名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉野浩行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉野浩行のプロフィール

吉野浩行、よしの・ひろゆき。日本の経営者、自動車エンジニア。自動車メーカー「ホンダ」社長。満州国出身、福井県育ち。幼少期、第二次世界大戦終結とともに両親の故郷・福井県に引き揚げる。東京大学工学部航空学科卒業後、本田技研工業に入社。取締役、鈴鹿製作所所長、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング社長、本田技研工業専務、本田技術研究所社長などを経て本田技研工業社長に就任。フィットでトヨタ・カローラを抜いて国内年間販売台数一位を達成した。

吉野浩行の名言 一覧

お客様の声を聞いて、それに応えるということが大事です。またいかに速くそうした要望に応えるかが問題になってくる。結局、お客様を騙すことはできないんです。ニーズに合わなければ、車は売れないのですから。


常にお客様の視点で考える企業は元気です。現在苦しんでいるのは、官との結びつきで伸びてきたとか、規制に守られて仕事をしてきた企業だと思うんです。僕らは以前から世界中のお客様の目線に合わせて仕事をしてきたから、国に頼るという気持ちはありません。


GMは自動車では世界一の巨大企業です。しかし、だからといってGMの支配力がどんどん強まっているかというとそんなことは全然ない。GMのお膝元であるアメリカでもホンダやトヨタの車がどんどん売り上げを伸ばしています。お客様にアピールする商品を作ることが何よりも大事で、会社の規模はそれほど重要ではないんです。


巨大合併すると会社の個性、車の個性が失われかねません。クライスラーとベンツおのおのの個性はどうなるのでしょうか。個性がなければ車は売れない。僕らの商品の個性はもちろんのこと、企業自体の個性、そして企業で働いている人たちの個性も大事にしていきたいと考えています。大きければいいというものではないのです。


いやとんでもない、技術屋はそもそも入社するときからそういう発想がないんです。社長業などしているより、車を作っている方がよほど楽しいですから。
【覚書き:ホンダに入社当時、将来社長になると思っていたかと聞かれた時のコメント】


国によってお客様が求めるものが違います。アメリカではサイズが大きくてゆったりと快適で、しかも丈夫でないといけない。日本だと一年間で1万キロも乗ったら大したものですが、アメリカでは2万キロ以上乗ります。一方、日本のお客様はよりファッション性があり、小回りがきくものを求めます。基本部分はもちろん共通ですが、サイズだとか細かな味付けの部分を国によって作り変えているんです。


大型合併で失われかねないのがスピードです。世の中の変化が非常に早くなってきていますから、それに対応できるスピードが企業にとってなにより重要になってきています。しかし、企業が巨大化するとそのスピードも落ちる可能性が出てくる。ですから他社の合併を恐れることは全くない。


二輪と四輪に発電機や芝刈り機といった汎用エンジンも加えると、ホンダ製品の売り上げは一年間に合計1050万台にも達します。ホンダは一年間に一千万人ものお客さんと接触がある。これは大きな強みです。お客さんの声をそれだけ吸収できる。芝刈り機ひとつにしても製品に満足してもらえれば必ず次につながっていくはずです。


僕はそういう考え(大合併して大きな企業体にならないと今後生き残れないという考え)に与しません。マスコミの中にはそういうことを言う人もいますが、ワンパターンの考え方だと思います。自動車産業では今後大事なのは世界性と技術と個性です。
【覚書き:ベンツとクライスラーの大型合併について聞かれた時のコメント】


すべて完璧にやってもらうのは難しいことです。ほぼ無理でしょう。調子の悪い時もあるし、不慣れな人もいる。ミスは必ず起こります。だから、それを見逃さないことが大切なんです。自分の担当でないところでも、他の人がミスをしていたら、何か変だぞと気付けるかどうか。その感度を高めることが製造の品質になるのだと思います。現場で働く人たちの感性をいかに高めることができるか。モチベーションをいかに上げることができるか。現場のマインドがモノづくりの質を大きく左右する。


1日500台の車を作るために関わる人の数は5000人にのぼります。その5000人が完璧に仕事をしてくれないと、完璧な車ができない。誰か一人がボルトをゆるく締めたとしても、すぐにはわからないでしょう。しかし、出荷され、お客さんのもとで走っているうちにどこかで変な音がし出したり、やがて調子が悪くなったりするわけです。ミスは必ず起こります。だからそれを見逃さないことが大切なんです。


いつも他人ばかり頼っていて、自主性というのがなくなった企業はやがて滅びる企業だとおとっつぁん(本田宗一郎)は言っていました。人真似をした者は、いつでも戦々恐々としていなければいけないってね。だからおとっつぁんはいつも頭を使えと言っていたし、そこに独創性が盛り込まれれば、企業は安泰だと言っていた。


おとっつぁん(本田宗一郎)は自主自立の考え方を一つの柱としていました。人には頼らない。人の真似もしない。真似をしたら、そこまでしかないけれど、自分で考えれば人のやったこととは違う視点がありうるからもっと高いところへ行ける。


振り返ってみると、新しいものが生まれるときは異質な人たちのせめぎ合いの中から出てくることが多い。ブレイクスルーも異質のぶつかり合いの中から生まれることがほとんどだと思います。全員が同質、均質だったらブレイクは起こらないし、そこからは何も生まれない。


ブレーンストーミングを大事にしています。立場や年齢の違いなどには構わず、闊達な議論を行う。もっとも、ホンダもそれなりに大きい組織なので経営的な面ではそうとう慎重にならざるを得ないです。しかし、技術分野などでは異質なもの同士のぶつかり合いが大切です。


作りたい車を作るというとプロダクトアウトの発想、作り手の理論の押し付けになる危険性があります。俺たちはすごい車を作ったぞで終わってしまうかもしれない。デベロッパー(開発者)側の発想も必要ですが、自分が作りたいというよりも、むしろ自分が持ちたいとか、買いたいといったお客さんと同じ視点に立つことが大切だと思います。そのバランスが問題なんです。


誰もやったことがないからこそ意味がある。失敗を繰り返すなかで独創的な技術に至るものが出てきます。すぐに商業化にはつながらないけれど、非常に価値のあることなんです。


ホンダの子会社の本田技術研究所は「Dプロジェクト」「Rプロジェクト」「基礎研究所」に三組織からなっています。「Dプロジェクト」はディベロップメント(開発)、つまり生産・販売の計画と密接したより市場に近い開発を行う。これは失敗しないでやってくれと言っています。「Rプロジェクト」はリサーチ(研究)で、天衣無縫に研究に取り組んでもらっています。失敗しても構わないからと。誰もやったことがない未知の部分に挑戦するのだから、それは失敗しますよ。


吉野浩行の経歴・略歴

吉野浩行、よしの・ひろゆき。日本の経営者、自動車エンジニア。自動車メーカー「ホンダ」社長。満州国出身、福井県育ち。幼少期、第二次世界大戦終結とともに両親の故郷・福井県に引き揚げる。東京大学工学部航空学科卒業後、本田技研工業に入社。取締役、鈴鹿製作所所長、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング社長、本田技研工業専務、本田技術研究所社長などを経て本田技研工業社長に就任。フィットでトヨタ・カローラを抜いて国内年間販売台数一位を達成した。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

消費者が気が付いている問題の解決と、そうではない潜在的な問題の解決の2つがありますが、どちらが重要かと言えば、後者です。前者は、市場調査をすれば誰もが気が付くもので、すぐにライバルにマネされてしまう。だから、私は市場調査が嫌いで、「コンシューマーインサイト」と称して市場調査の結果から分かった気にはなってはいけないと、社内で強く言っているのです。


戸塚隆将

成果は「質」と「量」のかけあわせであり、成果を上げるためには質の向上と量の増加の両方が必要です。


中鉢良治

ソニーには挑戦を許す文化があります。だから技術者も元気がよかった。それが、いつのまにかノビノビと楽しそうに研究開発を行う技術者が少なくなっていることに気づきました。ソニーは昔から社員の個性を尊重する企業で、それは今でも変わりません。社員各々が、自分の戦略を持っている。それが会社が目指す技術の発展に結びつかなくなっていたのは、互いの連結点を失い、会話が減り、みんなの心がバラバラになっていたからなのかもしれません。


ローレンス・サマーズ

生涯教育の必要性はとても高まっています。これからは知識の時代です。長期的に見れば、経済を強くするうえで土地や機械以上に知識が重要です。そして、知識社会の中心に位置するのは大学です。一生学び続ける環境がなければ経済競争に勝てません。


ジャック・マー(馬雲)

変化にチャレンジすることよりもっと重要なことは変化を創造することです。世の中のほとんどの人には変化に対する抵抗感がある。逆に、楽観的な精神を持って喜んで変化を受け入れ、対応していくような人であれば、他とかなりの差をつけられる。つまり競争に強いということです。


荒木香織

部下がミスをしたということは、「何のためにこの仕事をするのか」という目的や情報を共有し切れていなかったということ。それは上司の責任。


田中潤(システム開発エンジニア)

今後は、人間でなくてもよい単純労働や繰り返しはAIに置き換わり、私たちは人間にしかできない創造的な仕事にリソースを集中してゆくことになります。少子化が進む中、日本企業がグローバルで生き残っていくにはクリエーティビティーを磨くことが唯一の道であり、AIは必須のツールとなるでしょう。


内藤由治

カリスマ創業者がいる会社の社員は、次もカリスマ性のあるトップを望むものです。自分はただ付いていくほうが楽だからです。カリスマ性のない僕の場合は、誰でも参画でき、組織として機能する会社を目指しました。従って、常に目線と姿勢を現場社員と同じレベルに合わせることに努めました。飲み会に参加する。出来るだけ多くの人との懇談の機会を設ける。常に自由に意見を言えるような雰囲気をつくる等々です。


立石豊

弊社は「滋賀で一番大切にしたい会社」に認定されましたが、会社が認めてもらえれば働く人一人ひとりのやる気が高まると考え、申請して取得したものです。また、滋賀県に若手技能者を表彰する「おうみ若者マイスター」という制度があるのですが、当初、その認定分野に溶射(ようしゃ)は入っていませんでした。でも、社長の私が担当者に猛アピールし、結果、4人の社員がマイスターに認定され、新聞にも取り上げてもらえました。「社員が認めてもらう」機会を作ることはトップの仕事だと思います。


古川裕倫

つねに向上心を持って、学ぶことも重要です。学んで得た知識が重要なのではなく、学ぶ姿勢自体が重要なのです。向上心のある人には、人がついてくるからです。


杉本隆一郎

社会に出て初めて入った会社では、「中途半端な仕事をしない」という精神を叩き込まれました。人事マンが仕事で相対する社内の人たちは、だいたい自分よりもポジションが上の人が多い。なので上司からは、厳しく言われました。「同期の営業担当らと同じ目線で相手に接するな。社内の部長や本部長が君のお客だから、彼らと同じ目線に立って話すようにしろ。新人のつもりで仕事をしたら、人事の顔を汚すぞ」と。


山下孝一

礼儀正しくて挨拶・掃除をしっかり出来る人と、それが出来ない人とでは、どちらが良いかは一目瞭然でしょう。
【覚え書き|社員に礼儀・掃除・挨拶を徹底させていることについて】