名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉野信吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉野信吾のプロフィール

吉野信吾、よしの、しんご。日本のプロデューサー。日本の男性向けファッション雑誌・情報誌『POPEYE』編集者を経て独立。商業施設や飲食店舗の設計プロデュースを数多く手がけた。著書に『取材が来る店 いままで誰も書かなかった「メディアから見た店」とは!』。

吉野信吾の名言 一覧

制約があればこそ人間の創造力は豊かになる。


電気、水道などのライフラインが守られているなら、悲観することはありません。貧乏でも、それはいまだけの一時的な資金不足の状態と捉えることです。


お金がないとグチをこぼし、安酒を飲んで他人にからむような人に、誰が好感を抱くでしょうか。苦しい時代、辛い時にこそ身の処し方を考え、現状を肯定的に捉える生き方が大切なんです。


大切なのはお金があるか、ないかということではありません。お金があっても貧相に見えたり、また下品な人もいます。要するにお金がある、無しにかかわらず、人間的に魅力があるか、見識、教養があるか、といったことが大切なのです。


いまでは大金持ちになった人も、もとはといえば貧困から成り上がり財をなした人が多い。逆に巨万の富を相続しながら没落する人もいます。つまり、貧富とは表裏一体の関係にあるもの。時計の振り子と同じで、貧しい体験をすることによって、これから裕福になれる可能性と、その経験が利き、バネとなって知恵と忍耐力と想像力を生むのです。


吉野信吾の経歴・略歴

吉野信吾、よしの、しんご。日本のプロデューサー。日本の男性向けファッション雑誌・情報誌『POPEYE』編集者を経て独立。商業施設や飲食店舗の設計プロデュースを数多く手がけた。著書に『取材が来る店 いままで誰も書かなかった「メディアから見た店」とは!』。

他の記事も読んでみる

北島義俊

新しい分野へ出ていくのはリスクもあるわけですから、それら(新規事業)を最初にやったときには、社内にも随分反対があったらしいです。それでも印刷の領域を広げていったことが、今日につながっています。


高原真由美(髙原真由美)

様々な整理術の本があっても、実は自分に適した方法でなければ、それは仕事にとっても非効率な環境。自分の本来の能力を発揮しきれないデスクにずっと身を置き続けていることになります。


細川護煕

画一的な教育から脱し、学校も子供も自由な発想で競争させた方がいい。似た人材を大量生産しても、どうにもならないですから。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

特別なイベントが控えているからといって習慣を変えるのはリスキー。特別な日だからこそ、いつも通りに過ごすことが重要。


前川孝雄

職場に女性管理職がいても、「あの人は子供がいないから」「あの人は親が育児に協力してくれるから」などと、自分と違う点を探してしまう女性は多い。結局、完璧なロールモデルはいないのです。ですから私は、ベンチマークモデルを提案したい。男性・女性を問わず、お手本になる部分をつまみ食いして、「部下との接し方はこの人を真似てみよう」「家庭との両立の仕方はこの人から学ぼう」というように、自分なりのベンチマークを設定すればいい。


上田準二

リーダーにはロジカルな知性が必要不可欠です。しかし、組織集団を動かすには、論理だけでは行き詰ります。どうしても部下のモチベーションが課題になるからです。そんなときには、部下の個性に合わせて評価を与え、心に訴えかけるのです。仕事には人情が大事だと思ってやってきました。


鈴木英敬

政治家の仕事とは、政策や法律を作ることです。しかし、官僚時代は、仕事を官僚に丸投げする政治家を何人も見てきました。一方、「日本を変えたい」という政治家がいても、官僚が足を引っ張る光景も見てきました。政治家になったのは、社会を少しでも早く変えることができる可能性に懸けたからです。


永持孝之進

危機に際し、メーカーとして開発の必要性をトップはもちろん、一般の技術開発部員も真剣に考えているかが、その会社の本当の意味でのリストラになってゆくのです。


高田純次

「なんで俺はダメな人間なんだ」。そんなふうに思いはじめたらキリがない。それよりもはじめから、「イチローだって7割近くは失敗する。3割成功すれば一流なんだから」と思った方が気が楽になる。


荻原浩

39歳の時に小説を書きはじめたんですが、一度、断念してるんです。コピーライターという短距離専門のランナーが、いきなりマラソンを走ったようなもんですから。長いものを書くのがこんなに大変だとは思っていませんでした。翌年、なんとか原稿用紙で100枚書いたところで、「公募ガイド」という雑誌を見て。ノンジャンルの長編で一番締め切りの近かった「小説すばる新人賞」に応募することに決め、事務所に泊まり込んで書き上げたんです。だから受賞が決まり、『オロロ畑でつかまえて』が本になったときは嬉しかったですよ。事務所の応接間に飾って、客に自慢しようって(笑)。


高橋誠(経営者)

「IoT世界基盤」という考え方は、トヨタさんと進めていたグローバルなネットワークづくりから始まった。お客様がIoTで海外進出する際、新たなネットワーク構築には大きな労力がいる。幸いにも、我々は多くの海外キャリアと良い関係にあり、我々と契約していただくことで、世界のネットワークと一挙に接続できる。


庄野直之

狙いどころをきちんと決めて、仕事をすることが大切。