吉田茂の名言

吉田茂のプロフィール

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

吉田茂の名言 一覧

地下資源に恵まれない日本が繁栄するにはまず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。


大志を抱けば、天下何ものか恐るるにたらず。


僕もこれで天国へ行けるだろうね。しかし仏教のためにも多少努力したから、阿弥陀様が極楽へ来いと言われるかもしれない。皇学館大学にも関係しているので、やおよろずの神々が高天原へご招待下さるかもしれない。だが、天国や極楽や高天原は案外つまらんかもしれないね。長年付き合った友人はみな悪人どもだから彼らは地獄におるはずなんで、私一人天国では退屈するに違いない。どうも地獄の方が面白そうじゃないか。
【覚書き|ローマ法王から勲章を受けたときに周囲に語ったジョーク】


吉田茂の経歴・略歴

吉田茂、よしだ・しげる。日本の政治家。第45、48、49、50、51代内閣総理大臣。東京出身。自由民権運動の闘士竹内綱の5男として出生。3歳で旧福井藩士で横浜で貿易商を営んでいた吉田健三の養子に出される。学習院大学科を経て、東京帝国大学法科大学政治科を卒業。外交官試験、領事館試験に合格。その後、外交官として主に中国で活躍。外務大臣、貴族院議員、 第一復員大臣、 第二復員大臣、農林水産大臣、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学初代総長、学校法人二松学舎舎長などを歴任した。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

私は、ものごとについて「俺だけは知っている」と思うことはできません。きつい言い方かもしれませんが、「俺だけは知っている」では、ものごとをわかったということにはならないのではないでしょうか。「オタク」や「おままごと」に過ぎないのかもしれません。他人の批判にさらされない思考は、そもそもいいのかダメなのかさえ、判断ができないものなのでしょう。歯がゆいですけど、言葉や数式にしなければ本人にもわからないままで、発見や理解について他の人たちに伝える時には、かなり話を噛み砕かなければならない。


藤本篤志

営業力を強化するために何より重要なのは、営業にまつわる幻想を捨て、現実を直視すること。凡人営業マンのパフォーマンス向上のため、具体的な対策を実行することです。とりわけ、スーパー営業マン待望論、スーパー営業マン育成論という幻想に取りつかれているマネジャーはいますぐ目覚めて欲しい。やり方次第で凡人でも十分な営業結果は出せる。営業センスがゼロでも営業はできる。


越智直正

目下の最大の悩みは技術力の維持です。先日、協力工場の技術者が、「辞めたい」と言ってきました。思わず頭に血が上り、「なんで辞めるんや、まだ68やろ!」と自宅まで押しかけて慰留したほどです。68歳というのは、職人としてはこれから活躍する年齢です。しかも彼は機械を使って本物の靴下をつくることができる職人の中でも若い方なのです。


佐藤綾子(心理学者)

「何を指示したいか」という内容が定まったところで、まずやるべきことは、「相手がどんな性格か」をきちんと見抜くこと。見抜いたうえで、相手のタイプに有効なクギをタイミングよく刺していくことが大事です。


清宮克幸

重要なのは、あらゆることができるようになろうと全方位的に努力することではありません。目標を達成するためにクリアしなければならない課題は何かを、きちんと見極めることです。


中原淳

熟達の研究にも「10年ルール」というのがあって、人が何かに熟達するには、だいたい10年、1万時間ぐらいかかるとされています。ちなみにビジネスパーソンは、22歳から60歳まで働くとしたら、職場にいる時間は、残業を除くと、平均6万8400時間ぐらいです。何かに熟達するためには、少なくともその6分の1を使う必要があるわけです。


長榮周作(長栄周作)

正しいと思ったことは、途中で諦めてはいけない。たとえ諦めざるをえない状況になったとしても、自分から匙を投げてはいけない。


佐藤康行

上司が部下を「欠けることのない満月だ」と思って接していれば、職場の人間関係は決して悪化しません。たとえば、「本当は能力があるのに、その10%しか使っていない」といった指導なら、部下は素直に聞いてくれるはず。欠けたところばかりを見て、「お前はここが足りない」などと言うから、関係がどんどん悪化するのです。


迫本淳一

演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


仮屋薗聡一

経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 善なりや」がすべての出発点となります。


加瀬豊

目的を明確化するだけで、会議は8割方成功します。さらに、肩書ではなく仕事の内容によって必要少数の出席者を集められれば完璧です。会議の招集者はこの2点に留意してシナリオをつくらなければなりません。


田口弘

『経営論』『経済原論』と名がつくような、箱入りで分厚いハードカバーの本に挑戦することで、世の中で起きる現象の表層だけでなく、本質を正しく理解することができます。もとになるところを知っておくということです。


亀田啓一郎

中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


トマス・J・スタンリー

小金持ちと超金持ちの違いは何か?資産額が多ければ多いほど、現金収入の占める割合が低くなる。超金持ちは現金収入の割合を最小限に抑える術をマスターしたからこそ、超金持ちになれたのだ。超金持ちはその富を保つだけでなく、毎年増加させていく。


大西孝明

受注には、営業と利害関係が一致したキーパーソン、失注は競合商品を推すキーパーソンが社内を仕切った結果。どんな商談でも必ず敵役のキーパーソンが存在しますから、顧客に気に入られたいと考えるだけの営業は、敵と味方の見極めができずに「あて馬」として時間とコストを浪費して失注するリスクが高くなる。


ページの先頭へ