名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

吉良俊彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉良俊彦のプロフィール

吉良俊彦、きら・としひこ。日本のコンサルタント。上智大学卒業後、大手広告代理店の電通に入社。クリエーティブ局、銀座第四営業局を経て、雑誌局に移り、様々な雑誌企画やイベントのプロデュースを行う。その後同社を退社し、ターゲットメディアソリューションを設立。教育、コーチング、中国ビジネスに関して事業を行っている。大阪芸術大学客員教授。主な著書に『1日2400時間吉良式発想法』『情報ゼロ円。』『「お嬢さん」が知っておきたい意外な疑問350』『ターゲット・メディア主義―雑誌礼賛―』『ターゲットメディア・トルネード』など。

吉良俊彦の名言 一覧

ITの進化やデジタル化はいま、世界を大きく変えています。だからこそ逆に「個」に焦点を絞り、的確に情報を伝達する、「伝わる」ことに軸足を置いた姿勢が大事になるように思います。


僕が専門にしているコミュニケーションは情報のやり取りによって成り立っています。情報が相手に伝わらなければコミュニケーションは成立しません。


情報ネットワークの進化で居ながらにして世界中の情報が手に入ります。そのため自分は何でもわかっているという錯覚に陥りやすい。狭い範囲で自分の世界観を確立してしまうから、そこからしかモノが見えなくなってしまいます。


言葉のキャッチボールとよく言いますが、上手くキャッチボールする一番のコツはボールコントロールでもキャッチングでもありません。互いに近づくことです。会話も同じ。怖いけれど相手に一歩でも二歩でも近づいてみる。その最初の一歩、会話の入り口が、子供のころから教育される挨拶です。


情報の送り手と受け手の間に、考え方の違いが存在するのが当たり前。自分の考えをすべて押し付けていたら、コミュニケーションなど成り立ちません。そんなベーシックなことを忘れてしまったのか、身の回りの日常的なレベルでも、他人の視点や考えはお構いなしに、独りよがりなことを声高に主張しているように思えてなりません。


努力してまで誰かとコミュニケーションしなければならないのかといえば、自分の時間を増やすことにつながるからです。私たちに与えられた時間は1日24時間。もっと欲しいと思っても、時間を物理的に増やすことは不可能です。しかし、誰かの話を聞くことで、その人の知識や経験、考え方に大いに触れることができれば、その人の24時間をもらったに等しいのです。


誰かとコミュニケーションしようとするとき、それは自分から近づいていくことです。待ちの姿勢で誰かが近づいてきてくれるとすれば、それはおおむね地位や肩書がある場合です。役職者というのはコミュニケーション能力が高いようにも見えますが、それは肩書が人を引き寄せているにすぎません。個人と個人がコミュニケーションする場合には、やはり自分から心の距離を近づける努力が必要です。


話すことが苦手な人が、うまくコミュニケーションを成立させるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは自分にも相手にも話す力がないという前提に立って、相手に近づく努力をすることです。


互いの声に耳を傾けて、意思をやり取りするのがコミュニケーションです。その一番の基本は話すことでしょう。


日本の停滞は過去の成功イメージにとらわれすぎている部分があるかもしれません。イチロー選手がメジャーで10年連続の200本安打を達成しましたが、彼の打撃フォームを写真で見比べると毎年全部違う。初めて200本安打を達成した年と、今年のフォームはまったく変わっているのです。成功し続けるためには、変化に応じて変わり続けなければならないのです。


情報が最終的に伝わるところまで責任を持つというのは、コミュニケーションの取り方としてかなり重要な点です。


コミュニケーションというのは相手がいることをきちんと認識して、相手に近づく努力をすることが大事というのが僕の持論です。


ビジネスの相手に会うたびにひとつでも新しい情報を提供できるようになれば、相手からも情報を引き出せるようになります。相手の貴重な時間をもらって、アイデアや情報を入手できるようになるわけです。教わろうという姿勢も生まれるので、相手からも魅力的な人間に映るはずです。


私自身は講演会のとき事前に大まかな流れは決めておきますが、原稿は用意しません。顔を上げ、当日の参加者の表情や全体の雰囲気を意識して話すようにしています。出席者にとって、より新しい話題こそが最大の関心事だからです。


話すときは自分の言葉で話すことが大切です。本からの引用や、部下が作成した資料をあたかも自分で書いたように話すのは不快であり、聞いていてもすぐにわかります。たとえ原稿が用意されていても、自分の言葉で書きなおし、ホットな情報を盛り込むようにしたいものです。


話すときに心がけておきたいポイントは、難しい言葉を使わないことです。難解な言葉を使う人は、私って頭がいいでしょうという自尊心・プライドのかたまりです。このような人が好かれるわけがありません。また、難解な言葉は覚えるのも大変なので、当然話そのものが理解しにくくなり、話している側の緊張感も高まってしまいます。


日本人の大半は話すことを得意としていません。むしろ苦手だと考えています。そのうえ、自分だけが話し下手だと勝手に考えている。つまり、話し下手な人には日本人のほとんどが話し下手であるという認識がないのです。一番大切なことは「自分も苦手だが、相手も苦手なのだ」という認識です。だからこそ互いを高め合うことができるのです。


吉良俊彦の経歴・略歴

吉良俊彦、きら・としひこ。日本のコンサルタント。上智大学卒業後、大手広告代理店の電通に入社。クリエーティブ局、銀座第四営業局を経て、雑誌局に移り、様々な雑誌企画やイベントのプロデュースを行う。その後同社を退社し、ターゲットメディアソリューションを設立。教育、コーチング、中国ビジネスに関して事業を行っている。大阪芸術大学客員教授。主な著書に『1日2400時間吉良式発想法』『情報ゼロ円。』『「お嬢さん」が知っておきたい意外な疑問350』『ターゲット・メディア主義―雑誌礼賛―』『ターゲットメディア・トルネード』など。

他の記事も読んでみる

向井秀徳

「何者でもなかった自分が何者かになりたい」という一心で曲を作っていた。


馬英華

通信業界で起こったように、エレベーター業界でも、いずれメーカー系列が強い時代は終わる。隙間産業のときだからこそ会社を作ってノウハウを積んでおけば、いずれ競争になったときに優位に立てると考え東京エレベーターを設立しました。


山﨑敦義(山崎敦義)

グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億~1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。


安藤文男

実家は和菓子屋を営んでいました。家族でお店を経営する家庭で育ちましたから、人生においても商売を基本とする考えを持っていました。幼少期の私が母の家族を見ていて思ったのは、「商売は継続することが大事だ」という気持ちをきょうだい6人が共有していたのではないかということです。祖母の言ったことと同じようなことを、きょうだい1人ひとりが言っていたからです。


李海珍(イ・ヘジン)

海外に行けばその国のことを中心に考えるべきで、その国のユーザーのことを最も理解しなければいけない。


西山昭彦

サラリーマンの最大のメリットは、「会社のお金で大きな仕事を体験でき、なおかつ、ちゃんと決裁をとっていれば失敗して損を出しても弁償したり、罰せられたりすることがない」ということです。このメリットを利用しない手はありません。自ら新たな仕事を提案し、会社のお金を使って大きな仕事にチャレンジすべきです。


田中ちひろ

人間の脳は、他人に何か言われると「環境のレベル」「行動のレベル」「スキルのレベル」「価値観のレベル」「個性のレベル」の5つの思考レベルに結びつけて意味づけします。また、「自分が思うレベル」と「相手が思うレベル」が違うと、コミュニケーションの行き違いが起こります。


川村和夫

利益志向を徹底するのは意外に大変難しいところがあり、売り上げ優先になってしまいがちです。マネジメントの改革が必要であり「利益の出ない売り上げはいらない」と社内で言い続けました。


安藤宏基

人それぞれ生まれてから現在に至るまでの経緯もまったく違えば、育ってきた環境もまったく違う。その結果、一人一人の価値観はまったく違ってしまいます。あることに全然興味がない人に、それをやらせても非効率だけです。だったら好きなこと、得意なことをやらせた方がいいでしょう。


芦田昭充

数字をもとに将来の経済状況を分析すれば必ず当たるのかといえば、そんな保証はありません。常に予想が外れたらどのように対処するか、リスクヘッジを考えながら経営判断をしています。


豊田章男(モリゾウ)

EV(電気自動車)の社内ベンチャーはカンパニー制よりも、もっと進んでいます。EVを開発するメンバーには、社内で「今までどうしてこんなことをやっているのかなと思うことを全部解決していいから」と言っています。


倉田きたみ

コーチングとは、「相手の可能性を引き出し、その人の自主的な前進をサポートするコミュニケーション」です。