名言DB

9490 人 / 112001 名言

吉田茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田茂のプロフィール

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

吉田茂の名言 一覧

地下資源に恵まれない日本が繁栄するにはまず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。


大志を抱けば、天下何ものか恐るるにたらず。


僕もこれで天国へ行けるだろうね。しかし仏教のためにも多少努力したから、阿弥陀様が極楽へ来いと言われるかもしれない。皇学館大学にも関係しているので、やおよろずの神々が高天原へご招待下さるかもしれない。だが、天国や極楽や高天原は案外つまらんかもしれないね。長年付き合った友人はみな悪人どもだから彼らは地獄におるはずなんで、私一人天国では退屈するに違いない。どうも地獄の方が面白そうじゃないか。
【覚書き|ローマ法王から勲章を受けたときに周囲に語ったジョーク】


吉田茂の経歴・略歴

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

千本倖生

いくら頭脳が優秀でも、勉強をしないと宝の持ち腐れになってしまう。とりわけ、若い時代は集中して、情熱を持って勉学に励むべきだろう。


川越達也

仕事上の会話には、最終的には自分の土俵のなかで、こちらが伝えたいことを伝達するという目的があります。だからこそ、まずは相手の土俵に乗る、相手にリズムを合わせることが大事だと思います。


中村剛也

素振りは、自分のフォームを確かめるだけではなくて、相手投手がボールを投げているイメージをして振ってます。実際に投げてもらうわけじゃないので、どんなピッチャーでもイメージできる。右投げ、左投げどちらもOK。ボールも変化球、まっすぐとかね。その球を全部ホームランにするつもりでバットを振っています。


原田泳幸

残念ながら、ひとつの成功は長続きしません。競合に追いつかれてしまうからです。


矢部浩之

僕らの仕事はスポーツのように勝ち負けがわからないですから。審査員もいないので。何が正解か。そこは、むつかしい。


齋木昭隆

2016年、当時のオバマ米大統領が現職大統領として初の広島訪問を果たしました。原爆を投下した国の大統領が被爆国の首相と原爆慰霊碑の前に立つなどかつては想像もできないこと。私も黒子として調整にあたりましたが、長い年月をかけて同盟関係を構築してきた先人たちの努力の積み重ねとその総和があったからこそ実を結んだのです。


橋本雅治

逆境が定期的に訪れないと人間は老けてしまう。定期的にある程度逆境が起こらなければ、自分自身の成長も無かったでしょう。


三枝匡

経営トップとしてどこまで我慢して見守るのか、どこでストップをかけるのか。40年近くあちこちでトップ経営者の仕事をやってきましたが、この判断だけはいまだに非常に難しい。そこでこそプロ経営者の腕が問われるような気がしています。


張本邦雄

上司と部下の関係は、上から近づかないと絶対に縮まらない。フラットな関係をつくりたいから部下のほうから近づいてこい、というのはわがままですよ。上司は部下に対して必死でコミュニケーションをしていかなければいけないんです。


楠本修二郎

ひとつの業種業態に絞って単純に拡大するのではなく、半径500m以内のお客様・生活者の視点を持ってお店を作っています。


アントニオ猪木

みなさん北朝鮮は怖い国というイメージを持っているようですが、私も初めて訪朝したときは、平和な日本とは感覚がまったく違うという印象でした。それは、キューバのカストロ議長やブラジルのフィゲレード大統領と親しくなる前に感じたことでもあります。ジョークを飛ばしたりしているうちに、段々と歓迎されるようになった。


大川祐介

起業当初は目の前のことに夢中で、職人の地位向上を念頭に置いてはいませんでしたが、その頃からの数多くの疑問が現在のサービスにつながっています。多くの方々が課題と考えている建設業界の負のスパイラルを転換し、未来の担い手が「かっこいい」と思って率先して参入してくる業界に変えていきます。