名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉野俊昭の名言

twitter Facebook はてブ

吉野俊昭のプロフィール

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

吉野俊昭の名言 一覧

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


現在は医薬品以外に、化粧品、食品などの事業を行っていますが、どの事業でも、薬品の研究開発で培った経験と技術が「よろこビックリ(喜びと驚き)」の素になります。化粧品でも食品でも、ただ飾るだけ・食べるだけではなく、肌や健康のための機能を加えることで、ロート製薬が手掛ける意味が出てくるのです。


創業以来の経営理念は不変ですが、具現化するための表現方法は、時代によって変わります。ロート製薬のいまのコーポレートスローガンは、「よろこビックリ誓約会社」です。ちょっと軟派な印象を受けるかもしれませんが、「よろこビックリ」は「喜びと驚き」であり、それを生み出すことを約束する会社であり続けるという、そんな意味が込められています。


私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


吉野俊昭の経歴・略歴

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

日覺昭廣

ユニクロには商品企画やマーケティングのプロフェッショナルがいて、東レの技術陣への要望は非常に厳しい。東レの営業担当者に「こういうものを作ってくれ」と言われても、技術陣は「そんなものは作れません」と答えて話は終わってしまうかもしれませんが、パートナーの担当者からの要望には応えないわけにいきません。社外のプロと社内のプロの妥協のないぶつかり合いから、新しい価値が生まれるのです。


アルバート・アインシュタイン

偉大な人々は、常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。


大塚俊彦

大切にしたいのが、「分かりやすい会社」であることです。昔なら「EMCと言えばストレージ(外部記憶装置)」と答える人が多かったと思いますが、今はそれだけではありません。「よく分からないけど、ハードもサービスもある会社」といった印象になってしまわないよう、EMCのサービスで顧客はどんなメリットがあるのか、どんなビジネス課題を解決できるのか。ITがどんどん複雑になるからこそ、営業などのシーンでこの点を分かりやすく顧客に訴求していきたい。


クルト・ボック

目的地へのアプローチはひとつだけではありません。目的地に到着したら次の目的が見つかるかもしれない。


俣野成敏

上司が質と量のどちらを重視するのかを知っておくことも大切です。仕事は量を追求すれば質が落ち、質を求めれば量が減る傾向にあります。上司の期待に沿った仕事をするには、上司が求めるバランスを知ることも必要です。


鎌田實

父から「うちみたいな貧乏な人間が、どんな思いで医者にかかっているのかを忘れるな。それだけは約束してくれ」と言われました。この言葉は医者になった僕の根っこにずっと残っています。


上條努

おいしくなければ誰も振り向いてくれない。


早川種三

企業の倒産を招く原因の多くは、経営者の怠慢です。利己的な経営や放漫経営が会社のタガを緩め、社員の勤労意欲をなくさせているケースが多いのです。上から下まで自己主張にばかり明け暮れているから倒産するのです。みんなが自我を捨て、滅私の努力をすることによって会社あるいは社会が成り立っているのであり、ひいてはそれが自分のためになるのです。


村口和孝

顧客候補に対して、商品の無理解を批判しないで、真摯に商品を使って頂き、価値を感じて頂くよう、必死で販売努力をする事である。この努力と学習なく、事業が勝手に立ち上がるなどという奇跡は起こったためしがない。


田口弘

ベンチャーはアイディアや思いつきだけでは成功しません。競争激しい世界で勝てる新しいビジネスモデルでなくてはいけない。