吉野俊昭の名言

吉野俊昭のプロフィール

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

吉野俊昭の名言 一覧

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


現在は医薬品以外に、化粧品、食品などの事業を行っていますが、どの事業でも、薬品の研究開発で培った経験と技術が「よろこビックリ(喜びと驚き)」の素になります。化粧品でも食品でも、ただ飾るだけ・食べるだけではなく、肌や健康のための機能を加えることで、ロート製薬が手掛ける意味が出てくるのです。


創業以来の経営理念は不変ですが、具現化するための表現方法は、時代によって変わります。ロート製薬のいまのコーポレートスローガンは、「よろこビックリ誓約会社」です。ちょっと軟派な印象を受けるかもしれませんが、「よろこビックリ」は「喜びと驚き」であり、それを生み出すことを約束する会社であり続けるという、そんな意味が込められています。


私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


吉野俊昭の経歴・略歴

吉野俊昭、よしの・としあき。日本の経営者。ロート製薬の社長。静岡県出身。甲南大学法学部卒業後、ロート製薬に入社。執行役員ヘルスケア第一営業部長、取締役、ヘルスケア事業本部長、マーケティング本部長、東京支社長、常務などを経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤原和博

右肩上がりの成長時代が終わったいま、みんなで幸せになれる成功モデルはなくなりました。成熟社会では、個人がそれぞれの価値観で独自の幸せを追求しなくてはなりません。いわば正解のない時代なのです。


嶋浩一郎

パソコンやスマートフォンアプリにアイデアのネタをストックする人が最近増えていますね。その場合、企画を考える際はアイデアの出そうなテーマや語句を毎回検索することになるでしょう。するとそこで見つかるのはその目的物、つまり「望んだ範囲内」の情報となります。対して、手書きのノートをざっとめくると、目的以外の情報がどんどん目に入ってきます。望んでいた以上に、発想を広げることができるのです。検索性の高さはデジタルのほうが上ですが、一覧性とそこから生まれる偶発性は、アナログならではの強みですね。


清水宏保

運動をする人によく言う言葉が「患者学を身に付けなさい」です。自分の体と向き合うことが、病気なり、ケガを改善して仕事への活力を生む第一歩だと思っています。


本多静六

何事に成功するにも、理性を持って感情を抑えることが極めて重要である。しかし、場合により、理性はどこまでも曲げてはならないが、その理性をむきだしに現さないで、愛嬌というか、人情というか、ともかくそうしたたぐいの衣装を着せて出すことが必要である。言葉を換えて言えば、幾分か理性を抑えて情に負けることが大切である。


佐々木大輔(経営者)

freeeが成長し続けている理由は3つ。

  1. 最新テクノロジーを貪欲に使い、運用イメージを常に考える。
  2. 顧客の要望をダイレクトに受け止めず、真の課題の解決に取り組む。
  3. 利用データをもとに問題点を把握し、改善スピードを高める。

いっこく堂

結局、人生は山あり谷あり。ずっとご機嫌に見えている人だって、そんなことはないわけですよ。自分を甘やかすことなく、何事も受け入れて、前を向き続けるしかないのです。


角川春樹

映画参入当時は日本映画の冬の時代。洋画はともかく、邦画の上映では観客もまばら。成功するはずがない、という声も多々ありました。しかし、私は気にしなかった。もとより、時代に合わせてものをつくる気はない。自分の手で時代をつくりたかったからのだ。


弘兼憲史

部下との関係が密に保たれていると、何を悩んでいるのかどこに問題を抱えているのかなどが見えてくるはずだ。そうなれば、さりげなくアドバイスもできるだろう。ぼくが知っている魅力的な上司というのはみんな人間通だ。しかし、退職して一気に生彩を欠いてしまった人もいる。そんな人たちを見てつくづく思うことがある。それは継続は力なりということだ。失敗を繰り返し億劫がらずに人間関係の中にまみれている間だけ魅力的な人間通の上司でいられるのだろう。


鵜澤静

新規事業を行なっていくにも、事業性を見極めることが非常にむずかしい。我々も「時代の要請に応える」という言い方をよくするが、商品投入のタイミングが早すぎるとマーケットがなく、反対にわずかでも遅れたら、勝負は負けである。


三浦雄一郎

夢があるから頑張れた。


羽生善治

タイトル戦であと一回負けたらタイトルを失う状態をカド番といって、昔はカド番のたびにプレッシャーを感じていました。でも、いまは慣れてきて、「もし負け越したら次に勝ち越して返り咲けばいいや」と考えられるようになった。もちろん負けないために全力を尽くすのですが、気持ちはとても楽観的です。


林野宏

やっぱりダイバーシティーのチームをつくることが肝心ですね。他社での経験がある人を集めてくる。よそでの経験が生きるし、違う意見が出てきます。だから女性の意見を尊重することです。その女性もなるべく複数の企業を経験していたほうがいいですね。


大竹美喜

洪水のような情報に流されないよう、その情報を信じていいかどうかの判断基準をしっかり磨いてください。そして多くの人脈や情報源を持って、真実を確認することが大切です。


青柳俊彦

地域とJR九州は運命共同体。九州が元気になれば、企業も成長できます。そのためにもアイデアをどんどん提案していきます。


ケリー・マクゴニガル

同僚と信頼関係を築く最も簡単な方法の1つは、「相手の話を確かに聞いていた」と、相手に示すことです。イベントに行く予定だと相手が話していたなら、どうだったか、後日、確認してみてください。新しいプロジェクトについて話していたなら、どう進んでいるか、聞いてみてください。朝からストレスがたまっているようだったら、午後にちょっと寄ってみるか、メッセージを送って、「どんな具合か」尋ねてみてください。シンプルに聞こえるでしょうが、こうしたフォローが、すぐに忘れ去られてしまう会話と、後々まで信頼関係を築くための社交上の「ほんのちょっとした休憩(会話)」との間に、大きな違いを生むのです。


ページの先頭へ