吉行淳之介の名言

吉行淳之介のプロフィール

吉行淳之介、よしゆき・じゅんのすけ。小説家、エッセイスト。「驟雨」(芥川賞)、「不意の出来事」(新潮社文学賞)、「暗室」(谷崎潤一郎賞)、「鞄の中身」(読売文学賞)、「夕暮まで」(野間文芸賞)、その他の名作を多数残した

吉行淳之介の名言 一覧

若者にとって、酒は大人への勲章である。だから、むやみに飲む。大量に飲むほど大人に近づけたような錯覚がある。反吐を吐き、乱暴狼藉を働き、大声で泣きわめいたりする。それでよい。失敗を恐れないのが若者の特権である。醜態を演じるのが若者であるとも言える。


男と女が一緒に暮らしてゆくために必要なものは、情熱でもなく、肉でもなく、それは忍耐に違いない。相手の現在をきらめく光が取り囲んでいたとしても、それはやがては消え去って、地肌の醜い部分が露出してくる。それにたじろがずに見つめ、自分の中に消化しようとする。しかし、消化しきれない部分が常に残り、絶え間ない違和感と生ぬるい苦痛とを与えてくる。それを忍耐することが、男と女が暮らしてゆくために最も大切なことだ。


私は自分の持病と一生連れ添う覚悟を決めています。できるだけ病気を飼い慣らしておとなしくさせるという方針を立てました。


吉行淳之介の経歴・略歴

吉行淳之介、よしゆき・じゅんのすけ。小説家、エッセイスト。「驟雨」(芥川賞)、「不意の出来事」(新潮社文学賞)、「暗室」(谷崎潤一郎賞)、「鞄の中身」(読売文学賞)、「夕暮まで」(野間文芸賞)、その他の名作を多数残した

他の記事も読んでみる

やすひさてっぺい(安久鉄兵)

「世の中で一番好きな唐揚げで何かしたい」という動機を持ち、面白いことをコツコツと一生懸命に取り組んできたら、1万5000人の会員数になった。


大谷翔平

(投打二刀流で成功した)最初の一人に……という気負いはないですが、やるからには成し遂げたい気持ちはあります。誰もやってないことをやってみたいタイプですので。


金丸恭文

日本の農作物は国際競争力があると言われますが、潜在力を活かせばもっと可能性が広がります。これまで農業界で常識ではなかった経営を持ち込んで、輸出も考えていく。農業分野で一気に先端技術への投資ができれば可能性が広がるでしょう。


迫本淳一

好調でもまだ油断はできません。今の松竹には「定番」がありませんから、新しい年になるとゼロスタートです。お客様からのご要望も多いのですが、『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』のようなシリーズが作れるようになってくれば本格的な基調になってくると思います。今、それを仕込んでいるところです。


安渕聖司

GEは会社自体が「物事をポジティブに捉える」カルチャーを持っていて、たとえば、お客様からの要求があったら、苦情ではなく「改善機会」と捉えます。このように単語ひとつ言い換えるだけでも、メンタルは大きく変わると思います。


安川英昭

開発のスピードを上げるために、経営者はただ命令するだけではなく、スピードを上げる仕組みを作らないといけません。コンカレントエンジニアリングという言葉が米国で作られる以前から、我が社では開発から商品企画、生産、販売まで同時進行する形で商品化のスピードを高める仕組みS&S(スクラム&スクランブル)を実行していました。そして問題が起きたとき、その道のプロフェッショナルを集めて短期間に解決させます。


後藤聡志(経営者)

場合によってはほとんど利益が出なくても、売却を選択した方が良いケースもあります。たとえば資産の組み換え。将来的な値上がりを期待してより好立地の物件に買い替えたり、あるいは築年数の浅いものにしたりなど、目的は様々です。いずれにせよ、安易に持ち続けるのではなく、しっかりと期間を定めて投資することが重要。


平井伯昌

積極的に情報発信すれば、できることの可能性を広げるだけでなく、周囲の理解も得られる。


平谷悠美

いい資料を作るには、まずPCを開くのではなく、頭で設計することが肝要。「何のために作るのか」をしっかり定めるのが、資料作りの出発点。


山田義仁

将来、日本の製造業が復権する可能性があるとすれば、節電技術がキーになるでしょう。原発事故以来、工場での節電はかなり進みました。京都府綾部市にある我々のモデル工場では、電力使用量が以前に比べ半減できました。いまは人手に頼っている部分が多いのですが、電力を自動制御することでさらに節電レベルは上がります。節電は世界共通の課題です。日本がこの分野で先行すれば競争力が高まります。


二宮尊徳(二宮金次郎)

可愛くば 5つ数えて 3つ褒め 2つ叱って 良き人となせ


齋木昭隆

交渉を通じて何をとらなければいけないのか。相手は何を求めてくるのか。シナリオを綿密に描いて臨む必要がある。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私は出世なんてことを考える必要がなかった。ボロ会社立て直し請負みたいなことばかりやってきたから、功が誰に帰しようが、失敗をこちらが被ろうが、どうでも構わない。それによって事がはかどり、成果が上がりさえすればよいと思っていたのだ。
【覚書き|経営コンサルタント時代、成功したときは他人の功績にし、失敗したら自分の責任にした理由について語った言葉】


寺尾玄

扇風機「GreenFan」を開発する際、流体力学を学ぶために専門書を読んだのですが、私が知りたかった「自然界と同じ風」を作る方法は、専門書にも書かれていなかった。自分が知らないこともあるけれど、専門家でも知らないことがある。まだ誰もチャレンジしていなかったのかもしれませんが、その意味では、私も専門家も同じ「知らない者同士」。それほど大きな差はありません。


常見陽平

やりがいは必要か否かといわれれば、必要だと思います。しかし、やりがいを盲信するのもよくない。やりがいだけに頼って無理を続けると、いつかポキッと折れてしまうかもしれない。やりがいは重要ですが、企業もまた、やりがいを利用しているのだと気づいた方がいいでしょう。


ページの先頭へ