吉良俊彦の名言

吉良俊彦のプロフィール

吉良俊彦、きら・としひこ。日本のコンサルタント。上智大学卒業後、大手広告代理店の電通に入社。クリエーティブ局、銀座第四営業局を経て、雑誌局に移り、様々な雑誌企画やイベントのプロデュースを行う。その後同社を退社し、ターゲットメディアソリューションを設立。教育、コーチング、中国ビジネスに関して事業を行っている。大阪芸術大学客員教授。主な著書に『1日2400時間吉良式発想法』『情報ゼロ円。』『「お嬢さん」が知っておきたい意外な疑問350』『ターゲット・メディア主義―雑誌礼賛―』『ターゲットメディア・トルネード』など。

吉良俊彦の名言 一覧

ITの進化やデジタル化はいま、世界を大きく変えています。だからこそ逆に「個」に焦点を絞り、的確に情報を伝達する、「伝わる」ことに軸足を置いた姿勢が大事になるように思います。


僕が専門にしているコミュニケーションは情報のやり取りによって成り立っています。情報が相手に伝わらなければコミュニケーションは成立しません。


情報ネットワークの進化で居ながらにして世界中の情報が手に入ります。そのため自分は何でもわかっているという錯覚に陥りやすい。狭い範囲で自分の世界観を確立してしまうから、そこからしかモノが見えなくなってしまいます。


言葉のキャッチボールとよく言いますが、上手くキャッチボールする一番のコツはボールコントロールでもキャッチングでもありません。互いに近づくことです。会話も同じ。怖いけれど相手に一歩でも二歩でも近づいてみる。その最初の一歩、会話の入り口が、子供のころから教育される挨拶です。


情報の送り手と受け手の間に、考え方の違いが存在するのが当たり前。自分の考えをすべて押し付けていたら、コミュニケーションなど成り立ちません。そんなベーシックなことを忘れてしまったのか、身の回りの日常的なレベルでも、他人の視点や考えはお構いなしに、独りよがりなことを声高に主張しているように思えてなりません。


努力してまで誰かとコミュニケーションしなければならないのかといえば、自分の時間を増やすことにつながるからです。私たちに与えられた時間は1日24時間。もっと欲しいと思っても、時間を物理的に増やすことは不可能です。しかし、誰かの話を聞くことで、その人の知識や経験、考え方に大いに触れることができれば、その人の24時間をもらったに等しいのです。


誰かとコミュニケーションしようとするとき、それは自分から近づいていくことです。待ちの姿勢で誰かが近づいてきてくれるとすれば、それはおおむね地位や肩書がある場合です。役職者というのはコミュニケーション能力が高いようにも見えますが、それは肩書が人を引き寄せているにすぎません。個人と個人がコミュニケーションする場合には、やはり自分から心の距離を近づける努力が必要です。


話すことが苦手な人が、うまくコミュニケーションを成立させるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは自分にも相手にも話す力がないという前提に立って、相手に近づく努力をすることです。


互いの声に耳を傾けて、意思をやり取りするのがコミュニケーションです。その一番の基本は話すことでしょう。


日本の停滞は過去の成功イメージにとらわれすぎている部分があるかもしれません。イチロー選手がメジャーで10年連続の200本安打を達成しましたが、彼の打撃フォームを写真で見比べると毎年全部違う。初めて200本安打を達成した年と、今年のフォームはまったく変わっているのです。成功し続けるためには、変化に応じて変わり続けなければならないのです。


情報が最終的に伝わるところまで責任を持つというのは、コミュニケーションの取り方としてかなり重要な点です。


コミュニケーションというのは相手がいることをきちんと認識して、相手に近づく努力をすることが大事というのが僕の持論です。


ビジネスの相手に会うたびにひとつでも新しい情報を提供できるようになれば、相手からも情報を引き出せるようになります。相手の貴重な時間をもらって、アイデアや情報を入手できるようになるわけです。教わろうという姿勢も生まれるので、相手からも魅力的な人間に映るはずです。


私自身は講演会のとき事前に大まかな流れは決めておきますが、原稿は用意しません。顔を上げ、当日の参加者の表情や全体の雰囲気を意識して話すようにしています。出席者にとって、より新しい話題こそが最大の関心事だからです。


話すときは自分の言葉で話すことが大切です。本からの引用や、部下が作成した資料をあたかも自分で書いたように話すのは不快であり、聞いていてもすぐにわかります。たとえ原稿が用意されていても、自分の言葉で書きなおし、ホットな情報を盛り込むようにしたいものです。


話すときに心がけておきたいポイントは、難しい言葉を使わないことです。難解な言葉を使う人は、私って頭がいいでしょうという自尊心・プライドのかたまりです。このような人が好かれるわけがありません。また、難解な言葉は覚えるのも大変なので、当然話そのものが理解しにくくなり、話している側の緊張感も高まってしまいます。


日本人の大半は話すことを得意としていません。むしろ苦手だと考えています。そのうえ、自分だけが話し下手だと勝手に考えている。つまり、話し下手な人には日本人のほとんどが話し下手であるという認識がないのです。一番大切なことは「自分も苦手だが、相手も苦手なのだ」という認識です。だからこそ互いを高め合うことができるのです。


吉良俊彦の経歴・略歴

吉良俊彦、きら・としひこ。日本のコンサルタント。上智大学卒業後、大手広告代理店の電通に入社。クリエーティブ局、銀座第四営業局を経て、雑誌局に移り、様々な雑誌企画やイベントのプロデュースを行う。その後同社を退社し、ターゲットメディアソリューションを設立。教育、コーチング、中国ビジネスに関して事業を行っている。大阪芸術大学客員教授。主な著書に『1日2400時間吉良式発想法』『情報ゼロ円。』『「お嬢さん」が知っておきたい意外な疑問350』『ターゲット・メディア主義―雑誌礼賛―』『ターゲットメディア・トルネード』など。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

「最近の若者は、飲みに誘っても断る」会社でも年配社員の方はよくこう嘆きます。上司からすれば、本当に予定があるのか、ただ飲みに行くのが嫌で断られたのかはわかりません。ところが、若手社員のほうにも言い分があります。急に「今日、飲みに行こう」と誘われても、上司から重要な話があるのか、単なる憂さ晴らしの相手をさせられるのかわかりません。もし重要な話だと知っていたら断らないでしょうし、先約があれば「明日ではどうですか?」と打診されるはずです。つまり、飲みに誘うところからコミュニケーション不足の弊害が表れているのです。「どうしても伝えたい話があるんだが、今夜飲みに行かないか。仕事のヒントになると思うんだ」そのように言って誘ってみるのはどうでしょうか。若手社員も仕事に役立つ話が聞けるなら、上司や先輩と飲みに行きたいはずです。


中原淳

どんなに準備をしても、フィードバックによって部下から嫌われたり憎まれたりすることはあります。こう社員時代に周囲から好かれていた人ほど、ショックを受けるかもしれません。しかし、誰かが言わなければ部下は成長しませんし、あなたの部署の業績も上がりません。支援できるのは、管理職であるあなたしかいないのです。


棚橋弘至

プロレスって、人を叩いたり蹴ったり、物を壊したり、汚い言葉を使ったりしますよね。これは、大人になる過程で全部、ダメですよって抑制されてきたものなんです。それを全部、プロレスではやるんですよ(笑)。普通に生活していたら、なかなか喜怒哀楽を出すこともできないですよね。だから、試合の中で喜怒哀楽をはっきり見せたいし、お客さんにはそれを見ることで、喜怒哀楽を解放してほしいんです。


北島康介

最近、五輪三連覇っていう言葉が気になってきたんです。男子の水泳ではまだ誰も達成していない。それを目指せる立場にあるんだから頑張ってみたい。だって、誰もやったことないって言われると、それだけでやりたくなっちゃいません?


久保正行

上司の質問に対して、部下が黙ってしまうことがあります。そこで上司に求めたいのは、話題を変えたりせず、答えを待ってあげることです。沈黙を含めて部下の話に傾聴するのは、上司の大事な仕事です。


中村邦夫

仕組みを変えないと行動もマインドも変わりません。行動が変わらなければ結果にもつながりません。仕組みを変えないで経営者が頑張れと活を入れてみても、社員はどう頑張っていいのかわからないのです。


レイ・クロック

Be daring.(勇気を持って)Be first.(誰よりも先に)Be different.(人と違ったことをする)


村上一平(経営者)

今盛んに食糧制度についての議論が行われていますが、世界の動きを見ていくことが必要です。食糧の安定供給という大きな命題に対して、日本の中だけの議論に留まっていたのでは大変なことになるという気がしています。


佐藤琢磨

(鈴鹿サーキット・レーシング・スクールでは)年齢的にも一番崖っぷちだったからか、どの生徒よりも貪欲でした。ドライバーの役割は、車の性能を100%近く引き出し、ムダなく走らせること。それを追求するために、全生徒の走行データを先生に頼んで見せてもらいました。自分のデータと見比べ、自身の劣っている点を明確にし、それを高めるためにすべきことを分析して実践しました。


高山なおみ

挿絵は、どなたかにお願いしようかと思っていたんですけど、自分で描き始めたら楽しくなっちゃって。描き方は絵本づくりの相棒でもある中野真典さんから一回だけ教わりました。ひと言だけ「よく見て、ゆっくりひと筆で描いてください」って。画材も「何をどんな風に使ってもいい」って言うんですよ。つけペン用のインクを使って筆で描いてもいいし、ポトンと滴が落ちたら泣いてるみたいになる。上からクレヨンを重ねて、尖った棒で削ってもいい。デッサンのように描こうとしなくても見えたまま、感じたままでいいんだって。


有馬利男

これからの時代は、あらゆる社会課題に対して、解決策、いわゆるソリューションを提案できる会社でないと生き残っていけない。もちろん、企業が1社でできることは限られていると思いますが、それでも社会課題に対するソリューションを提示できるよう企業は行動すべきです。


前田修司

世の中の停滞感にセコムが巻き込まれないように、ということを言い続けてきました。セコムオリジナルのビジネスモデルは世の中の不景気感に全く惑わされる必要はないと。


虚淵玄

楽しいことがしたいですね。制約があっても、面白そうならやっちゃう。つまらない苦労は絶対にしたくないんですけど、面白いなら制約があろうが楽しい。そもそも楽なことって大抵つまらないことじゃないですか(笑)。


波戸内啓介

食事やお酒を飲む場はなるべく積極的に設けるようにしています。会議室で話している空気とは違い、仕事以外の話もできますし、お互いがわかりあえる。ウイスキーがその場の雰囲気を緩和することも多く、そういう意味では重要な媒介になっていると思います。


ヒラリー・クリントン

母は独善や道徳をふりかざしたカッコつけが大嫌いで、私や弟たちにいつもいっていた。「私たちはほかの人よりマシなわけでも、ダメなわけでもないんだからね」。


ページの先頭へ