名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

名和秋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

名和秋のプロフィール

名和秋、なわ・あき。日本のプロボウラー。東京都出身。東京都出身。高校1年から本格的にボウリングを開始。國學院大學法学部卒業。

名和秋の名言 一覧

ボウリングを「やらされていた」私に転機が訪れたのは大学1年のとき。大学の全日本選手権で途中まで1位だったんです。2位から4位は強豪・京都産業大学の選手で、しかも会場は京都。声援のほとんどは京都産業大学の選手に向けられ、私がストライクを出すと、「えっ、誰あんた」みたいな(笑)。そういう雰囲気にいたたまれなくなり、結局自滅して4位に。トイレに逃げてワアワア泣きました。ボウリングで悔し涙を流したのはそのときが初めてでした。それから変わりましたね。「絶対に来年は見返してやる!」って自主的にボウリングに取り組むようになったんです。


日々の練習はレーンでひたすら投げ込み。約3時間、ゲーム数にすると20ゲームぐらい。その間は水も飲まず、休まず投げ続けます。試合では朝から晩まで1日10ゲーム以上投げますから、同じフォームで投げ続ける力をつけておかないとダメなんです。レーンのコンディションは時間の経過と共に変化していくので、それに対応できるように朝昼晩様々な時間帯に練習しています。


競技目標とは別に、ボウリングをスポーツとして世間に広めることが一番の夢。試合結果が夜のスポーツニュースで報道されるくらいメジャーにしたい。そのためにボウラーとして腕を上げることはもちろんですけど、みなさんに興味をもってもらえるように、自分を磨いてキレイにすることも大事だと思います。だからピアスもネイルアートも派手につけてます(笑)。プレイには支障ないし、ネイルアートは爪の保護のためにも役立っているんですよ。


全日本選手椎で初めてパーフェクトを出したときは、手がブルブル震えるくらい緊張していました。でも、緊張したのは最後の一投だけ。私はいつも試合会場に向かう途中、MP3プレイヤーで音楽を聴きますが、調子のいいときは試合中もずっとその音楽が頭の中で流れているんです。音楽にのって投げていたら、次々とストライクが出たんです。私の場合、頭の中で音楽が流れているときは、ほかの選手のスコアや周りの人の声が気にならない。きっと集中しているんだと思いますね。


名和秋の経歴・略歴

名和秋、なわ・あき。日本のプロボウラー。東京都出身。東京都出身。高校1年から本格的にボウリングを開始。國學院大學法学部卒業。

他の記事も読んでみる

吉原義一

曾祖父が昭和の初めの頃に刀鍛冶を始めました。父も叔父も刀鍛冶です。ですから、刀鍛冶になるのは自然なことでした。他の道に進もうと思ったこともありません。18歳で父に弟子入りし、5年後に正式に刀鍛冶になりました。しかし、独立してからが本当の修業でした。


山崎将志

「肉体的な疲労=仕事の充実」という感覚を捨て去る必要があります。そのためには、仕事に取り組む前に、「もっと楽にできる方法はないか?」「より早くするにはどうしたらいい?」と自問自答してみるべきでしょう。自分の仕事を「自分がやらなくてもいいのでは?」と考えてみるのもいいと思います。


榊淳

どこのサイトでも同じ商品が並ぶようになる。そうするとお客さんは商品の差別性よりも、どこが買いやすいかなど、マーケティング視点から選び始める。


井関清

結局、企業は人が命。社員一丸となり、お客さまから愛される会社であり続けてほしい。


岡田康豊

ミドル世代に求められているのは、管理職も現場も任せられる経験豊富なプレイングマネジャー。35歳以上で転職を考えるなら、たとえ管理職であっても、自ら動き、課題を見つけ、解決する能力を保ち続ける姿勢が必要。


青木高夫

ルールづくりで欧米人に後れを取るのは、そもそもルール観に違いがあるからだろう。私がホンダに入社したとき、日本と欧米のメーカーの戦略の違いを知って驚いたことがある。排ガス要件や衝突要件など、自動車の規制は各国で異なる。そのためホンダは各国の規制に合わせて仕様を変えた。おそらく当時は、1車種につき仕様が10近くあったはずだ。一方、アメリカは1車種ほぼ1仕様。日本に売るからといって仕様を変えず、左ハンドルのままだった。日本人は自ら進んでルールに従うが、欧米人は自分の都合に合わせてルールを変えようとする。根底から考え方が違うのだ。


森下泰

自由経済社会の高度化に比例して政治と経済は密着の度を増している。だから、経済をよく知っている人間が政治を行う必要がある。


高岡浩三

アイデアを思いつくと、私は必ず妻に「こんなことを考えたんだけど、どう思う?」と話すことにしています。仕事とは無関係の妻だからこそ、遠慮のない一般人の意見を気軽に聞くことができる。その妻が「ピンとこない」「買わないと思う」と言ったら、きっと多くの人々もそう感じるだろうと判断します。逆に妻が少しでも興味を示せば、どんなに小さなアイデアでもすぐに実行することにしています。


林原健

人と同じことをしなくてもいい環境が生まれている。かつては新製品が売れるようになるまでに5・6年かかっていましたが、いまはみんなが新しいものを探し求めていますから、新製品を出したとたんにワーッと売れる。売れるようになるまでの時間のリスクを省くことができるようになったんです。そのぶん独創にかけることができるわけです。


コリン・アングル

インターネットに接続することによって、ロボットのオンオフ機能の手助けとなったり、あるいは掃除力と関係ないところで役に立つかもしれませんが、私たちが常に心掛け、焦点を当てているもっとも重要なポイントは、部屋をきれいに掃除をすることです。


澤田秀雄

ビジネスにはバランスも重要です。たとえば、すごくいい商品を開発したとしましょう。値段も適切だし、広告宣伝も完璧。でも、それを売る販売店の店員の数が足りていなければ、いくらお客様が来店されても対応しきれないということが起こります。すると業績はあがらない。あるいは、店舗には十分な人数の店員がいて、商品もいいし値段も適切だとしても、広告宣伝ができていないために、お客様が来てくれないということもあります。つまり、様々な要素のうち、「一番低いところに業績が合ってくる」ということです。だから、業績を引き下げる要素が出てこないように、バランスをとるべきなのです。


和崎信哉

民放やNHKの制作力は非常に優れていると思います。資金力や人材面の厚みからしても、我々有料テレビが簡単に追いつけるレベルではありません。ただ、ここ十数年に限ると、民放は視聴率やマーケティングにとらわれすぎてしまったのかもしれません。放送時間帯と視聴者層とをかけあわせると、どうしても各局似たような企画が並んでしまいます。その結果、番組内容が均質化し、その局ならではのカラーが薄まってしまいました。