名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉貴寛良の名言

twitter Facebook はてブ

吉貴寛良のプロフィール

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

吉貴寛良の名言 一覧

目指すのはラーニング・オーガニゼーション。学習し、成長する組織。組織のパフォーマンスは個人のパフォーマンスの集積。社員には「あなたたち一人ひとりが学習し、同じ仕事を去年より少しでもうまくできるようにならないと、会社全体のアウトプットは変わらない」と口を酸っぱくして言っています。


上司にとって大切なことは「個」を見ること。人事制度をいくらいじっても、会社が良くなるわけではない。それよりも、Aさんという個人をしっかり見る。いいところを伸ばし、苦手なところを克服してくれるような仕事の与え方をする。それをやるのが上司であり、その上司を支援するのが人事であり経営。


トヨタには「なぜを5回繰り返す」という問題解決法があります。5回にあまり意味はなく、要はしつこく追いかけろ、という意味なんです。いつまでしつこくやるのか、といえば、ナローダウン、つまり、絞り込みが続く限り続けるということ。


自動車業界は今、ものすごいスピードで変化しています。変化が「明日の」脅威かと言われれば、答えはノーですが、「明後日」以降はどうなっているか分からない。やはり真剣に考えておかないとまずい。


いい車を作って売っているだけ、といくら主張しても、企業の問題で終わらず、最後は国同士の軋轢に発展してしまう。立場が変わると、物の見方がまるで変わることがよく分かりました。こういう形で、トヨタを外から見る経験を積めたことは次の仕事で大いに役立ちました。

【覚え書き|アメリカの弁護士事務所に出向したときを振り返って】


新会社の制度案を役員に提示すると、お前たちがそうしたいのは分かるけれど、これはこんな背景があって作られたものだから、無下に変えるわけにはいかない、と説明してもらったことがあります。制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけないということがよく分かりました。

【覚え書き|トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併プロジェクトチーム時代を振り返って】


幸いなことに、暖房器具から出るガスから二酸化炭素を抽出し、ハウス栽培している農作物にふきかけて光合成を促進する装置の開発にめどがつきました。これはクルマの排ガス処理装置向けの技術を生かしたものです。自動車向け事業では基礎固めを徹底する。一方で新規事業の育成にも励む。この2つに、腰を据えて取り組んでいきたい。


私はトヨタで生産の効率化を担当してきました。フタバは原価管理の精度向上が急務です。フタバの製品は排気系部品やボディー部品など多岐にわたりますが、製品ごとにどれだけ作れていて、売れているのか、基本的な数字の管理がおろそかになっていたのです。どう改善するのか。例えば今期から、予算はまず製造部門などの現場に立ててもらうようにしました。従来は経理部門の担当でしたが、どうしても前期比ベースでソロバンをはじいていた。モノ作りの現場が自分たちの仕事を考え、自らの責任でお金のことまで決めるようにしたのです。


吉貴寛良の経歴・略歴

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

野木森雅郁

課題に対するアプローチの仕方や表現の方法が自分の中にある常識に当てはまらないからといって、これは違うと拒絶してしまったら、それこそ何も学ぶことはできません。異質を受け入れられるということがグローバル人材の条件だといっても過言ではないでしょう。


小野田寛郎(小野田少尉)

中野学校の教官は、誰も信用するな、ただ自分の判断だけを信用しろと教えました。そう、自分の判断だけなんです、信用できるのは。


堀部篤史

実学志向で本屋に行くと、探していたものしか買わないから。それなら今はネットを検索すれば事足りてしまうわけで。知らないものを買ってみようと思うのは、今の自分以上のものになりたいということ。


出口治明

理不尽なクレームはとにかく丁寧に相手の話を聞く。よく聞いたうえで、できないものはできないとハッキリ言う。それでもダメなら上司に相談する。これが基本です。


小島忠雄

少々荒っぽくても、攻めるべきタイミングがあります。アメリカをはじめ、あちこちで揉まれてきた経験を活かして前進あるのみです。


星野佳路

もし名実ともにナンバーワンになったら、それはもう、いよいよ引退するときです。私にとってライバルの喪失は、やる気の喪失に等しい。一番になれば、思い残すことなく辞められます。


茂木健一郎

いまの大学生って社会に出て即戦力というので、必要十分な知識や能力を得ようとするのですが、そこから「はみ出した」のはムダだと考えるフシがある。たとえば車のセールスやっている人がガーデニングの知識がすごいとか。一見ムダに見えるスペック=能力がじつは重要じゃないかな。


孫正義

プラットフォーム化していくことについては、やはりどれだけ大きな絵を描くかということに尽きる。それは、勇気がいること。多くの場合、大きな絵を描くと、「ホラ吹き」と言われたり、「ドン・キホーテ」のように見られたりするので。


森田満昌

サービスを工夫してリピーターを増やせば、地域の一番館ではなく、仮に5番手や7番手であっても成長できる。


尾山基

過去、うちは「世界中でアシックスの花が咲けばいい」という考えで、ライセンスを供与して世界展開を進めてきました。それで各国が勝手にマーケティングをしていました。しかし欧州を回ったとき、愕然としたんです。オランダからドイツへ行って、フランスを回ってイタリアへ行ったら、カタログの表紙が全部違うやないかと。到着する先々の空港でアシックスのイメージが印象が変わって、はたしていいのかと。私はもともと商社にいて、ブランドのセントラルコントロールは慣れていましたから、これはあり得ないと思いました。その後、現地法人の社長を説得して、ブランドを統一していきました。