名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田進(アイワ)の名言

twitter Facebook はてブ

吉田進(アイワ)のプロフィール

吉田進、よしだ・すすむ。日本の電気技術者、経営者。アイワ社長・会長。富山県出身。東北帝国大学卒業後、ソニーの前身東京通信工業に入社。副社長にまで務めたのち、アイワの社長・会長を務めた。カラーテレビの開発に携わる。

吉田進(アイワ)の名言 一覧

人間、断崖に立てば解決策は見つかる。


吉田進(アイワ)の経歴・略歴

吉田進、よしだ・すすむ。日本の電気技術者、経営者。アイワ社長・会長。富山県出身。東北帝国大学卒業後、ソニーの前身東京通信工業に入社。副社長にまで務めたのち、アイワの社長・会長を務めた。カラーテレビの開発に携わる。

他の記事も読んでみる

藤本やすし

昔は、雑誌のデザインを手掛ける人はレイアウターと呼ばれていたのです。そんななかで、僕はあえて雑誌デザイナーと言いきっていました。最初は、雑誌デザイナーという肩書きをつけた名刺を出すと、編集者は「何、それっ?」という感じで笑われたこともありました。だから、雑誌デザイナーという名前に恥じないような仕事をしようと思ってやってきました。


齋藤孝(教育学者)

雑談は相手中心でやったほうがうまくいく。自分が興味を持っていることではなく、相手の関心事に合わせて、それに同調していくのが正しいやり方です。一方、うんちくの垂れ流しは、自分本位で嫌われる。


芳井敬一

目標が5兆円であれば、これとこれをやれば5兆円に届くなということを考えてしまいますが、10兆円を覗くとそれでは足りないと気が付きます。だからこそやるべき道は、現存の軸の全てのエリアで1位を取ること。たとえば住宅事業で1位を獲ろうということです。


鈴鹿且久

会社では誰もがきちんと真面目に働くことはもちろん大事だけれど、長く働いていただくわけだから、社員の皆さんが笑顔でいられなかったらいけないよ。


伊東孝紳

グローバル戦略車として投入する新型フィットは、派生車種を含めて、世界の隅々まで1年以内のイメージで立ち上げます。各地域でコストを含めた競争力をつけるには、そうしないとダメ。従来はまず日本で投入し、品質などを見極めながら主要地域を皮切りに半年くらいずつずらして発売していた。しかし、情報が瞬時に伝わる今日、このペースでは、投入が遅い地域では新味が薄れてしまい販売が伸びないのです。


福岡かつよ

患者=顧客がどういう状態にあるかを察知し、それにふさわしい対応は何か、と考えることが接遇の第一歩です。例えば「患者にわかりやすく伝えるには、ゆっくり話すのがいい」と言われることがあります。しかし、せっかちな性格で早口で話す患者には、イライラする原因になるかもしれない。こちらの話すスピードを患者のペースに合わせることで、コミュニケーションがスムーズに行えることもあるでしょう。


貝沼由久

いろいろな分野の非常にニッチなマーケットで高いシェアを取り、マージンをきちんと稼ぐことが我々の特徴。


川西修

ヒット商品を生み出すカギは「切り口」であり、「伝え方」が重要なファクター。


松本晃(経営者)

能力を上げるための勉強をするには時間を作らなければなりませんが、そのためには成果につながらない「つまらない仕事」をやめることです。ただし、最初は何が「つまらない仕事」なのか見極めが難しいかもしれません。ムダそうな会議や体裁ばかり整えて中身がなさそうな資料作成などに取り組んだら、本当に会社の利益につながっているのかを検証する意識を持ってください。実験的にやめてみて、やはり成果がないと分かれば、完全にやめてしまえばいいのです。


松重豊

俳優を目指して、最初に入ったのが蜷川スタジオ。妥協をしないことで有名な蜷川幸雄さんですからね。いろいろ鍛えられて密度の濃い時間を過ごしました。