吉高由里子の名言

吉高由里子のプロフィール

吉高由里子、よしたか・ゆりこ。日本の女優。東京都出身。高校1年でスカウトされ芸能界に入る。映画『紀子の食卓』で映画デビュー。『蛇にピアス』で日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞を受賞。映画・テレビドラマ・舞台で活躍。

吉高由里子の名言 一覧

私が明日死んでも、作品は明日以降も残ってしまう。だから、ないがしろにはできないなと。そういう年齢にもなってきたし(笑)。ちゃんと結果に納得できるように尽力しないと、自分が恥ずかしいことになるね、って思うようになりました。


吉高由里子の経歴・略歴

吉高由里子、よしたか・ゆりこ。日本の女優。東京都出身。高校1年でスカウトされ芸能界に入る。映画『紀子の食卓』で映画デビュー。『蛇にピアス』で日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞を受賞。映画・テレビドラマ・舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

和仁達也

お金の偏差値が高い人は、奢ることができて良かったと感じる人。奢られて小遣いが浮いたと喜んでいるうちはダメ。奢ることで相手は「じゃ、次会ったら今度は自分が」となり、縁がつながる。縁がつながればビジネスも広がる。


佐藤東里

私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


篠原欣子

人間は居心地の良い環境で居たいものです。でも、それでは変化・成長できません。


渋井真帆

家事はいくらやっても終わりがないし、できるときに集中せざるをえません。それで鍛えられたので、スキマ時間の集中力には自信があります。集中しているときは、スタッフに声をかけられても気が付かないほどです。


樋口武男

世の中のためになり、そして事業として成り立つ。当社のストーリーは極めて単純です。


岡林理

ニッチというのは、世界中にある小さいマーケットという意味だけではありません。大きいマーケットでも、要求ごとに細分化したマーケット・セグメントに分けられます。大手企業が提供する標準品では個々のセグメントの要求を完全に満たすことは難しく、当社は技術的に高い難易度が求められる特定のセグメントをワールドワイドで狙っています。


小松永門

悩んだ末に、新しいことに挑戦したいという気持ちが勝って、転職を決断しました。41歳のときです。

【覚え書き|インテルからマウスコンピューターに移った当時を振り返って】


佐藤博樹(社会学者)

そもそも海外転勤が本当に必要なのか精査することも不可欠だ。転勤は本人にとっても企業にとってもコストがかかる。現地職員で代替できないのか、転勤せずに出張などで済ませられないのか、見直す契機になるだろう。


齋藤孝(教育学者)

事例やエピソードに依存した文章を書く人は、口舌の徒にすぎません。その場しのぎにならないように、まずは揺るぎない本論を立て、効果的な事例をひとつふたつ添える程度にした方が、本当の意味で説得力を持つはずです。


上野陽子

丁寧さは大事ですが、ストレートに、端的に気持ちを伝えることも大切。プレゼンにストーリー性や流れを持たせ、自分の気持ちを聞き手に伝える場面を作るのも効果的でしょう。


エリック・シュミット

大事なのはアイディアの間違いを認めすぐに修正すること。


高嶋由美子

難民が自立して、私たちの仕事がなくなることが、本当は一番の望み。


ジョエル・ティリングハスト

多額の投資を必要としないビジネス、また、消費者が特別と感じる事業を手掛けていることが必要だ。さらに、特定の消費者にフォーカスし、ニッチな商品を販売して高い満足度を与えている会社が望ましい。


高島徹治

忙しいビジネスマンが資格の勉強をするのにノートを作ってはいけません。すべてカードにして覚えるべき。カードが資格の勉強に優れている理由は二つあります。ひとつはどこでも持ち運べる携帯性。もうひとつは重要なところや苦手なところを並び替えられる組み換え自由なところ。


齋藤孝(教育学者)

雑談の基本スタイルは、「あいさつ+α」です。あいさつは雑談のきっかけにはなりますが、それだけでは雑談になりません。ですから、プラスαのひと言を加える必要がある。たとえば、ご近所さんと会ったとき、「おはようございます」で終わるのではなく、「ここのお店、改装中になっていますね」と短いひと言を加えてみる。そこで「新しい居酒屋ができるらしいですよ」という言葉が相手から返ってきたら、「若者向けの店ですかね?」「僕は静かに飲める店のほうがいいな」「じゃあ、オープンしたら一緒に行ってみませんか」「いいですね」などと会話が続くでしょう。プラスαがあれば、ただのあいさつが雑談に発展するわけです。


ページの先頭へ