名言DB

9412 人 / 110637 名言

吉田耕次の名言

twitter Facebook はてブ

吉田耕次のプロフィール

吉田耕次、よしだ・こうじ。日本の経営者。特殊添加剤メーカー「サンエース」社長。神奈川県出身。明治大学卒業後、品川化工(のちのサンエース)に入社。シンガポール、インド駐在。海外展開を進め同社を発展させた。

吉田耕次の名言 一覧

理解は、相手の背景がわかるとさらに深まります。一緒に食事をするなど、直接会って話すことで初めて理解できることも多い。


当社の海外子会社の従業員もそうですが、英語が母国語ではない外国人も数多くいます。大切なのは、「お互いを理解しよう」と思う気持ちです。


仕事で使う言葉限られていて、初歩の英語を少し変えるだけで事足りる。


英語が今すぐ仕事に必要ない人もいるでしょう。けれども、英語ができると、ビジネスチャンスも世界も大きく広がる。


私たちは化学品を製造していますが、その仕事の本質は「技術サービス」を提供することです。お客様の工場にまで入り込み、ニーズを聞き出し、それを技術に反映させること。お客様とのコミュニケーションが大切な、とても泥くさい仕事です。技術だけではなく、「人と人」の関係を重視してきたからこそ、人材へ投資することができました。


まずはお互いの拠点を見学し、成り立ちを理解し、食事などで一緒に過ごす時間を共有し、片言でも英語でコミュニケーションを取って、お互いを理解する努力をしてこそ、信頼できる人間だという認識ができてくるのだと思います。


私は英語で世間話をするのが苦手です(笑)。仕事なら専門用語さえわかれば大丈夫ですが、脈絡のない話を理解するのは難しい。みんなが笑っているときに、一緒に笑えないこともよくあります。それでも、コミュニケーションを取ろうとするのと、しないのとでは、仕事の面でも大きな違いが出てくると思います。


英語を使って経営をしている私ですが、特別な勉強をしたことはありません。「サバイバルイングリッシュ」で乗り切ってきました(笑)。外国人と仕事をすることは、ネイティブ並みの流暢さで英語が話せなくてもできます。私が今、身につけている英語は、旅行英語や中学英語程度のレベルだと思います。


海外展開をしている日本企業からは、よくこんな声が聞かれます。「現地スタッフを信用できないから、日本人を派遣する」。しかし、信用できるか、できないかは、人種や民族によるものではありません。日本人でも信用できない人はいる。言葉を交わさないとわかりません。


日本人の従業員を研修のために海外に派遣することはかなり以前から行なっていますが、逆に、海外子会社の技術職の従業員を研修のために日本に招くことも始めました。当社の製品である安定剤は原料の配合設計がコア技術で、日本には顧客の高い品質要求に応えるためのノウハウの蓄積が海外子会社よりもあります。それを学んでもらうことが目的です。


売上げの約9割を海外子会社が占めています。しかし日本人の従業員をどんどん海外に送り出しているというわけではありません。実は、海外子会社に日本人は一人もいません。すべて現地採用です。現地の従業員に任せたからこそ、今の発展があります。


吉田耕次の経歴・略歴

吉田耕次、よしだ・こうじ。日本の経営者。特殊添加剤メーカー「サンエース」社長。神奈川県出身。明治大学卒業後、品川化工(のちのサンエース)に入社。シンガポール、インド駐在。海外展開を進め同社を発展させた。

他の記事も読んでみる

小池正一郎

投資には、虫と魚と烏の3つの目を使い分けるというのが私の主張です。目前で何が起きているか注意深く観察するのが虫の目。現在の流れや変化をつかむのが魚の目。目先の動きにとらわれず俯瞰するのが烏の目。


鈴木泰信

「選択と集中」とよく言われますが、私は「集中と選択」と言っています。成長するにはまず集中すべきターゲットを定める。そして、集中できる組織に徹底的に再編していく。そうすればおのずと選択することになり、無駄を排した対応力の高い筋肉質の組織になっていきます。


中村獅童(二代目)

くじけそうになっても立ち上がることができたのは、「弱い自分に負けたくない」という気持ちが強かったから。


上田準二

規模が大きくても質が伴わなければダメだという人もいるけど、コンビニエンスストア業界は「規模=質」、「質=規模」。これまでの歴史を見ても、チェーン網を築けなかった小さい企業から脱落していっているし、規模の大きいところの方が、売上、利益、クオリティ全てが高い。地域密着にこだわった新しい形の流通グループを目指したい。


河合雅司

勤労世代の減少に対して政策を打つこと。社会に必要な総仕事数を効率化すれば、労働力不足は起こりません。24時間働くのをやめる、他国に仕事をゆだねる、高齢者にも働いてもらう。今の規模に合わせて物事を考えるのではなく、サイズを縮めて考え、そこから生まれる余剰人員や資本を得意分野に向けるべきでしょう。それにより、小さくとも豊かな国、なくてはならない国になれるのです。


内田和成

今の時代はいかにして「顧客の視点」を持つかということです。顧客が何を求めているかを、とにかく突き詰めて考える。


米濱和英(米浜和英)

かつては稼ぎ頭だった店も、周辺の環境が変われば売り上げは落ちてきます。例えば、近隣に大型のショッピングセンターができると、住民の行動範囲が変わり、客足に影響してきます。


倉本聰

創造性がどこから出てくるかというと、僕は貧しさから出てくると思うのです。僕が役者を養成する富良野塾でやったことは全てゼロから考え出したことです。お金がなかったから否応なく自分たちの智恵で産み出すしかありませんでした。富良野塾ではお金がなかったからこそ、新しい考え方をひねり出した。ところが、今はお金があります。お金があるから、みんなお金に頼るんです。本来であれば、自然の中から新しい智恵を見つければいいのに、化学方程式に答えを求めてしまう。


角倉護

これからは世の中の変化をとらえながら、スピードを上げていかなければならない。


越智直正

創業時、「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」という理想を掲げましたが、そんな理想はアホちゃうんかと自問自答してしまうほど、最近の業界は狂っています。商売人がお客をバカにして、品質が悪いものを低価格で売ることが横行している。800円で売るべき品質のものを、700円で売っていこうというのが本当の競争です。いまは違います。見かけは800円のものを300円以下の品質で堂々と出してきて、「どや、安いやろ」と300円で販売している。これでは、競争になんかちっともならんのです。


山中伸弥

研究がしんどかった頃、本当にいろいろな本を読み漁りました。「高く飛ぶためには、思い切りかがまないと飛べない」など、そんな当たり前の言葉が心に響くんですよ。「ああ、自分は今かがんでいる状態なんだ」と。


瀧本哲史

昨今では英語力のほかにも「地頭力」を鍛えたり、「ロジカルシンキング」を身につけたりする勉強法が流行していますが、学習自体が目的化しているように思います。相関関係と因果関係を取り違えてはいけません。「優秀な選手は足が速い」という相関は正しいでしょう。しかし「足が速ければ優秀な選手だ」という因果は断定できません。同様に、「高収入のビジネスマンは英語が堪能」とはいえますが、「英語が堪能ならば年収が高くなる」とは言い切れないでしょう。


太田肇

一般に直属の上司は、部下に出すぎた杭が存在することを好まない。トラブルが起きれば自分の責任になるし、部下が過剰に目立てば自分の存在が霞んでしまう。つまり、直属の上司とは利害が衝突するものだと心得ておいたほうがよい。


北方謙三

本屋の平台の上ではベテラン作家だろうが20歳の新人作家だろうが、誰もが平等。まだまだ、若いやつらに負けるわけにはいかない。駆け出しの頃のように、生き残るためには書き続けるしかないと、いまも思っている。


荻原博子

人間は他人から感謝されると自分の存在価値を確認することができ、生きるエネルギーになる。