名言DB

9419 人 / 110788 名言

吉田芳明の名言

twitter Facebook はてブ

吉田芳明のプロフィール

吉田芳明、よしだ・よしあき。日本の経営者。「アドバンテスト」社長。青森県出身。横浜国立大学経営学部卒業後、日本リースを経てアドバンテストに入社。取締役を経て社長に就任。

吉田芳明の名言 一覧

この業界では、半年以上先は見通せない。全体として好調が続くのではないかという見方が増えているように感じるが、不確定要因は常にある。何が起こるかわからない中で、楽観せず見直していくことが必要だ。


今まで、我々は半導体のチップ単体を試験するのが仕事だと思っていた。だが、半導体がほかの部品と一緒になって新たな機能を持つデバイスになり、そのデバイス全体の機能を試験するという需要が生まれている。我々の技術で新たな需要を作り出せる。


吉田芳明の経歴・略歴

吉田芳明、よしだ・よしあき。日本の経営者。「アドバンテスト」社長。青森県出身。横浜国立大学経営学部卒業後、日本リースを経てアドバンテストに入社。取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古河建規

業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。


松本淳志

大学を卒業して大手SI企業に就職し、コールセンターシステムの専門的なノウハウを学びました。一方で、仕事の満足感はなかなか得られませんでした。顧客の要望に応えたくても、大企業の枠組みの中で様々な制約があり、対応できないことが多かったからです。特に欠けていたのは柔軟性とスピードでした。たとえば「できるだけ早く欲しい」というお客様の要望に応えて1日で作ったシステムが、社内の稟議や審査でお客様に届くのが1か月後といったことは日常茶飯事。これではとてもお客様のニーズを満たすことはできないと感じました。


柳井正

世界で甘い企業で成功している企業は一社もない。とくに労働集約的な産業で甘い企業で成功している企業は一社もないと思う。


原谷隆史

部下がストレスを感じているときに仕事量を減らすのが難しいとしたら、本人のやりたいようにやらせる。ある程度の裁量権を与えるのもひとつの方法です。マネジメントする側は、一方的に細かい仕事の指示をするのではなく、部下のストレスに配慮して自主性を尊重することが、パフォーマンス向上につながるでしょう。


伊藤一郎(経営者)

中興の祖である宮崎輝元会長のように、カリスマ性やリーダーシップがあるトップが常に社内にいるかというと、そうではない。カリスマに依拠した体制のままではどこかで潰れてしまう。


杉野幹人

開発・調達・営業など、それぞれの分野に知識やスキルを極めた精鋭が揃えば揃うほど、組織の戦力は強くなる。専門家を集め、専門家のそれぞれが知恵を出し合うことで、大きな問題の解決が図れます。


柳生博

たったひとりで自分は現役だと主張しても虚しいだけですね。僕が現役でいられるのは、わがままじゃないからだと思う。たとえば、僕が有名だからとか、歳をとっているからといって何もかも自分の思い通りにしようとしたら、誰もついてきません。


田村潤

私が高知で身につけた現場主義は、その後、四国を統括する本部長や名古屋を擁する東海地区の本部長を任された時にも通用した。「ローカルで本質をつかんだらグローバルでも通用する」という言葉があるように、私の仕事の基本はすべて高知で身につけました。


小林一雅(小林製薬)

トップが社員をメールで褒めるなんて大したことじゃないと思われるかもしれませんが、トップがきちんと見てくれていると思えば、社員の士気は必ず上がります。


北尾吉孝

上司から仕事を頼まれたら、必死になって一気呵成に仕事に取り組む、その日のうちに取りかかることが大事です。判断がつかない場合には、一人で悩まずすぐに上司に相談する。私が部下を評価するときに、そういう判断をすぐできるかどうかも重視しています。