名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉留真の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉留真のプロフィール

吉留真、よしどめ・しん。日本の経営者。大和証券SMBC社長。鹿児島出身。鹿児島大学法文学部卒業後、大和証券に入社。大阪支店事業法人第一部長、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(のちの大和証券SMBC)執行役員・名古屋支店長、常務、大和証券グループ本社専務執行役ホールセール部門副担当、大和証券SMBC専務などを経て社長に就任。

吉留真の名言 一覧

昼間の会議では意見を言うことは少ないものです。夜、全員を飲みにつれていって、いろいろな意見や本音を聞く。それが大切なんです。


これまで私が経験していない分野のことをいろいろ知りたい。そして現場の人たちを含めて意見交換をしたい。それは社長になったときに決めていました。たとえば、債券、株式、投信などを扱っている商品本部の仕事は、私には未経験です。社長に就任してすぐに、ライン部長と部署の全員とミーティングをやらせていただいた。海外拠点を回るのも、その延長なんです。


いまのアジアの状況は、攻めて、攻めて、攻めまくらないと勝てない局面なんです。いま攻めないと勝てない。手遅れになってしまうと思っています。あとは自分が攻められて終わりです。当然ですが、やはりその局面において、いろいろな作戦を考える必要があります。


吉留真の経歴・略歴

吉留真、よしどめ・しん。日本の経営者。大和証券SMBC社長。鹿児島出身。鹿児島大学法文学部卒業後、大和証券に入社。大阪支店事業法人第一部長、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(のちの大和証券SMBC)執行役員・名古屋支店長、常務、大和証券グループ本社専務執行役ホールセール部門副担当、大和証券SMBC専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

増渕達也

本物の投資家が優良株を長期で保有するのと同じで、桁違いの成功を収める人の本質的な傾向として、冒険を好まない。


アルバート・アインシュタイン

全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。


林修

「昔だったらこうだったのに」という口癖も、現在の環境に不満を述べているだけで、改善の努力を感じられません。優秀な人間ほど環境に不満を言わないものです。口癖ならぬ「愚痴グセ」が身についてしまうと負け続けます。


鈴木貴子(経営者)

私は挿絵入りのカードも活用しています。先日、エステーの商品群では応えられないお客様の問い合わせがありました。担当者は「できません」ではなく「市場にはこういうモノがありますよ」と答えたそうです。その担当者に対し、「着実にファンを増やしている」と直筆メモで伝えました。


石井淳蔵

リサーチさえきちんとやっておけば、計画が不成功に終わっても反省して次に生かせる。リサーチの予測が間違っていたせいか、リサーチの結果を無視してマーケッターがその商品の市場導入を行ったせいか。そこを見極めて次に結びつければよい。リサーチが拙かったのなら、改良されたリサーチを考える。マーケッターがリサーチ結果を無視して不成功に終わったなら、マーケッターとリサーチの関係を改めて考え直す。


細谷功

思考回転型の人は、「いまあるものでどうにかできないか」と考えます。どんな状況下でも、常に「いま自分ができることは何か」と自分に矛先を向けて考えるのです。それが「考え始める」という高い敷居を飛び越えるきっかけとなり、どんどん思考を回転させていくことができるわけです。


本庄八郎

兄(本庄正則)の決めたことで失敗することもありました。でも兄が失敗したら、その分自分が営業で頑張って取り返せばいいというふうに考えていました。失敗は全て自分が引き受ける、という覚悟をしていましたね。兄も、「自分が失敗しても、弟がどうにかしてくれる」と(笑)。


大野裕

医師が「相談相手」となるわけですから、まず話をして「相性が合う」こと。そして、患者の質問に対して「わかりやすく話してくれる」ことが大切です。さらに、薬の効果と副作用について十分な説明があり、「一度にたくさんの薬を出さない」ことも、信頼できる医師の判断基準になると思います。また、大学病院や町のクリニックなどありますが、大切なのは医師との相性なので病院の規模は関係ありません。セカンドオピニオンは必ずしも必要なわけではありませんが、症状が改善しないときには他の医師の意見を聞くといいでしょう。ただ、次々と受診先を変えるのは好ましくありません。


ニーチェ

隣人を自分自身と同じように愛するのもいいだろう。
だが、何よりもまず自分自身を愛する者となれ。


竹田和平

物事すべてに感謝の気持ちを表し、世のため人のために生きていけば、歯車がかみ合ってうまくいく。人生とは、そういうものなんですな。


堤幸彦

予算のない中でビデオクリップも週に1、2本撮り続けなければならなかったり、30分ドラマを8日間で13本撮らなきゃいけない現場があったり。きつい仕事はごまんとありましたけど、これもまたロックだな、と。楽しいと思い込み、一点突破する中で、堤流と評していただける自分なりの撮り方が固まっていきました。


勝間和代

「いかに1円でも高い金額を、顧客に気持ち良く払ってもらうか」ということが顧客単価上昇のポイント。ところが日本のビジネスにおいて、いかに価格をあげるかということについていままであまり重要視されてきていませんし、そのノウハウも蓄積されているとは言い難い状態だと思います。