名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉野信吾の名言

twitter Facebook はてブ

吉野信吾のプロフィール

吉野信吾、よしの、しんご。日本のプロデューサー。日本の男性向けファッション雑誌・情報誌『POPEYE』編集者を経て独立。商業施設や飲食店舗の設計プロデュースを数多く手がけた。著書に『取材が来る店 いままで誰も書かなかった「メディアから見た店」とは!』。

吉野信吾の名言 一覧

制約があればこそ人間の創造力は豊かになる。


電気、水道などのライフラインが守られているなら、悲観することはありません。貧乏でも、それはいまだけの一時的な資金不足の状態と捉えることです。


お金がないとグチをこぼし、安酒を飲んで他人にからむような人に、誰が好感を抱くでしょうか。苦しい時代、辛い時にこそ身の処し方を考え、現状を肯定的に捉える生き方が大切なんです。


大切なのはお金があるか、ないかということではありません。お金があっても貧相に見えたり、また下品な人もいます。要するにお金がある、無しにかかわらず、人間的に魅力があるか、見識、教養があるか、といったことが大切なのです。


いまでは大金持ちになった人も、もとはといえば貧困から成り上がり財をなした人が多い。逆に巨万の富を相続しながら没落する人もいます。つまり、貧富とは表裏一体の関係にあるもの。時計の振り子と同じで、貧しい体験をすることによって、これから裕福になれる可能性と、その経験が利き、バネとなって知恵と忍耐力と想像力を生むのです。


吉野信吾の経歴・略歴

吉野信吾、よしの、しんご。日本のプロデューサー。日本の男性向けファッション雑誌・情報誌『POPEYE』編集者を経て独立。商業施設や飲食店舗の設計プロデュースを数多く手がけた。著書に『取材が来る店 いままで誰も書かなかった「メディアから見た店」とは!』。

他の記事も読んでみる

奥田碩

私は2000年から2010年というのは一つの節目になるだろうと考えていますが、この10年で日本社会が大きく変わるとすれば、もはやその4年目か5年目にきている。そういう風に理解した方がいい。それが達成された暁には、経済成長率が2.3%に戻り、失業率は3%ぐらいに落ちるという強い日本が戻ってくるに違いない。


窪田良

今や、たった一人の発想から始まった事業でも、仲間やお金を集めて、挑戦しやすい環境が整ってきた。面白い時代ですよ。


小田玄紀

米エアビーアンドビーの進出によって民泊が広がると話題になったので、民泊関連を手掛けようと思ったのですが、途中で風向きが変わった。「民泊は違法」という見解が出てきたので、「何か違うビジネスができないか」と考えました。そこで気が付いたのは、民泊の価格はそれほど安いわけではない。にもかかわらず民泊が選ばれているのは、既存のホテルでは対応できない需要があるからではないかと思い至りました。例えば、5人家族の場合、既存のホテルでは3部屋とかに分かれて泊まらなければならなかったりする。また、海外の方は長期に滞在する人も多い。そうした人たちのニーズの受け皿が民泊しかないからブームになっているのではないか。そうしたニーズに応える宿泊施設を造れば、利用が広がるだろうと考えて方向を転換しました。


西澤ロイ

自分にダメ出しせず、まずはゆっくりと楽しむペースでいきましょう。「上達」という結果は、英語というマラソンを続けられると実感してから意識すれば十分です。


江川達也

無能な教師たちが「ゆとり」を「怠けること」と勘違いしたものだから、効果があがらないばかりか、基礎学力の低下まで招いてしまった。


大坪勇二

完全歩合制の保険営業マンになって、最初は目を疑いましたよ。何せ1か月の給料が1655円しかなかったんですから。もっとも、数か月後には大口契約が連続。月収は1万倍の1850万円になりました。何を変えたか? 大量行動したんですよ。


野口敏(話し方)

奥さんが旦那さんに「あなたは私の話を全然聞いてくれない!」と責める話をよく聞くでしょう。あれも、旦那さんはただ聞いているだけで、反応をしていないのが原因です。奥さんからすれば、自分の気持ちをまったくわかってくれていないと感じるのです。


岡田武史

自由なところから自由な発想って出ない。何か型があるから、それを破って驚くような発想が出るんじゃないか。


橘俊夫

「お前しかおらんねんから頑張れ!」と言われるのと、「まぁ頑張ってみい。それで良かったら引き上げたるわ」と言われるのとでは、人を育てるうえでは大きな差になる。


北島康介

様々な人から得られるものを吸収して進化したい。アプローチを考えるうえで、多くの人の意見を聞くことを大切にしています。信頼している人でも頼りすぎると、ほかの声が聞こえなくなる。固定観念にとらわれるのは、自分をマネジメントするうえで最も怖いことだと思うんです。