!」って自主的にボウリングに取り組むようになったんです。


日々の練習はレーンでひたすら投げ込み。約3時間、ゲーム数にすると20ゲームぐらい。その間は水も飲まず、休まず投げ続けます。試合では朝から晩まで1日10ゲーム以上投げますから、同じフォームで投げ続ける力をつけておかないとダメなんです。レーンのコンディションは時間の経過と共に変化していくので、それに対応できるように朝昼晩様々な時間帯に練習しています。


競技目標とは別に、ボウリングをスポーツとして世間に広めることが一番の夢。試合結果が夜のスポーツニュースで報道されるくらいメジャーにしたい。そのためにボウラーとして腕を上げることはもちろんですけど、みなさんに興味をもってもらえるように、自分を磨いてキレイにすることも大事だと思います。だからピアスもネイルアートも派手につけてます(笑)。プレイには支障ないし、ネイルアートは爪の保護のためにも役立っているんですよ。


全日本選手椎で初めてパーフェクトを出したときは、手がブルブル震えるくらい緊張していました。でも、緊張したのは最後の一投だけ。私はいつも試合会場に向かう途中、MP3プレイヤーで音楽を聴きますが、調子のいいときは試合中もずっとその音楽が頭の中で流れているんです。音楽にのって投げていたら、次々とストライクが出たんです。私の場合、頭の中で音楽が流れているときは、ほかの選手のスコアや周りの人の声が気にならない。きっと集中しているんだと思いますね。


名和秋の経歴・略歴

名和秋、なわ・あき。日本のプロボウラー。東京都出身。東京都出身。高校1年から本格的にボウリングを開始。國學院大學法学部卒業。

他の記事も読んでみる

荒川詔四

自分の足で現場に行き、「現物・現場・現実」を自分の目で確認します。そうやって初めて、経営方針通りに進んでいるのかどうか、各施策が適切に実施されて、想定した結果が出ているかどうかを把握できます。


柳楽幸雄

当社が様々な市場で勝ってこられたのは、グローバルニッチトップ戦略によって基盤を築いてきたからです。ニッチとは、当社固有の技術を生かした製品が活躍するに相応しい空間のことであり、決してスキマという意味ではありません。その中でシエアNo.1を獲るということです。


小川泰平

部下も取引先も、真面目なほど起こった問題を抱え込み、かえって傷口を広げてしまいがち。でも、そういう人たちとの間に「何でも話せる」関係ができていれば、躊躇せず情報を上げてくれるし、そうすれば早期に問題の芽を摘むことができます。


田原総一朗

みなさんが政治ニュースに接する際に、ぜひ心がけていただきたいのは、「なぜこうなったのか?」という視点で見ることです。解説なきメディアのニュースに触れて、知識としてニュースを知っても、生きた知識にはなりません。「なぜこうなったのか?」と素直に考えながらニュースを見ると、ニュースが報道しない疑問点が見つかります。


藤原新也

「あっちの水は甘いぞ、こっちの水は辛いぞ」なんて、お互いにその水につかってみない限り、わからないものなんですよ、人生というものは。


村岡恵理

どうしても好きになれない、あるいは好かれていないと感じる上司の下では、仕事のモチベーションを失ってしまいがちですが、そこで腐っては、一番損をするのはあなた自身。どんなにスキルがあっても、やる気のない人から発せられる空気ほど職場に悪影響を及ぼすものはありません。


ジェイ・エイブラハム

「自分は世の中をより良くするため、もっと大きな目的のために存在する」という信念を持ちましょう。その信念は日々のモチベーションを高め、逆境の際に立ち直る力となる。


松﨑晃一(松崎晃一)

怒りのクセを客観的に実感できると「自分はこんなちっぽけなことで怒っていたのか……」という気持ちが芽生える。逆に自分にイヤミや怒声を浴びせる相手に対しても、「ちっぽけな怒りグセのせいで怒っているかもしれない」と気づけます。ようは誰に対しても寛容になれるんです。


千田琢哉

「9時から仕事をしよう」と決めても、実際にスタートするのは意外に難しいものです。「あと10分休んでから……」「やっぱり9時半から……」とダラダラしてしまう「後倒しグセ」を、人は多かれ少なかれもっているものです。この失敗に陥らないコツは、「開始時間のフライング」です。9時ではなく、「8時59分」などと、キリの悪い開始時刻を設定するのです。すると、誘惑に巻き込まれることなく、やる気にスムーズにつなげられます。


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

もし明日、世界が砕け散ってしまうとしても、私は自分のりんごの木を植え続けることでしょう。


小室直樹

戦前、入学試験はほんの一部の学校に限定されていましたが、すべての学校が入試を突破しなければ入れなくなった。まるで「中国の科挙」です。そのために「勉強」といえば、即、「入試」のための勉強となり、せっかく勢いづいてきた数学の隆盛にどれほど水を差したことか。


佐々木則夫(経営者)

携帯電話で社内のメールはすべて見られるようになっています。電話は感情を伝えるのに効果的な手段ですが、ファクト(事実)を誤解なく伝えるという点ではメールに軍配が上がります。また、メールなら指示内容や回答がすべて残ります。それらを並べると、相手が何を考えているのかという方向性が見えてきて、さらに「ここに置き忘れてきたリスクがあるのではないか」とか、「本当はいいチャンスがあるのではないか」と考えを深めていけるのです。


岡野雅行(岡野工業)

ゼロを10だっていうのは嘘になるけど、1を100は嘘じゃない。大風呂敷ってやつだ。大風呂敷を広げとけば、皆の話題になる。自分をアピールできるんだ。嘘から出た誠じゃないけど、どんなに突飛な話でも、いつ現実になるかわからないんだ。遠慮なんかすることない。大風呂敷でも嘘でも、堂々と胸を張って吹いちまえ。


橋本真由美

18年ぶりに外で働いてみて思ったのは、自分のために時間を使ってもいいんだということでした。それまでは、妻として母として時間を使うのが当たり前でした。家庭が嫌でキャリアウーマンになりたいなどという気持ちは毛頭なかったのですが、働きだすとのめり込んでしまいました。
【覚書き|ブックオフ1号店にパートとして入社した当時を振り返っての発言】


渡邊健太郎(ビジネスプロデューサー)

「絶対欲しい」と思わせるモノを提供できれば、十分勝負できる。