名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田鋼太郎の名言

twitter Facebook はてブ

吉田鋼太郎のプロフィール

吉田鋼太郎、よしだ・こうたろう。日本の俳優、演出家。東京都生まれ、大阪府育ち。演劇にのめり込み、上智大学文学部ドイツ文学科を中退。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

吉田鋼太郎の名言 一覧

僕の役者人生は当初、才能がないと言われ、照明係からスタートしました。58歳になりましたが、まだまだ自分には可能性があると思って、今後も新しいものにチャレンジしていきたい。


食えない時も将来への不安はありませんでした。いつか自分は売れる、って思い込んでいましたから。なんの根拠もないけど、自分では確信してたんです。そうじゃなきゃやってられないですよね(笑)。


しっかり稽古を積み、腑に落ちない演出を指示されたら、自分の意見を言うことにしています。自分が納得がいくまで準備ができていれば、どんな大舞台でもプレッシャーなんて感じません。やっぱり、稽古の時からとことんやるしかない。


映像の現場に行ってみると、学ぶことが多かったんです。映像作品で経験したり感じたことを、舞台での芝居に持ち帰って活かせたことも役者として財産になりました。


基本的にシェイクスピア劇ばかりやってきた僕だけど、仕事でいろんなチャレンジもしてきました。そのチャレンジをサポートしてくれる人がいたからこそ今の僕がある。


実は20代の頃、劇団四季に所属してたんですよ。でも、半年で辞めました。理由は踊りが下手だったから(笑)。でも、個人的には歌うことは嫌いじゃなかった。このまま、自分は踊れないからと固定観念に縛られて、ミュージカルに対して苦手意識を持ち続けていいのかって考え始めたんです。それで思い切って2年前、「デスノート ザ ミュージカル」に出てみたら、歌えたし、まあまあ踊れたんです。ミュージカルをやれるかもって気持ちになりました。


大学在学中に初舞台に立って以来、約40年間、ずっと芝居を続けてきました。そんな僕が常々思っているのは、役者の仕事って、すべて下準備が大事ということ。僕は、どの仕事も日々、納得がいくまで準備を欠かしたくありません。実際、自分の役作りが足りなかったり、演出家との意見の違いを埋められないままで本番を迎えると、まずダメ。


吉田鋼太郎の経歴・略歴

吉田鋼太郎、よしだ・こうたろう。日本の俳優、演出家。東京都生まれ、大阪府育ち。演劇にのめり込み、上智大学文学部ドイツ文学科を中退。舞台、映画、テレビドラマなどで活躍。読売演劇大賞優秀男優賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部科学大臣賞演劇部門、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ゲーテ

自己の誤りから脱することは困難である。往々にして偉大な精神や才能の人においてさえ不可能である。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

昔の「普通」は、今や「贅沢」。何かにお金をかけるのなら、何かを諦めるしかないのです。だだ、死ぬまでに「いつ」「何に」「いくら」お金をかけたいのか取捨選択すれば、自分の価値観がはっきりします。それに従い、ライフプランを立てれば、充実した人生を送れます。逆にメリハリなくお金を使えば、老後破産に陥りやすいのです。


町田公志

我々はおごってはいませんし、至らないところがたくさんあることもよく分かっています。時間通りに届かないというお叱りも受けますし、荷物の破損もないわけではありません。だからこそ、我々はお客様に評価していただけるサービスを維持し、作っていこうと努力しています。その結果が、運賃に反映されていくのではないでしょうか。


井上邦博

商品の販売には集客が最重要事項。


吉本ばなな

『王国』シリーズを書いた30~40代の頃は、頻繁に本を出した方がいいよね、みたいな時期で。そのなかで、連作を書くことは、自分の中でも、ちょっと実験的なところがあったんです。思っていたとおり、爆発的に読まれるという感じではなかったけれど、かなり多くの方が今に至るまで、じわじわと読んでくださっているんですね。やっぱり続きものの魅力ってあるなと私自身も感じて。50代になったら、半分引退しようと思っていたので、制約のないその活動のなかで、それ(連作小説)をやってみようと思ったんです。今ならできるかなって。


柳川範之

独学は「なんでもあり」。自分のペースで、好きなように勉強できるのが最大の魅力。続けるためには工夫が必要となってきますが、その工夫こそ結果への近道。コツさえ掴めば、効率的で記憶に残る勉強を実現できる。


村上太一

最近、学生によく言うのは、インターンでも何でもいいから社長さんに会ったり、いろんな人に出会うことが大切だということです。子供の頃考えられる職業ってやはり、見たことがある人しかないと思う。いろんな人に会わないと、将来やりたいことなんて分からないし、実際いまの学生は選択肢がとても少ない人が多いですから。私の場合は会社を経営していた祖父たちの存在があったし、せっかちなので高校の頃からもう会社をやりたくて仕方がなかった。それでも高校時代に、経営者の方にもっと会っていたら、もっとレベルアップできただろうなと今、感じます。


神田昌典

タイムマネジメントは個人のテクニックの問題だと思われがちですが、実は組織のコミュニケーションの問題のほうが大きい。


柴山政行

社員の士気は、時代に合ったコンセプトを打ち出すトップの器にかかっており、そのトップの志を上手く伝える責務はナンバーツーにあります。社員に無理難題を突き付けることになったり、ときには四面楚歌にあうかもしれません。しかし、それに打ち勝ち、人を動かしていくナンバーツーの経験は何ものにも替えがたいものです。


内藤忍

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。