名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

吉田類の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田類のプロフィール

吉田類、よしだ・るい。日本の酒場詩人、画家、作家、タレント。高知県出身。高校卒業後、海外を放浪しながら絵の勉強をする。パリを拠点に画家として約10年間活動後帰国。イラストレーター、エッセイストとして活躍。

吉田類の名言 一覧

気後れしてちゃ、何にも始まらない。家の中にいたら、そりゃ安全ですよ。でもね、得難い体験は外でしかできないんです。


人や酒とコミュニケーションを取らないと、いいものには出会えない。


酒を飲んで腐る、愚痴る、悪口を言うなんてことは誰にでもできる。それよりも楽しく飲んだほうが健全だし、健康でいられる。心を開いていれば、いい話が聞けたり、大いに笑えたり。そして旨い料理に舌鼓を打っているうちに、どんどん元気になってくるもんです。僕はいつもそうですから。心も含めて健康になるために酒を飲んでるんです。


吉田類の経歴・略歴

吉田類、よしだ・るい。日本の酒場詩人、画家、作家、タレント。高知県出身。高校卒業後、海外を放浪しながら絵の勉強をする。パリを拠点に画家として約10年間活動後帰国。イラストレーター、エッセイストとして活躍。

他の記事も読んでみる

北沢利文

保険会社は従来、事故があった時に保険金を払うものでした。今でもそれが一番大事なんですが、我々は様々なデータと経験を持っています。病気になったり交通事故に遭ったりする前にアドバイスをする。「ロスプリベンション(事前予防)」というサービスを強化しています。これもお客様から求められているんですね。事故が起こって保険金をもらうだけではなく、やっぱり事故がないようにしてほしい。あるいは、何か事故が起こったら再建できるように支援してほしいというニーズがあります。予防から再発防止までお手伝いするといった一連の仕事が広がってくると思います。


高野登

サラリーマンの場合、私が見るのは靴と膝の裏。まさに「足元を見る」。二流のサラリーマンの靴は汚く、ズボンの膝の裏はシワシワ。エグゼクティブほど、靴は磨き上げられ、ズボンはきれいにプレスされています。裏を返せば、意外と他人はあなたの身なりをチェックしているということ。高いものを買う必要はありませんが、身の回りのものを大事に手入れする習慣があると、相手の服装にも関心が持てるようになります。


チャールズ・ケタリング

心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


藤井フミヤ

音楽のように癖の強い人たちばかりいる世界では、コラボレーションはとても大変なんですよ。個性が強い役者同士をくっつけるようなもので。でも実際やってみたら、とても面白かった。レコーディングの仕方もバラバラだけど、みんなやっぱり音楽ばとても好きだから、そこがベースとなって楽しむことができたんだと思います。


熊谷正寿

情報収集を行うのは朝の時間が多いのですが、私はその前に頭の整理を行います。頭の整理とは、イコール手帳の整理です。自分の目標は何か、今日のスケジュールはどうなっているのか、昨日やり残したことはあるか。やるべきことを明確にしてから、情報収集をはじめます。


椎名誠

発展途上国の中には「手食」という文化があります。俗に「洗面器ご飯」なんて言われるものですが、ご飯に魚とその煮汁をかけたものを家族で囲み、手で取って食べる。若い頃は、「貧しいな」という印象でしたが、数十年経って、再び目の当たりにすると「この食事は幸せの一つの形なのではないか」と考えを改めました。家族が一緒に同じものを食べる。そこには家族の会話があります。手で食べているので、使い捨ての食器などの無駄がない。手は洗えばいいんですから、とってもエコなわけです。私にとっては、発展途上国の方が日本よりも幸せに見える部分が数多くありますね。


増田直紀

人脈の面から考えると、いま属しているクラスター(集団)に安住しすぎることはよくありません。一般的に、会社の同僚のように自分と近しい人は、価値観の点でも自分と似通いがちであり、同じような情報しか交換できず、新たなチャンスをもたらす可能性が低いものです。しかし、普段あまり密接につながっていないコミュニティーに属する人は、あなたと異なる環境の中で異なる価値観や異なるコネクションを持っている可能性が高いので、より新しい情報をもたらしてくれることが期待できるわけです。


小寺圭

仕事上で何かの摩擦が起きた際、それにいかに対応できるかが重要です。とえば、上司とぶつかる、得意先ともめる、予定どおりに仕事が進まない、トラブルが発生する……そうしたときに、冷静かつ適切に対応できるか。この対応力をもっている人は、即戦力になりうるし、企業にとってほしい人材でもあります。


藤原弘治

「年功序列」や「年次主義」の打破を進めています。人事はメッセージですから「変わるんだ」、「変えるんだ」ということを役職員にしっかり共有して欲しいということで、そこまで踏み込みました。


サンキュータツオ

専門的な研究を面白おかしく伝えるのが芸人としての役目だと思っているので、とっかかりとして「どうでもいいよ!」と突っ込ませてもらっています。でも馬鹿にする感じにはしたくない。こちら側に身を置いて、向こう側にいる人を笑いものにするのではなく、読者と一緒に向こう側を覗いてみよう、そこには思いもよらない景色があるかもしれないよ、というのが本書(『ヘンな論文』)のスタンスです。


小池利和

一部の根強い反対を押し切って、情報通信機器事業に生き残りを懸けるために、安井さん(安井義博社長)は一計を案じます。90年のことです。社内に「21世紀委員会」を設置して、ブラザーの将来あるべき姿や事業構造について社員に議論してもらったのです。ここで絶妙だったのは、委員会の中に30代、40代、50代の世代別に3つのチームを作って、それぞれのチームが議論した結果を提言してもらう形にした点でした。時代の変化に敏感な人が多い若手で構成される30代社員のチームが、現状を否定する大胆な提言をしてくれると期待してのことだったそうです。実際、3つのチームで最も大胆な提言をまとめたのが、30代のチームでした。


常盤文克

社長を務めていたときから、「環境が変わるのだから、自分たちも一緒に変わろう」と言ってきました。もっとも、従来あるものを変えるということには、どうしても抵抗があります。「昨日も上手くいっていたから、明日だって上手くいく」と思いたいのです。しかし、ものごとというのは、変わるからこそ生きているのです。変化こそ、成長・発展の源泉になります。