名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉野孝行の名言

twitter Facebook はてブ

吉野孝行のプロフィール

吉野孝行、よしの・たかゆき。日本の経営者。ネットワンシステムズ社長。高校卒業後、日本電気エンジニアリング(のちのNECフィールディング)に入社。その後、東京エレクトロン、米国フォアシステムズ、などを経て日本シスコシステムズに入社。同社常務を務めたのち、ネットワンシステムズ顧問を経て社長を務め経営改革を行った経営者。その他、ネットワンパートナーズ社長なども務めた経営者。

吉野孝行の名言 一覧

独立系のネットワンシステムズではメーカーにこだわらず、グローバルの有望技術をいち早く取り入れることができます。その機動力が当社の強みなのです。


在宅勤務やフレックスタイム導入などのワークスタイルの改革は、自ら試すという当社の特徴である先駆的精神の表れともいえます。「最新の機器をどう使えば効果があるのか」、お客様にマッチしたシステム設定と優れた機能を引き出すための高度な調整能力が重要です。そのために「自ら試す」のです。


時代は大きく動いています。人も組織も、そしてテクノロジーも。ネットワンではお客様に最適なICT(情報コミュニケーション技術)とその利活用の手段を提供すべく、今後とも全力で走り続けるつもりです。


当社は海外のネットワーク機器を他に先駆けて国内に導入した会社として知られています。そして、供給サイドとお客様との間に入り、適切な情報開示を行いながら、有効なソリューションを構築していく。これこそが、いわば非製造業である私たちの使命であり、そしてお客様に対する価値だと考えています。


当社ではすでにテレワーク(在宅勤務制度)を導入し、さらにはフレックスタイム制度もスタートさせました。オフィスや外出先、自宅など、社員が場所や時間にとらわれることなく、自己管理でワークスタイルを選択できるようにしたのです。この実現に寄与したのが、「いつでも、どこでも、どんな端末でも自分のPC環境を使えるシステム」、そして電話やメール、在席情報やビデオ会議などのコミュニケーション手段を統合して使い勝手を良くした「新しいコラボレーションツール」です。


ITの再定義が必要だというのが私の考えです。ITを今でも高度な計算機やデータの倉庫ととらえる方が、経営者の中にいらっしゃいます。私たちはICT(情報コミュニケーション技術)と称しているのですが、ITはいまや社員とお客様双方のコミュニケーションを改善する強力なツールなんです。


お客様を訪問しますと、ITに関して必ず言われます。「ITは高いね」という鋭い指摘です。これに対する私の答えはいたってシンプルです。「おっしゃる通り高いです。だからこそ、早く投資を回収し、さらに投資効果を定量的に把握することが経営者の仕事です」と。


企業の継続的な発展のためには、いま一度事業視点を置き換え、成長戦略を明確にすることが必要です。市場の成長率が鈍化する兆しがあれば、次の事業展開へ布石を打つのは、当然のことです。お客様の経営改善、事業効率化のために私たちに何ができるのか。それを本気で考えていくと、やるべきことは見えてくるものです。


日本は昔から海外渡来の文物を芸術にまで高める技術に秀でていました。陶磁器もそうですし、近年の自動車、家電にしても同様です。我が国が誇る匠のDNAには、そんな応用技術の粋が根っこに刻み込まれています。私たちの目指すゴールは匠の世界にあります。


吉野孝行の経歴・略歴

吉野孝行、よしの・たかゆき。日本の経営者。ネットワンシステムズ社長。高校卒業後、日本電気エンジニアリング(のちのNECフィールディング)に入社。その後、東京エレクトロン、米国フォアシステムズ、などを経て日本シスコシステムズに入社。同社常務を務めたのち、ネットワンシステムズ顧問を経て社長を務め経営改革を行った経営者。その他、ネットワンパートナーズ社長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

荒川詔四

最初は下手でも、諦めずに話し続けると語学は必ず上達します。次第に語彙の数が多くなって、使い方も上手になる。発音も良くなってくる。土俵に上がることを恐れず、自分の意見を一生懸命言うとみんなが認めてくれるようになります。


矢野博丈

海外展開で一番最初は、100円均一と同じコンセプトで店を出せば海外でも売れるだろうと思って始めました。しかし、そうではありませんでした。海外市場で本気で成功しようと思えば、物流などインフラも整備して入っていかなければなりません。店をただ出しても売れないのです。


西任暁子(西任白鵠)

新企画について相談するとき、目的は「いいね、やってみようよ」という肯定の言葉を引き出すことです。そのためには「企画を実現することによって、未来はこうなるという絵を相手に描いてもらう」ことが必要です。


サイモン・クーパー(経営者)

今後の目標は、私が社長に就任したときよりも進化した状態で、リッツ・カールトンを後継者に引き渡すことに他なりません。言い換えれば、リッツ・カールトンをお客様にとって、いつも時代に合っていると感じられるブランドに作り上げていくことでもあります。


三毛兼承

邦銀には稟議制度があり、常に東京に聞かなければ結論が出せない仕組みだが、欧米の銀行は権限委譲されていて、私以外はその場で即断即決していた。「お前はどうするんだ」と常に迫られていた。

【覚え書き|ロンドン支店時代を振り返って】


鈴木喬(経営者)

経営はバクチ。負けたら、首を切られても仕方がない。それをやる社外取締役こそ、最後の安全装置。


ジェフ・ベゾス

これまで選択してきた結果が、今の私たちなのです。


小池信三

その土地その土地で求められる住宅を提供していくのが我々の務め。場所が変わればニーズも変わる。それに対応していく。そこに住む人のニーズに合わせた住宅を提供することに変わりはない。


守安功

シンプルに話すという意識は、グローバルな展開をするようになり、さらに強くなりました。外国人とのコミュニケーションでは、自分の考えを明確に伝えることが何よりも重要です。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

今日、私は自分の問題から抜け出した。いやむしろ、問題を自分の元から放り出したのだ。問題は私の外にあったのではない。私の中に、言ってみれば私の主観を原因とするものだったからだ。(マルクス・アウレリウス、パクスロマーナ期のローマ皇帝、ストア派の代表的哲学者、哲人皇帝、ローマ5賢帝のひとり)


久野康成

より会社を良くしたいのであれば、誰の価値観に合わせるかではなく、顧客や社会にとって何が正しいのかという観点で企業のベクトルを統一することが良い。より多くの共感者をつくることが、企業成長の要と言えます。


宗次徳二

SV(スーパーバイザー)は現場を回って問題点を探ったり盛り立てていったりすることが仕事なのに、なかにはオフィスで数字とにらめっこしているだけの人もいます。これでは上手くいく店も上手くいかなくなります。


ビル・ゲイツ

マイクロソフトでは起業家的な発想が今後もずっと大事にされるだろう。なぜなら、我々の大きな目標は「生まれ変わること」だからだ。我々の製品に取って代わる製品を生み出すのは、他社ではなく我々自身でなければならない。


松井忠三

残業をなくすことを目的に「18時半以降は仕事禁止」というルールを設けました。時間が来たら、社内の電気を消して回るのです。限られた時間内で仕事を済ませなくてはならないので、社員たちは効率アップを目指す。自主性、積極性、独自のアイデアが、こうしたところからも生まれてきます。


佐藤達雄

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。