名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉野孝行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉野孝行のプロフィール

吉野孝行、よしの・たかゆき。日本の経営者。ネットワンシステムズ社長。高校卒業後、日本電気エンジニアリング(のちのNECフィールディング)に入社。その後、東京エレクトロン、米国フォアシステムズ、などを経て日本シスコシステムズに入社。同社常務を務めたのち、ネットワンシステムズ顧問を経て社長を務め経営改革を行った経営者。その他、ネットワンパートナーズ社長なども務めた経営者。

吉野孝行の名言 一覧

独立系のネットワンシステムズではメーカーにこだわらず、グローバルの有望技術をいち早く取り入れることができます。その機動力が当社の強みなのです。


在宅勤務やフレックスタイム導入などのワークスタイルの改革は、自ら試すという当社の特徴である先駆的精神の表れともいえます。「最新の機器をどう使えば効果があるのか」、お客様にマッチしたシステム設定と優れた機能を引き出すための高度な調整能力が重要です。そのために「自ら試す」のです。


時代は大きく動いています。人も組織も、そしてテクノロジーも。ネットワンではお客様に最適なICT(情報コミュニケーション技術)とその利活用の手段を提供すべく、今後とも全力で走り続けるつもりです。


当社は海外のネットワーク機器を他に先駆けて国内に導入した会社として知られています。そして、供給サイドとお客様との間に入り、適切な情報開示を行いながら、有効なソリューションを構築していく。これこそが、いわば非製造業である私たちの使命であり、そしてお客様に対する価値だと考えています。


当社ではすでにテレワーク(在宅勤務制度)を導入し、さらにはフレックスタイム制度もスタートさせました。オフィスや外出先、自宅など、社員が場所や時間にとらわれることなく、自己管理でワークスタイルを選択できるようにしたのです。この実現に寄与したのが、「いつでも、どこでも、どんな端末でも自分のPC環境を使えるシステム」、そして電話やメール、在席情報やビデオ会議などのコミュニケーション手段を統合して使い勝手を良くした「新しいコラボレーションツール」です。


ITの再定義が必要だというのが私の考えです。ITを今でも高度な計算機やデータの倉庫ととらえる方が、経営者の中にいらっしゃいます。私たちはICT(情報コミュニケーション技術)と称しているのですが、ITはいまや社員とお客様双方のコミュニケーションを改善する強力なツールなんです。


お客様を訪問しますと、ITに関して必ず言われます。「ITは高いね」という鋭い指摘です。これに対する私の答えはいたってシンプルです。「おっしゃる通り高いです。だからこそ、早く投資を回収し、さらに投資効果を定量的に把握することが経営者の仕事です」と。


企業の継続的な発展のためには、いま一度事業視点を置き換え、成長戦略を明確にすることが必要です。市場の成長率が鈍化する兆しがあれば、次の事業展開へ布石を打つのは、当然のことです。お客様の経営改善、事業効率化のために私たちに何ができるのか。それを本気で考えていくと、やるべきことは見えてくるものです。


日本は昔から海外渡来の文物を芸術にまで高める技術に秀でていました。陶磁器もそうですし、近年の自動車、家電にしても同様です。我が国が誇る匠のDNAには、そんな応用技術の粋が根っこに刻み込まれています。私たちの目指すゴールは匠の世界にあります。


吉野孝行の経歴・略歴

吉野孝行、よしの・たかゆき。日本の経営者。ネットワンシステムズ社長。高校卒業後、日本電気エンジニアリング(のちのNECフィールディング)に入社。その後、東京エレクトロン、米国フォアシステムズ、などを経て日本シスコシステムズに入社。同社常務を務めたのち、ネットワンシステムズ顧問を経て社長を務め経営改革を行った経営者。その他、ネットワンパートナーズ社長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

ビジネスチャンスをつかむには、最初が肝心です。私が思いついた高級ホテルの専門予約サイトを成功させるには、まず大物ホテルに登録してもらう必要があったのです。そうすると、次の大物ホテルにも入ってもらう可能性が高まる。つまり、チャンスがチャンスを呼び込むのです。


池谷裕二

いまの状況はずっと続くのではなく、いずれ終わると考えておくと、いざ変化が訪れたときに、固執することがなくなります。


養老孟司

本は知識を得るために読むものだと考える人が多いと思います。そうではなく、考えるために読む。


三田聖二

利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。


坂東玉三郎(5代目)

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


胡厚崑(ケン・フー)

ICT(情報通信技術)の分野は非常に幅が広く、様々な事業が可能ですが、我々は「よりつながった世界」という目標に向かって事業を集中させてきました。


有本隆浩

バブル崩壊後、「次はこれでいこう」と発想したのが人材紹介、それも「管理部門特化型の人材紹介」。世間では景気後退で、大手企業が大規模なリストラに踏み切っていました。真っ先に対象になったのが管理部門。総務、人事、経理、法務などの人材です。普通ならそこに特化しても需要がないと思うでしょう。しかし、私は絶対にビジネスチャンスがくると読んでいました。


岩田松雄

留学したときに勉強になったのはMBAの理論もさることながら、日本ではみることのできない多様な価値観でした。キャリアも多様で、アフリカで看護師をしていた女性がビジネスに目覚めてMBAを取得し、シリコンバレーで起業するといった事例が、そこかしこにありました。「会社のレールを踏み外さないことが大事」という日本の感覚とは大きく異なる世界を知ったのです。のちに転職を決めた際、当時はまだ珍しかった外資系企業を選んだのも、この体験が背景にありました。


澤口俊之

いま、すべきことは何か。成し遂げたい目標がはっきり見えれば、余分なことを遮断し、しなくてはいけないことに集中できる。


茂木健一郎

職場内で尊敬する人とか、手本にする人を見つけることは大事ですよね。ミラーニューロンという神経細胞が脳にはあって、関心のある人を見ているだけで、その人の行動や言動を脳の中で再現すると言われています。無意識にマネをするというわけ。オーバースペックで面白い人って必ず職場にいるから、まず見つけて手本にすること。


高城幸司

つまらない話や、好感を持てない人との会話を望む人はいません。ですから、つまらないと感じれば明確にそのサインを出すはず。硬い表情や、時計を見る動作は、会話がうまくいっていない証拠。逆に、相手の口角が上がり、こちらを見てうなずいていれば、距離が縮まり、場が温まった証拠です。


吉永泰之

私なんてつねに「ふざけるなよ!」って思いながら仕事をしているタイプです。若い頃は上司ともよく喧嘩をしましたし、仕事がバカバカしくなって辞めようと思ったことも何度もあります。いつでも転職できるようにしておこうと思って、若いとき、自分の市場価値を調べにいったこともありますよ。