名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田鋼太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田鋼太郎のプロフィール

吉田鋼太郎、よしだ・こうたろう。日本の俳優、演出家。東京都生まれ、大阪府育ち。演劇にのめり込み、上智大学文学部ドイツ文学科を中退。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

吉田鋼太郎の名言 一覧

僕の役者人生は当初、才能がないと言われ、照明係からスタートしました。58歳になりましたが、まだまだ自分には可能性があると思って、今後も新しいものにチャレンジしていきたい。


食えない時も将来への不安はありませんでした。いつか自分は売れる、って思い込んでいましたから。なんの根拠もないけど、自分では確信してたんです。そうじゃなきゃやってられないですよね(笑)。


しっかり稽古を積み、腑に落ちない演出を指示されたら、自分の意見を言うことにしています。自分が納得がいくまで準備ができていれば、どんな大舞台でもプレッシャーなんて感じません。やっぱり、稽古の時からとことんやるしかない。


映像の現場に行ってみると、学ぶことが多かったんです。映像作品で経験したり感じたことを、舞台での芝居に持ち帰って活かせたことも役者として財産になりました。


基本的にシェイクスピア劇ばかりやってきた僕だけど、仕事でいろんなチャレンジもしてきました。そのチャレンジをサポートしてくれる人がいたからこそ今の僕がある。


実は20代の頃、劇団四季に所属してたんですよ。でも、半年で辞めました。理由は踊りが下手だったから(笑)。でも、個人的には歌うことは嫌いじゃなかった。このまま、自分は踊れないからと固定観念に縛られて、ミュージカルに対して苦手意識を持ち続けていいのかって考え始めたんです。それで思い切って2年前、「デスノート ザ ミュージカル」に出てみたら、歌えたし、まあまあ踊れたんです。ミュージカルをやれるかもって気持ちになりました。


大学在学中に初舞台に立って以来、約40年間、ずっと芝居を続けてきました。そんな僕が常々思っているのは、役者の仕事って、すべて下準備が大事ということ。僕は、どの仕事も日々、納得がいくまで準備を欠かしたくありません。実際、自分の役作りが足りなかったり、演出家との意見の違いを埋められないままで本番を迎えると、まずダメ。


吉田鋼太郎の経歴・略歴

吉田鋼太郎、よしだ・こうたろう。日本の俳優、演出家。東京都生まれ、大阪府育ち。演劇にのめり込み、上智大学文学部ドイツ文学科を中退。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

上田渉

私の出張のコンセプトは、「どこにいても普段と同じ環境を再現する」に尽きます。新幹線でもカフェでもホテルでも、ネットにさえつながれば、オフィスにいるときと同じ環境が作れる。そうすれば、オフィスと変わらぬ効率や生産性を再現できます。


吉山勇樹

トップランナーたちは多忙ですが、実はOFFの時間がとても充実しています。共通点はとにかくお楽しみをたくさんつくっているということ。仕事終わりや週末、長期休暇に、デートや釣り、ライブ、ショッピング、旅行、マッサージと、「この仕事を終えたら……」というイベントをスケジュールの先に組み込み、それを実現するために仕事のサイクルを早め早めに回していくのです。


ラリー・フィンク

創業以来、ブラックロックは金融機関というよりもテクノロジーの会社ではないかというくらい、技術にはかなりの力を入れてきました。今では全社員の4分の1以上が、テクノロジーに関わる仕事をしています。


主藤孝司

アイデアをよどみなく生み出していくためには、アンテナを常に張っておくに尽きる。


岡素之

M&Aは、当社の9つの事業部門が自分たちのやっているコア事業をどう大きくするのかという戦略をいろいろ描いて、その実現に必要なときに実施するのが基本です。


阿部俊則

独自性がないということは、逆にうちは何でもできるということだと思います。積水ハウスは単世帯型、多世帯型、木造住宅、賃貸、何でもやります。「住宅のデパート」と言っていただいても構いません。個人商店ではなく、デパート。だから独自性がないと、とらえられることもあるのでしょう。ですが、それぞれの商品には独自性があります。少ない商品に特化すれば独自性が強調されますが、「住宅のデパート」はそれだけではないということです。


小泉文明

大和証券SMBC時代、IT企業のIPOを担当しました。「新規上場」という難度の高い山を、経営陣と二人三脚で登る。こんなハードな業務を3年間担当しました。相手は経営のプロですが、lPOではこちらがアドバイザリー業務を果たす必要がありますから、プレッシャーはとてつもなかった。当時は本当につらかったですね……。そうした過酷な時期に、2つの素晴らしい言葉に励まされました。1つは直属の上司がかけてくれた「死ぬ気で細部まで手を抜かずに仕事をすれば、仮にミスしてもお客さんはおまえを守ってくれる」という言葉。もう1つは、ある経営者が教えてくれた「実現するまでやるだけ。難しくはない」という成功の秘訣です。これが自分の大事な職業倫理観になっています。


石渡美奈

体制への不満は、結局、私への不満だ。私は混乱が起きたいきさつを幹部から聞いていたが、人を介して聞く話は尾ひれがつき、大きな問題に膨らんでいると感じた。私の思いが幹部を通じて現場に伝わっていないがゆえに、こうした事態を招いたのなら、私が社員たちと向き合わなければいけないと考えた。1対1で向き合うのはエネルギーを要したが、実際に向き合って話を聞くと、人づてに聞く内容と違う部分が分かり、彼らの仕事への意欲が高いことも感じ取れた。私に話を聞いてもらいたかったということも分かった。これですべてが解決したわけではない。これからも成長のための混乱はまだまだ続くはずだ。ただ、今回のことで、「相手を理解したい」と思いながら人と向き合うことの重要性を痛感した。


堀尚弘

PL/BS(損益計算書と貸借対照表)の数値をもっと身近な数値にブレークダウンすることが大切です。それぞれのマネジメントの範囲の中で、経営数値に結びつく具体的な指標を設定する。皆で共有できる数字があればわかりやすいし、社員のモチベーションアップにもつながります。


浮世満理子

器用貧乏タイプは頭がいい割に、一時の感情や周りの意見で自分の人生を決めてしまうところがあるのですが、それをしないためにも計画表は有効です。もっとも、詳細すぎる計画表をつくってしまうとネガティブな要素に目が行くので「なりたい自分」を個条書きにするくらいで十分でしょう。


鈴木久仁

よい成績を残した営業社員に「すごいね、きみ、どうやって頑張ったの」と聞いたときに「いやぁ、たまたまです」と答える人間がいる。そのときは「こいつダメだな、まぐれだな。同じことは二度とできんわ」と思うわけです。たまたまで終わったらそこで想像が停止してしまい、次に繋がりません。


木下幹彌

多くの日本企業が製造拠点を人件費の安い海外に移しています。しかし、たいていの場合、実際には利益を出せておらず、成功していません。私は現地で販売する製品をつくるために海外に工場を移すことは賛成ですが、日本や他の先進国向けなら反対です。いまは人件費が安くても、いずれ高騰してメリットがなくなります。外国人を上手に管理することは難しく、技術が盗まれる可能性も高い。「円高だからやむを得ない」という声もありますが、急激に円安が進んだらどうするのでしょうか。