名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉留学の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉留学のプロフィール

吉留学、よしどめ・まなぶ。日本の経営者。「ヒューリック」社長。鹿児島県出身。東京大学卒業後、富士銀行に入行。為替ディーラー、人事部長、副頭取、ヒューリック常勤監査役、副社長などを経て社長に就任。

吉留学の名言 一覧

判断基準は、「リスクをコントロールできない領域に手を出さない」ということ。


我々の好業績は、お客様あってのこと。


我が社では何よりも「誠実であること」、つまりお取引先から「次もよろしく」と言われる仕事をすることを重視しています。


「契約を正しく履行する」「お金にきれいである」といったことは一見、「当たり前」のように映りますが、守れない企業は意外に多いものです。我が社はこうした基本的なことに対して厳格に取り組むことで、お取引先と信頼関係を築いてきました。優れたアイデアや高いスキルも、それだけでは役に立ちませんから。


優秀な人材を獲得すれば、プロフェッショナル集団ができるというものではありません。一人ひとりを大事に育てて、はじめて可能になる。例えば我が社では、若手や新入社員に対して30歳までに、一級建築士や不動産鑑定士など36種の資格のうち、2つを取得することを奨励し、支援しています。


高収益体質を実現できる理由は、我が社の財産である「人」にあると言えます。社員数こそ多くありませんが、一人ひとりの生産性が高い「プロフェッショナル集団」です。社員の企画力の高さは、お客様からも高い評価を頂いています。


確かに、オフィス需要が今後も高いままだとは言い切れません。幸い我が社は成長率が高く、投資をする体力があるので「次の収益の柱」を準備しております。具体的には、私たちが「3K事業」と呼ぶ「高齢者・環境・観光」の事業を伸ばし、成長を加速させることを目指します。


吉留学の経歴・略歴

吉留学、よしどめ・まなぶ。日本の経営者。「ヒューリック」社長。鹿児島県出身。東京大学卒業後、富士銀行に入行。為替ディーラー、人事部長、副頭取、ヒューリック常勤監査役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

武田双雲

何に対しても新しく接する年にしたい。奥さんに対しても、新鮮な目で見る。毎日そう思う。すると新妻に見えてくる。だから、軽く触れられただけでも感動します!


吉良俊彦

話すときに心がけておきたいポイントは、難しい言葉を使わないことです。難解な言葉を使う人は、私って頭がいいでしょうという自尊心・プライドのかたまりです。このような人が好かれるわけがありません。また、難解な言葉は覚えるのも大変なので、当然話そのものが理解しにくくなり、話している側の緊張感も高まってしまいます。


深田和範

昔の日本の大企業は、リスクをとって新しい産業を開発していくというインキュベーターとしての機能を持っていました。しかし、バブル崩壊後、その時点の業績を大事にしようとする安定志向が強くなり、すぐにお金にならないことからは手を引くようになってしまった。しかし、社会全体がそうした風潮に流され、誰もが目先の利益と安定ばかりを目指すようになると、長期的に見たとき、すごくリスキーなことなんです。


日野原重明

今年で93歳になりますが、いまできることに、いまこの瞬間に全力で取り組むという気持ちは少しも薄れていません。


羽田圭介

最近、政治家とか芸能人に対するバッシングがすごいですけど、「自分は絶対にそうはならない」って自信に充ち溢れすぎてるような気がするんです。「もし自分が同じ立場に置かれたらそうならないか?」って仮定をみんな、しなさすぎじゃないかなって。


藤森義明

緊張感に耐えられる人間がプロになれます。ビジネスにおいて、仕事上で一瞬も息を抜けない日々を耐え抜ける連中がトップ20%入って、上にあがっていくんです。


村山早紀

夢は叶っても、叶わなくても夢。私は、その部分に関してはシビアで、漠然と憧れるような夢は、物語のなかでも叶っていないんです。ただ、夢って叶っても、叶わなくても、みんな幸せに生きているでしょう?


野木森雅郁

他人の意見を聞くという態度は、どんな人にとっても有効だと思います。とくに餅は餅屋というように、その道のプロには、外部の人間には敵わない知識や経験の蓄積があるのが普通ですから、そういうものは大いに利用させていただくに限ります。そういう意味では、聞き上手な人というのは間違いなく学習能力が高いといえます。


横山信弘

顧客と向き合っていない時間を減らし、顧客と向き合う時間を増やす。これが、営業マンの時短の軸になる。会議、メール、資料作成など、お客様と向き合っていない時間はたくさんあります。「とりあえず」送られてくる社内のCCメールや、部下の行動を監視したい上司を満足させるための日報などは、その典型。「どうすれば減らせるか」と聞かれることがありますが、見る必要のないメールは見ない、日報は分量を減らすのではなくやめる。つまり「減らす」のではなく「なくす」発想が重要です。


南場智子

私を先輩のように思っていただくことはありがたいですが、若い経営者は私たちとは見えている世界が違います。のびのびと、世代の違う人の言葉に惑わされず、ユーザーの審判を指針に進んでほしいです。


平野信行

いつも口を酸っぱくして言うんですが、私どもは国内にしっかりと軸足を置いて、そのうえでさらなる成長の機会を海外に求めていきます。これは次の10年も揺るがない。


金井英之

誰でも人と話をするときには、円滑な会話をしたいと願っています。ですから、会話の途中に訪れる沈黙は、できるかぎり避けたいと感じるものです。ところが、その気持ちが強すぎると、ひたすら自分だけが話してしまうことにもなります。すると、相手が黙ってしまい、会話は止まってしまいます。会話が止まってしまうと悩んでいる人は、何が沈黙の原因なのか、自分の気持ちや行動を見直してみるといいでしょう。