名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

吉田芳明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田芳明のプロフィール

吉田芳明、よしだ・よしあき。日本の経営者。「アドバンテスト」社長。青森県出身。横浜国立大学経営学部卒業後、日本リースを経てアドバンテストに入社。取締役を経て社長に就任。

吉田芳明の名言 一覧

この業界では、半年以上先は見通せない。全体として好調が続くのではないかという見方が増えているように感じるが、不確定要因は常にある。何が起こるかわからない中で、楽観せず見直していくことが必要だ。


今まで、我々は半導体のチップ単体を試験するのが仕事だと思っていた。だが、半導体がほかの部品と一緒になって新たな機能を持つデバイスになり、そのデバイス全体の機能を試験するという需要が生まれている。我々の技術で新たな需要を作り出せる。


吉田芳明の経歴・略歴

吉田芳明、よしだ・よしあき。日本の経営者。「アドバンテスト」社長。青森県出身。横浜国立大学経営学部卒業後、日本リースを経てアドバンテストに入社。取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

沢村一樹

思えば、昔から、自分の価値観を曲げない一面があったんです。モテルをしていたのに、「男は鏡なんて見るものじゃない」と思っていましたから。でも、そんな考えは、自分を無意味に縛りつけるだけなんですよね。


中村桂子

想像力がなければ創造性など生まれてくるわけがありません。


藤田晋

信用が得られると本当に仕事がやりやすくなります。私は今、動画関連事業で世界に例がないものを作ろうと必死になっていますが、社員は「社長が言うのなら」と私の判断を信じてついてきてくれています。当然、イケるとは思っていますし、実現するために全力を尽くしますが、それができるのも「信じ合う力」があってこそだと思っています。


本田健

物書きとして本を書きはじめた頃から『女性自身』の元編集長・櫻井秀勲氏にメンターになっていただいています。櫻井氏は飛躍的に雑誌の発行部数を伸ばした、ある意味伝説の編集長なので、世間話をしているだけで「売れる本」をつくるうえでの気づきがあります。


ケリー・マクゴニガル

失敗や挫折とは「成功するにはどうしたらいいか」という方法にたどり着くために通るプロセスであり、学びの時。


樋口裕一

過去を検証すると、未来につながることは多くある。思考する訓練にもなる。


梨田昌孝

若い監督をサポートするには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。


河瀬和幸

体の動きには「本音」が表れるもの。口では商品に興味があると言っていても、指がいら立たしそうに動いていたら、商品を買う気がないのだと判断できます。


大山健太郎

学習机や椅子を販売するアイリスチトセは、もとは民事再生法の適用を申請した破綻企業でした。しかし現在では売上高73億円、営業利益15億円弱とそれぞれ前年比で13%増、30%増という高い伸びを示しています。アイリスチトセの再生を通して、会社の仕組みを変えれば、破綻した企業でも高収益企業に再生できると気づきました。その後、カイロを扱うニッテツ・ファイン・プロダクツ、名証2部上場の家具メーカーであるホウトクなど、企業や営業権を買収しています。


吉山勇樹

上司が何を重視しているかは、部下の失敗に対する指摘の仕方や叱り方から読み取ることができます。逆にいえば、失敗や弱みを隠そうとする部下は、上司の本音を読み取れない可能性が高い。その意味でも、失敗はどんどんしていいのです。自分のダメなところも上司にみせつつ、それに対する指摘から自分に期待することを読み取り、最終的にはその期待に応えればいい。


新浪剛史

お互いの違いがわからなければ、彼我の差も埋められない。


平田雄一郎

経営者が社員に「短い時間で同じ量の仕事をやれ」というのは、重い荷物を持った人に、もっと重い荷物を持たせるようなもの。仕事を減らせば余裕が生まれ、仕事の質を高められる。それが強さになる。