吉貴寛良の名言

吉貴寛良のプロフィール

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

吉貴寛良の名言 一覧

目指すのはラーニング・オーガニゼーション。学習し、成長する組織。組織のパフォーマンスは個人のパフォーマンスの集積。社員には「あなたたち一人ひとりが学習し、同じ仕事を去年より少しでもうまくできるようにならないと、会社全体のアウトプットは変わらない」と口を酸っぱくして言っています。


上司にとって大切なことは「個」を見ること。人事制度をいくらいじっても、会社が良くなるわけではない。それよりも、Aさんという個人をしっかり見る。いいところを伸ばし、苦手なところを克服してくれるような仕事の与え方をする。それをやるのが上司であり、その上司を支援するのが人事であり経営。


トヨタには「なぜを5回繰り返す」という問題解決法があります。5回にあまり意味はなく、要はしつこく追いかけろ、という意味なんです。いつまでしつこくやるのか、といえば、ナローダウン、つまり、絞り込みが続く限り続けるということ。


自動車業界は今、ものすごいスピードで変化しています。変化が「明日の」脅威かと言われれば、答えはノーですが、「明後日」以降はどうなっているか分からない。やはり真剣に考えておかないとまずい。


いい車を作って売っているだけ、といくら主張しても、企業の問題で終わらず、最後は国同士の軋轢に発展してしまう。立場が変わると、物の見方がまるで変わることがよく分かりました。こういう形で、トヨタを外から見る経験を積めたことは次の仕事で大いに役立ちました。

【覚え書き|アメリカの弁護士事務所に出向したときを振り返って】


新会社の制度案を役員に提示すると、お前たちがそうしたいのは分かるけれど、これはこんな背景があって作られたものだから、無下に変えるわけにはいかない、と説明してもらったことがあります。制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけないということがよく分かりました。

【覚え書き|トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併プロジェクトチーム時代を振り返って】


幸いなことに、暖房器具から出るガスから二酸化炭素を抽出し、ハウス栽培している農作物にふきかけて光合成を促進する装置の開発にめどがつきました。これはクルマの排ガス処理装置向けの技術を生かしたものです。自動車向け事業では基礎固めを徹底する。一方で新規事業の育成にも励む。この2つに、腰を据えて取り組んでいきたい。


私はトヨタで生産の効率化を担当してきました。フタバは原価管理の精度向上が急務です。フタバの製品は排気系部品やボディー部品など多岐にわたりますが、製品ごとにどれだけ作れていて、売れているのか、基本的な数字の管理がおろそかになっていたのです。どう改善するのか。例えば今期から、予算はまず製造部門などの現場に立ててもらうようにしました。従来は経理部門の担当でしたが、どうしても前期比ベースでソロバンをはじいていた。モノ作りの現場が自分たちの仕事を考え、自らの責任でお金のことまで決めるようにしたのです。


吉貴寛良の経歴・略歴

吉貴寛良、よしき・ひろよし。日本の経営者。「フタバ産業」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー副社長、トヨタ自動車常務、衣浦工場長、技術管理本部長、フタバ産業常勤顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェイソン・ダーキー

これまでの経験から、日本の人材教育について思うところがあります。今の日本企業の人材教育はうまくいっていないことが多く、だからそこにお金を使いたくないという悪循環になっています。最もお伝えしたいことは「人材教育の成果にこだわりましょう」ということです。成果が出ないのであれば、そのコストは削減してもいいくらいです。


丁宗鐵

消化吸収は、時間がきたら唾液、胃液、腸液と順序よく分泌されるようにプログラムされています。そのプログラムが狂うようなことをやると、いくらバランスのいい食事を取っても、栄養分は分解しても吸収できない。


アンデルセン

目は目を見ることができない。指は指を指すことができない。誰でも自分のことは案外わからないものだ。


神永学

僕の中では小説はゲームやマンガと同列。よく「読んでおくべき本はありますか?」と質問されますが、そんな本は一冊もありません。読書は勉強じゃない。単純に面白いから読むんです。


奥正之

振り返ってみますと、銀行で働くことで、多くの人たちとつながりができたことが、何より一番嬉しいことですし、私の財産になっています。


奥島孝康

貪欲は知識に向けるべきであり、金銭に対して向けるべきではない。欲張りはいつの世でも品性下劣として嫌がられるだけである。


中西宏明

危機感が会社を突き動かすのはせいぜい2~3年。最高益を更新し、今の電機業界では利益が安定しているという評価を受け、緊張が緩む危険を痛切に感じています。新たな目標に向けて力を高めないと、普通の会社で終わってしまう。


貝原益軒

(自分の)身に奉ずること薄きを倹約とし、人に奉ずること薄きを吝嗇(りんしょく)とす。


鈴木貴子(経営者)

5月に600人以上の社員を集め、商品や仕事で「聞いて分かる、見て分かる、使って分かる」を追求しようと強調しました。


犬塚尚美(悠木そのま)

仕事の流れを簡単なフロー図などにして、手順を見える化すれば、作業の順番をいちいち考えたり、すべきことを思い出したりせずに済みます。


伊藤信吾

僕は、あくまでクリエイターです。自分の作り出したものを世の中に問いたいから起業した。経営者がクリエイターでなくなったらそこで終わりだと思う。トップの僕が社内でも一番創造的なアイデアを持ち続けていたい。


出口治明

3年後や5年後にはあまり興味がありません。私が考えているのは、100年後の世界一だけです。


小宮山宏

要は「混ぜる」ということです。もっと高齢者や女性が参加して男性と対等に行動すると。高齢者は日本独特の人的資産ですし、外国人の参加もまだまだ少ない。それらをどうやって混ぜるかです。


篠原菊紀

部下への指示は、「まずこれ、次にそれ、最後にあれ」と3つにすること。それ以上は「たくさん」としか認識されず、どれから手をつけるか悩んでしまいます。逆に確実にと思ってひとつだけ与えると、単純すぎて飽きてしまう。


松井稼頭央

また新たなシーズンが始まります。「昨年よかったから今年もいい」わけではありません。気を引き締めて、今年もチャレンジャーとして戦いたい。


ページの先頭へ