名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉貴寛良の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉貴寛良のプロフィール

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

吉貴寛良の名言 一覧

目指すのはラーニング・オーガニゼーション。学習し、成長する組織。組織のパフォーマンスは個人のパフォーマンスの集積。社員には「あなたたち一人ひとりが学習し、同じ仕事を去年より少しでもうまくできるようにならないと、会社全体のアウトプットは変わらない」と口を酸っぱくして言っています。


上司にとって大切なことは「個」を見ること。人事制度をいくらいじっても、会社が良くなるわけではない。それよりも、Aさんという個人をしっかり見る。いいところを伸ばし、苦手なところを克服してくれるような仕事の与え方をする。それをやるのが上司であり、その上司を支援するのが人事であり経営。


トヨタには「なぜを5回繰り返す」という問題解決法があります。5回にあまり意味はなく、要はしつこく追いかけろ、という意味なんです。いつまでしつこくやるのか、といえば、ナローダウン、つまり、絞り込みが続く限り続けるということ。


自動車業界は今、ものすごいスピードで変化しています。変化が「明日の」脅威かと言われれば、答えはノーですが、「明後日」以降はどうなっているか分からない。やはり真剣に考えておかないとまずい。


いい車を作って売っているだけ、といくら主張しても、企業の問題で終わらず、最後は国同士の軋轢に発展してしまう。立場が変わると、物の見方がまるで変わることがよく分かりました。こういう形で、トヨタを外から見る経験を積めたことは次の仕事で大いに役立ちました。

【覚え書き|アメリカの弁護士事務所に出向したときを振り返って】


新会社の制度案を役員に提示すると、お前たちがそうしたいのは分かるけれど、これはこんな背景があって作られたものだから、無下に変えるわけにはいかない、と説明してもらったことがあります。制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけないということがよく分かりました。

【覚え書き|トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併プロジェクトチーム時代を振り返って】


幸いなことに、暖房器具から出るガスから二酸化炭素を抽出し、ハウス栽培している農作物にふきかけて光合成を促進する装置の開発にめどがつきました。これはクルマの排ガス処理装置向けの技術を生かしたものです。自動車向け事業では基礎固めを徹底する。一方で新規事業の育成にも励む。この2つに、腰を据えて取り組んでいきたい。


私はトヨタで生産の効率化を担当してきました。フタバは原価管理の精度向上が急務です。フタバの製品は排気系部品やボディー部品など多岐にわたりますが、製品ごとにどれだけ作れていて、売れているのか、基本的な数字の管理がおろそかになっていたのです。どう改善するのか。例えば今期から、予算はまず製造部門などの現場に立ててもらうようにしました。従来は経理部門の担当でしたが、どうしても前期比ベースでソロバンをはじいていた。モノ作りの現場が自分たちの仕事を考え、自らの責任でお金のことまで決めるようにしたのです。


吉貴寛良の経歴・略歴

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水谷孝次

自分はこれがやりたいと一方的に主張するだけでは、「あいつは学生みたいだ」と一蹴されて終わりでしょう。自分の思いをカタチにするには、周囲の人にそれを受け入れてもらう必要があります。それには、どうすればこれが実現できるかというストーリーを考え、マーケティングや根回しをすることが不可欠。これもデザインなんです。


土屋裕雅

ビジネスに正解はない。私も正解は知らない。だから、「アドバイス」ではなく、「ヒント」になりそうな話をするだけにしています。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

士業のなかには、落ち目になりつつあるものも多い。IT化で仕事がなくなる可能性もある分野が増えている。間違いなくお金になると思われてきた税理士や司法書士でさえも、単に手続き業務をしているだけでは危うくなるでしょう。「資格を取れば安心」ではなく、どう活かすかが鍵になる。コンサルティング力や専門的ノウハウを磨くなど、自分通りに資格活用の戦略を立てるのがポイントです。


佐々木圭一

自分としては最高に面白い企画だと思ったとしても、相手が面白いと思ってくれなければ、企画は絶対に通りません。


東出浩教

部下のやる気を引き出すには褒めることが大切。褒めるコツは、個人ではなく、グループを褒めること。


窪田良

ただの白線の上を歩くことはできますよね。でも同じ太さでも高層ビルの上に渡った鉄骨だと思うと、足がすくんでしまいます。このように、危機だと思うとパフォーマンスは下がるのです。


澤村諭

「品質を第一とする」という企業目的を掲げるロームは、一般的な半導体メーカーとは違い、開発から製造までを一貫してグループ内で手掛ける「垂直統合型」のビジネスを展開しています。これは創業以来、大切に守り続けてきた「品質を何よりも優先する」という当社のマインドの象徴でもあります。あらゆる工程で高い品質を作りこみ、確実なトレーサビリティの実現やサプライチェーンの最適化を図ることにより、製品としての貢献だけでなく、ものづくりを通じた安心の提供もできると考えています。


宮内誠

私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。


松下幸之助

あなたは血の小便をしたことがあるか。それぐらい熱心にやらないと、そう簡単に成功するものではない。


飯田亮

若い組織でないと頭越しの指示はできません。普通の組織なら、中間管理職が「俺はそんな指示は聞いてないぞ」とグチャグチャ言ってくるに違いありません。政府の会議で座長をやっていたとき、官僚組織は絶対に頭越しの指示をしないことに気づきました。それは組織が老いているからです。


山中あき子(山中燁子)

フォークランドは軍事衝突という形で最終的な決着が付きましたから、日本にはあり得ない選択肢ですが、領土を守ることがどういうことか、というヒントはある気がしますね。国の姿勢がきちんと相手に伝わる努力をして、国際社会にも訴えるということです。


中村芝翫・8代目

大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。