名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉行淳之介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉行淳之介のプロフィール

吉行淳之介、よしゆき・じゅんのすけ。小説家、エッセイスト。「驟雨」(芥川賞)、「不意の出来事」(新潮社文学賞)、「暗室」(谷崎潤一郎賞)、「鞄の中身」(読売文学賞)、「夕暮まで」(野間文芸賞)、その他の名作を多数残した

吉行淳之介の名言 一覧

若者にとって、酒は大人への勲章である。だから、むやみに飲む。大量に飲むほど大人に近づけたような錯覚がある。反吐を吐き、乱暴狼藉を働き、大声で泣きわめいたりする。それでよい。失敗を恐れないのが若者の特権である。醜態を演じるのが若者であるとも言える。


男と女が一緒に暮らしてゆくために必要なものは、情熱でもなく、肉でもなく、それは忍耐に違いない。相手の現在をきらめく光が取り囲んでいたとしても、それはやがては消え去って、地肌の醜い部分が露出してくる。それにたじろがずに見つめ、自分の中に消化しようとする。しかし、消化しきれない部分が常に残り、絶え間ない違和感と生ぬるい苦痛とを与えてくる。それを忍耐することが、男と女が暮らしてゆくために最も大切なことだ。


私は自分の持病と一生連れ添う覚悟を決めています。できるだけ病気を飼い慣らしておとなしくさせるという方針を立てました。


吉行淳之介の経歴・略歴

吉行淳之介、よしゆき・じゅんのすけ。小説家、エッセイスト。「驟雨」(芥川賞)、「不意の出来事」(新潮社文学賞)、「暗室」(谷崎潤一郎賞)、「鞄の中身」(読売文学賞)、「夕暮まで」(野間文芸賞)、その他の名作を多数残した

他の記事も読んでみる

曽山哲人

失敗をするのは誰にとってもつらいことですが、その一方で、人を大きく成長させてくれる才能開花の肥料のようなものです。もちろん、最初から社員に失敗させようとは考えていませんが、「失敗してもプラスになる」と誰もが思えるような風土をつくることで、どんどん挑戦して大きく成長する人を育てていきたい。


羽海野チカ

私も生きてるので、ブレブレにぶち当たりながら、それもエネルギーに代えて描いていけたらと思っています。


永瀬昭幸

企業は人材育成にもっと本気になった方がいいと思います。英語にしても、意義や目的を実感させる環境をつくらなきゃいけないでしょう。上海にでも連れて行って、「すでに我が社はここまで展開している。中国語も必須だが、とりあえずは英語が必要だ。来年お前に赴任命令を出したらどうするんだ」と伝える。そうやって具体的に想像させることで、だんだんと尻に火がついてきます。


高城幸司

お客様を訪問したときにまず気をつけてほしいことは、「会う意図を隠さない」ということです。「ご挨拶だけでも」というフレーズは説明になっていません。目的を隠せば隠すほど、人は猜疑心を抱くものです。


蛭子能収

見栄を捨てれば、生きる方法はいくらでもある。少し見方を変えれば、人生で思い悩むことは少なくなる。


阿部次郎

敵手を否定せんとする戦いは冗談である。敵手の態度を否定せぬ怒りは洒落である。


加納裕三

何かをやり遂げる時には理論ではなく、突き詰めて物事を考えて手を動かすことが何よりも大事。


坂本孝

社長が一人で喋って意見を押しつけちゃいけない。人間、思ってることを言うだけで楽になるから、こっちは聞くことに徹する。それで最後に「じゃあ、やってごらん」と背中を押せばいい。


内藤忍

アイデアをまとめるときはパソコンではなく、だいたい紙から入ります。アナログの方が人間味が出て面白いというのもありますし、どこでもサッと取り出せてそのまま書けたり直せたりする点が便利です。


山崎まさよし

歌詞は世の中と自分の考えの「摩擦」から生まれるような気がします。社会に上手く溶け込んでいたらおそらく言葉って出てこない。だけど、そこで立ち止まって考えたことが言葉になっていくんだと思う。


柳井正

商売とは成功したと思った時点でダメになります。成功はマンネリ、保守化、形式化、慢心を生むからです。だから企業の存続発展のためには、小さい失敗をどんどんすべきだと思います。致命的な失敗をする前に、ちいさい失敗を何回もして、それを財産にとらえて次に生かすのです。失敗して、転んで、起き上がる。その繰り返しの中で学んでいかなければいけない。最悪なのは失敗を恐れて立ち止まったり、ためらって何もしないことです。


湯浅和夫

仮需(仮需要)で動いていた供給活動を、実需(実需用)で動く供給活動へ。そうすれば、隠れていた利益が見えてきます。これがロジスティクスが生む、企業の新たな利潤源になるのです。