名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉留学の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉留学のプロフィール

吉留学、よしどめ・まなぶ。日本の経営者。「ヒューリック」社長。鹿児島県出身。東京大学卒業後、富士銀行に入行。為替ディーラー、人事部長、副頭取、ヒューリック常勤監査役、副社長などを経て社長に就任。

吉留学の名言 一覧

判断基準は、「リスクをコントロールできない領域に手を出さない」ということ。


我々の好業績は、お客様あってのこと。


我が社では何よりも「誠実であること」、つまりお取引先から「次もよろしく」と言われる仕事をすることを重視しています。


「契約を正しく履行する」「お金にきれいである」といったことは一見、「当たり前」のように映りますが、守れない企業は意外に多いものです。我が社はこうした基本的なことに対して厳格に取り組むことで、お取引先と信頼関係を築いてきました。優れたアイデアや高いスキルも、それだけでは役に立ちませんから。


優秀な人材を獲得すれば、プロフェッショナル集団ができるというものではありません。一人ひとりを大事に育てて、はじめて可能になる。例えば我が社では、若手や新入社員に対して30歳までに、一級建築士や不動産鑑定士など36種の資格のうち、2つを取得することを奨励し、支援しています。


高収益体質を実現できる理由は、我が社の財産である「人」にあると言えます。社員数こそ多くありませんが、一人ひとりの生産性が高い「プロフェッショナル集団」です。社員の企画力の高さは、お客様からも高い評価を頂いています。


確かに、オフィス需要が今後も高いままだとは言い切れません。幸い我が社は成長率が高く、投資をする体力があるので「次の収益の柱」を準備しております。具体的には、私たちが「3K事業」と呼ぶ「高齢者・環境・観光」の事業を伸ばし、成長を加速させることを目指します。


吉留学の経歴・略歴

吉留学、よしどめ・まなぶ。日本の経営者。「ヒューリック」社長。鹿児島県出身。東京大学卒業後、富士銀行に入行。為替ディーラー、人事部長、副頭取、ヒューリック常勤監査役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小林誠(物理学者)

基礎研究は、成功確率の低い厳しい世界。だからこそ、見守る度胸が必要です。それこそが本当の先進国であり、科学技術立国ということだと思います。


松岡修造

正直に言えば、僕は「マンネリ」という感覚があまりよくわからないんです。同じ仕事をするにしても、前にその仕事をしたときより自分自身は進化していますよね。同じ人へのインタビューでも、同じものを食べるにしても、自分が変われば、見え方、捉え方も変わるはずです。あるいは、前回失敗してしまったとしたら、今度はその反省を踏まえて、より良いパフォーマンスを出すチャンスが得られる、と考えます。そう考えれば「またか」「同じことでつまらない」なんて感じることはまったくありません。


上杉謙信

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


川野幸夫

企業も人間も弱いもので、何となくうまくいっていると進歩がなくなってしまう。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

古い悪習慣の扉を閉めることは、新しい良い習慣の扉を開けることになります。
古いものを手放すことで、新しいものをとり入れることができます。


陰山英男

海外の人たちが歴史や文化の話題に詳しいのは地理的な背景が大きく関係しています。とくにヨーロッパのように隣国と地続きになっている地域の人たちは、他国に攻め入られ、支配されるリスクを常に背負ってきました。だから自分たちを守るための知恵として、自国はもちろん、他国の歴史や文化を理解する必要性があったのです。一方、日本は島国です。他国に支配される可能性も少なく、自国のなかの価値観だけで生きていくことが可能でした。グローバル化が進んだ現在になって、その差が現われてきたわけです。


井村荒喜

私は私の職責について誠実であろうとした。これは先師道伯の薫陶によるところが多い。道伯先生は「どんなことがあっても嘘は言うな。これが誠の始まりである」ことを徹底して教えられた。骨の髄までしみこんでいる。私もまた我が子女を育成するのに「嘘だけは言ってはならぬ」ということを、ただその一事をもって訓育してきたと言っていい。自分の生活にどんな秘密もあってはならぬと思ってきた。
【覚書き|道伯先生とは外科医末永道伯氏のこと。井村氏が幼いころに漢学を教えた人物】


ロバート・キヨサキ

私がまだ子供だった頃、老後の暮らしに備えることはさほど難しい話ではなかった。たいていの場合、貯蓄に励み、住宅ローンを支払い、身の丈に合った生活をしていれば、安心して引退することができた。だが、時代は変わってしまった。私たちは今、よほど高いファイナンシャル教育を身に付けていないと、おちおち引退もできない世の中に生きている。お金を貯めているだけではもはや十分ではない。


堀場厚

社会人になって伸びる人材というのは、資格では判断できない。誰にでも、可能性は無限にある。自分を見極め、努力していく人が伸びる人材だと思う。


松下幸之助

「任せて任せず」ということは、文字通り「任せた」のであって「放り出した」のではないということです。経営の最高責任者というものは、どんな場合でも、最後の責任は自分のところにあるという自覚をせんといかんものです。そういう自覚に立っているからこそ、「任せて」はいるけれど、絶えず頭の中で気になっている。自分は責任をもたないといかんということで腹をくくっている。そうなると、どういうふうにやっているかということがいつも気になる。これが本当ですわな。


西秀訓

人も商品も、ある程度長い目で育てる姿勢が必要になります。人も、自分も、ミスはするんですよ。当たり前ですね。つまずいたかもしれない。今はうまくいっていない。でも、それって本当に「失敗」なの? 試していない手はある。じゃまだやったらいいじゃないの、と。


三田紀房

読者アンケートが毎週1位だった『ミナミの帝王』を徹底的に分析しました。それをマネて、ありえないことでも情感たっぷりに描いてハッタリをかます、今の作風に変えていったんです。そして結果が出て、アンケートが上位にあがり、『ドラゴン桜』などが生まれたんです。