名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉野俊昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉野俊昭のプロフィール

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

吉野俊昭の名言 一覧

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


現在は医薬品以外に、化粧品、食品などの事業を行っていますが、どの事業でも、薬品の研究開発で培った経験と技術が「よろこビックリ(喜びと驚き)」の素になります。化粧品でも食品でも、ただ飾るだけ・食べるだけではなく、肌や健康のための機能を加えることで、ロート製薬が手掛ける意味が出てくるのです。


創業以来の経営理念は不変ですが、具現化するための表現方法は、時代によって変わります。ロート製薬のいまのコーポレートスローガンは、「よろこビックリ誓約会社」です。ちょっと軟派な印象を受けるかもしれませんが、「よろこビックリ」は「喜びと驚き」であり、それを生み出すことを約束する会社であり続けるという、そんな意味が込められています。


私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


吉野俊昭の経歴・略歴

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

國分文也(国分文也)

嫌な仕事は責任をとる人間が行う。問題が起きれば謝りにいくのは責任者の仕事で、社長の「しゃ」は「謝」でもあると思っている。


枡野俊明

相手の意見を聞く時も、相づちを打つだけでなく、「それはこうですよね」と相手の言葉を繰り返す。そうすると、相手も「私の話を聞いてくれている」という気持ちになります。そのうえで「私の視点ではこのようなことも考えられます」と言えば、しこりが残るやり取りにはならないはずです。


林野宏

大変でしたが、初めての挑戦でしたから、当たり前のことでした。


ヒラリー・クリントン

私はどこに助けを求めればよいのかわからなかった。そこで逆境に直面した時にしばしば使う手を使った。あれこれ考える暇がないように、自分を超多忙なスケジュールに投げ込んだのだ。


山名昌衛

外国人うんぬんの前に、日本人としっかり信頼関係をつくって、コミュニケーションができなかったら、外国の人たちとコミュニケーションできるはずがない。だから、立ち戻れば、どういう人間かということに尽きる。


いっこく堂

7年くらい前に、技術を囲っていると自分が伸びないと感じました。だったら手放そう、技術を公開していこうと。僕と同じようにできる人が出てきたら、追いつかれないようにもっと上を目指すだろうし、自分を甘やかさず、とことん追い込むことができるはず。そう決めてからまた、初心に戻って頑張れるようになりました。


いつか(エッセイスト)

女性活躍推進法が施行され、女性の環境は改善されました。でもそれに甘えて満足していてはいけないと思うんです。問題に対しては「間違っている」と主張し、自ら権利を勝ち取っていくという姿勢があって、初めて女性が活躍できる社会ができるのだと思います。


山下孝一

大事なことは社長が自分で決めなくてはいけません。最終責任はたった一人、社長のみ。責任がある人間に決定権があるのです。これは明確です。


福原賢一

自然発生的なクチコミに勝るブランド形成はない。


松下幸之助

どんなに完備した組織を作り、新しい手法を導入しても、それを活かす人を得なければ成果も上がらず、企業の使命も果たせない。企業が社会に貢献しつつ、自らも隆々と発展していけるかどうかは、一にかかって人にある。


クリス・アンダーソン

フリー経済はプロとアマを同じ土俵に上げる。より多くの人が金銭以外の理由でコンテンツをつくるようになれば、それを職業としている人との競争が高まる。それらすべては、出版事業に携わることがもはやプロだけの特権ではないことを意味する。


早川徳次

人に真似される商品をつくれ。