名言DB

9413 人 / 110706 名言

吉野俊彦の名言

twitter Facebook はてブ

吉野俊彦のプロフィール

吉野俊彦、よしの・としひこ。日本の経営者。山一證券研究所理事長。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。調査局長を経て理事に就任。その後、山一証券経済研究所理事長に就任。エコノミストとしても活躍。

吉野俊彦の名言 一覧

物価の安定と経常収支の均衡を阻害しない限り協力するが、この二つの条件を満たさない事態が生ずる場合には、成長率を鈍化させる必要がある。


吉野俊彦の経歴・略歴

吉野俊彦、よしの・としひこ。日本の経営者。山一證券研究所理事長。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。調査局長を経て理事に就任。その後、山一証券経済研究所理事長に就任。エコノミストとしても活躍。

他の記事も読んでみる

吉田知明

学生時代、家庭教師で担当した生徒の成績が上がったら、保護者が涙を流して喜んでくれた。自分の仕事に対して、他人が涙を流してくれる経験は、そんなにあるものではありません。この仕事をしていると、何度でもその機会があります。


クリスティン・エドマン

当社では最低でも年1回、2週間の長期休暇がありますが、それができるのは部下全員が休めるように、マネージャーが計画的にバランスよく仕事を割り振っているからです。H&Mでは部下が休みなく働いていると、ダメな上司とみなされますからね。また、部下の残業が多いマネージャーは、成果を挙げていても評価されません。だからどのマネージャーも、本気で職場の効率化に取り組むのです。加えて、各メンバーもお互い休みが取れるように助け合っています。休むときは、ほかの人がフォローしてくれる。みんな休みを取りたいですからね。お互いさま、ということで手伝ってくれます。


石田宏樹

イノベーションを起こし、この社会を変えることが、ベンチャー企業が存在する意味でもある。


梅原勝彦

経営者が常に社員のことを思っていれば、社員にも気持ちが通じますから、「社員は会社を守る」というごく当たり前のことができる。このように経営者と社員の気持ちがかみ合っている会社は強いのです。だから、大切にすべきは一にも二にも社員。私はそう思っています。


原島純一

物件を借りるなら、事業計画がやはり重要です。飲食店なら席数や回転率なども考えた現実的な収支計画を作成しなければ、家賃も払えないことになるのです。席数を増やす、回転率を上げる、価格を下げる、単価の高いもので勝負する、減価率を下げる、人件費を減らすなど、どこをいじれば利益が出るのかまで考えることがポイントですね。


黒田武志

自身の想いとしては、単なる中古という切り口ではなく、モノを所有するのではなく要る時だけ利用するというライフスタイルの転換を提案していきたいのです。所有価値から利用価値とでも言えばいいでしょうか。


田中史朗

外国人選手のすごいところは、体が痛い、骨にヒビが入っているという状態でも、試合になったら集中力でカバーしてしまい、チームのために体を張る。チームに貢献したいという覚悟が違います。そして、その覚悟の違いはそのまま代表チームに対する思い入れの差になっていくんです。


見城徹

見城と仕事をすると自分の仕事がもうワンランク上に行くかもしれない、と感じてもらえれば成功。


小泉光臣

笑い話で言えば、私は間違った理解をしていたんですね。たとえば、日本人というのはコミュニケーションが冗長で、あえて言葉を濁すような文化があるけれど、アングロ・サクソンはそうではないと勝手に思い込んでいました。スイスのジュネーブに海外事業の本社がありましたので、買収直後は現地に行って会議なんかやるわけですよね。日本人ばかりだったら、挨拶をしてビジネスの話に入る前にちょっと雑談でもするんでしょうけど、とにかくダラダラとやっちゃいけない、と。当日は効率よく行うために、頭の中で会議のアジェンダを作りながら、ポンポンと言うべきことだけ言って「どうだ!」って。小一時間の会議を終えて出たんです。自分の中では達成感があったんですけど、後から「何だ、小泉は」と。「いつもありがとう」もなければ、前期の実績に対して「Good Job!」もなければ、「ご苦労さま」もない。いきなりしゃべってパッと帰っていった。よかれと意識してやったことが逆効果になってしまって、ものすごく落ち込みました。その後もいろいろと試行錯誤して会議に臨んでいるうちに、「そうなんだ。みんな、日本人以上に褒められたいんだ」とか、いろんなことがわかって、それで軌道修正していった。


金子靖代

お客様アンケートが大切なのは、スタッフが考える店舗や接客の改善点と、お客さまが問題だなと思う点が微妙にズレていて、完全には一致しないからです。いくらお客様の立場になって考えても、ズレが生じてしまう。それならば、お客様の生の声を聴くのが一番。


柳澤康弘

学生の起業は言ってみればノーリスクなんです。失敗しても本人にとってはプラスになりますし、成功すればもっとプラスになる。挑戦する価値は多いにある。


西澤ロイ

お勧めしたいのは、「英語を身につけてこれをやりたい」という遠い未来ではなく「目の前の教材や学習法をしばらく続けたらどのような状態になるか」と、手の届く近い未来を意識してみることです。たとえば、短い英文の読解を毎日1ヶ月続けたら、どれくらい英語力が向上しそうかを考えてみる。数年後のことは難しくても、1ヶ月程度の近い将来のことは想像しやすいはずです。そうして、その学習方法から得られる効果に納得して取り組んだ方が効果は上がりますし、1ヶ月後、以前よりも英語力が向上していることが実感できれば、英語の学習が少しずつ楽しくなっていきます。それが「もっとやってみよう」というやる気につながっていきます。


岡本和彦(経営者)

常に極めることを心がけていればいいかというと、そうとも言えません。例えば蒸気機関車の技術をどんなに極めたとしても、それを画期的に上回る移動手段として電車や自動車が出てきた時には負けが確定したはずです。極めるのか、それとも諦めるのか。時代の流れを見極めながら、そこを見抜くことが重要です。


佐々木眞一

問題は大きくなる前に「見える化」することが大事です。不正が起きたという結果ばかりを見るのではなく、もっとプロセス志向になる必要があります。業務の中身を精緻に検証して問題を見える化し、きちんと対策を打つ。良い品質は良いプロセスから生まれます。


青田嘉光

先を見据えて社会の課題に向きあわなければ、当社自身もまた成長してはいけない。中長期の視点で企業や社会の課題やニーズを見出して、当社の強みを活かしたビジネスチャンスを作りたい。