名言DB

9429 人 / 110879 名言

吉田茂の名言

twitter Facebook はてブ

吉田茂のプロフィール

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

吉田茂の名言 一覧

地下資源に恵まれない日本が繁栄するにはまず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。


大志を抱けば、天下何ものか恐るるにたらず。


僕もこれで天国へ行けるだろうね。しかし仏教のためにも多少努力したから、阿弥陀様が極楽へ来いと言われるかもしれない。皇学館大学にも関係しているので、やおよろずの神々が高天原へご招待下さるかもしれない。だが、天国や極楽や高天原は案外つまらんかもしれないね。長年付き合った友人はみな悪人どもだから彼らは地獄におるはずなんで、私一人天国では退屈するに違いない。どうも地獄の方が面白そうじゃないか。
【覚書き|ローマ法王から勲章を受けたときに周囲に語ったジョーク】


吉田茂の経歴・略歴

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

私は外資系企業であるネスレ日本に入社して33年になるが、ずっと日本を拠点に働いている。私の経歴を知る人からは、「なぜ日本にいながら、グローバルに考える視点を持てるのか」と聞かれる。その理由は、日本を知らない外国人からの質問に答えるため、自分の頭を使って必死に考え抜いてきたからだ。


山本正明(営業マン)

最初のうちは契約がとれないどころか、面談の約束さえしてもらえませんでした。何がいけなかったのか、今ならわかります。新人の頃の私は、指導してくれる先輩の模倣をしていました。しかし44歳にもなると、話し方や人との接し方において、自分のスタイルというものができている。それを無理に抑えて先輩のようにしゃべっても、何か違和感がある。だから伝わらないのだとわかってきたのです。それよりは訥々とでもいいから、自分の言葉で話すほうがいい。このことに気づくまで、2、3年はかかりました。


曽山哲人

私自身は、ランチや飲み会で、ひと月に100人前後の社員と接点を持つようにしています。他の役員もしかり。社員数(単独)1400人ほどの会社でそれだけの頻度で接触を行なっていますから、社内の「空気感」の変化や、部署ごとの風土、活性化の度合いなどを、役員それぞれが手に取るようにキャッチできるようになります。


ニーチェ

ときには、遠い視野というものが必要かもしれない。たとえば、親しい友人らと一緒にいるときよりも、彼らから離れ、一人で友人らのことを想うとき、友人らはいっそう美しい。


西多昌規

趣味というとスポーツやものづくりをするイメージがありますが、それほど大上段に構えなくてもいいと思います。私もたいした趣味はありませんから。たとえば、コーヒーを飲みながら新聞を読むとか、おいしいものを食べにいくなど、楽しいことや気晴らしになることがあれば十分でしょう。


橘玲

手を尽くしてもダメな時は、諦めることも必要です。すべての人に良い印象を持ってもらうことなどは最初から不可能。ならば見切りをつけて、自分のことをわかってくれる人、プラスの方向に誤解してくれる人により多くのエネルギーを注ぐ。そんな視点も時には必要ではないでしょうか。


木村尚敬

部下の心をつかむには、部下のために時間を使うべき。体感としては、自分の仕事時間の7割程度は部下のために使う。実際にはそこまでの時間を使うのは難しいが、それくらいの心持ちでちょうどいい。


小林誠(物理学者)

基礎研究の世界は、まさしく死屍累々です。失敗する人がたくさんいて、その中から、いくつか成果が出ればよいわけです。こういう研究は、国や大学が担うべきものです。


早川徳次

当時、外国ではすでにラジオは実用の段階に入っており、報道・娯楽の機関として不可欠の地位を占めていた。わが国でも愛宕山に放送局(NHK)が開設される運びで、一部の電気器具店や輸入商ではラジオ機械の研究に手を付け始めていた。アメリカ製のラジオは貴重なものだった。事業は常に新しいアイデアで他より一歩先にと新分野を開拓していかなければ、とうてい成功は望めない。私はたまたま買い入れたこの鉱石ラジオセットに異様なまでに関心を寄せた。


益子修

軽自動車「i(アイ)」の発表会では、衝突実験を行ったクルマも展示し、安全性の高さを示しました。普通は新車発表会で壊れたクルマを見せたりはしませんが、我々としては自分たちの気持ちを言葉だけではなく具体的な形で表現したかったのです。