名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉野俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉野俊彦のプロフィール

吉野俊彦、よしの・としひこ。日本の経営者。山一證券研究所理事長。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。調査局長を経て理事に就任。その後、山一証券経済研究所理事長に就任。エコノミストとしても活躍。

吉野俊彦の名言 一覧

物価の安定と経常収支の均衡を阻害しない限り協力するが、この二つの条件を満たさない事態が生ずる場合には、成長率を鈍化させる必要がある。


吉野俊彦の経歴・略歴

吉野俊彦、よしの・としひこ。日本の経営者。山一證券研究所理事長。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。調査局長を経て理事に就任。その後、山一証券経済研究所理事長に就任。エコノミストとしても活躍。

他の記事も読んでみる

石川康晴

当社は店員も含めて、全社員が正社員です。創業時に同業の先輩経営者たちから、「アパレルは浮き沈みが激しい業界。会社の収益が悪化した時に備えて、店員はアルバイトとして雇っていつでも切れるようにしておくべきだよ。人は調整弁だからね」と聞いていた。だけど、僕はそうしなかった。そんな考え方では、いい人材が集まらないと思ったからです。


柏村美生

私は大学時代から「すべての人に役割のある社会を創る」という目標を持っています。多様な働き方のスタイルを生み出すことで、この大きな目標に近づけると考えています。


澤田秀雄

うちは、人のやらないことをやる。ディズニーさんもユニバーサルさんもできないテーマパークを目指しています。


小泉文明

「不得手なことの克服は目標に設定しない」のも、目標達成のコツです。苦手なことや嫌いなことで負荷がかかると、人は長続きはしません。きっと誰もが分かっているはずです(笑)。そもそも、自分の弱点に負荷をかけても、「強み」の範疇まで伸ばすのは難しい、歯を食いしばって頑張ったのに、たいがいはせいぜい「普通」止まり。骨折り損のくたびれもうけでしょう。


安永竜夫

我々はポートフォリオを入れ替えるのではなく補強していきます。既に連結で4万7000人の社員と460の会社を抱えます。グループの社員や会社が、単体の三井物産からの指示を待っていては、攻めを加速できません。それぞれが自律的に動けるようにすることで、伸びる事業をもっと伸ばしていく。


古屋大貴

全部ハッキリすること、濁さないことが大事だと思うんです。例えば、企業同士の打ち合わせで相手が大企業だと、まったく駄目な提案を受けたときでも「一度持ち帰らせていただきます」とか、言うじゃないですか。でも、一目で駄目な提案を持ち帰る必要なんて、まったくないですよね。時間の無駄というか。世の中、そんなのばっかりだと思うんですね。だから、ひとつひとつの仕事に白黒をはっきりすることが理想だと思います。そのためには、いい判断ができる自分がいなきゃならない。だから、日々の研鑽、つまり遊んでいなきゃ駄目なんですよ。


劉強東

最大の強みは偽物への対応です。我々のサイト上では100%偽物がない。それは保証します。ハイエンドで品質も良く、価格も比較的高い商品を売ることにたけています。それが消費者の信頼獲得につながっている。だから、京東のサイトでは平均客単価が高い店舗が多いのです。


新将命

入社時には、自他ともに認めるホープとして華々しくスタートダッシュをしたものの、やがて鳴かず飛ばずになり、颯爽としていた人が落ちこぼれになってしまうケースは、ビジネスの世界では珍しいことではありません。彼らは理論構成もしっかりしていて、弁も立ちます。しかし、その自信が過信や慢心になると問題です。


君塚良一

自信は持つべきだろう。しかし、ヒット作に関わったのちの自信は本当の自信ではない。勝利の法則を手に入れたという錯覚である。


草野仁

どうせアナウンサーになるのなら、他の人と同じことをしてもしょうがない。自分だけのものを作り出そうと、まず先輩たちの仕事ぶりを徹底して見ていきました。「さすがにうまいな」っていう人もいれば、「たいしたことないんじゃないか」と思う人もいましたから。そこで学びながら、思ったんです。作家に独自の文体があるように、我々の話し言葉にもその人独自の表現があっていいはずだと。


廣江研

やってみてできなければやり方を工夫する。最終的な責任は俺がとる。


吉野浩行

1日500台の車を作るために関わる人の数は5000人にのぼります。その5000人が完璧に仕事をしてくれないと、完璧な車ができない。誰か一人がボルトをゆるく締めたとしても、すぐにはわからないでしょう。しかし、出荷され、お客さんのもとで走っているうちにどこかで変な音がし出したり、やがて調子が悪くなったりするわけです。ミスは必ず起こります。だからそれを見逃さないことが大切なんです。