名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田耕作(統計学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田耕作(統計学者)のプロフィール

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

吉田耕作(統計学者)の名言 一覧

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。


自らが能動的に考え、ワイガヤを通して取り組んだことが結果につながることで、ジョイ・オブ・ワーク(仕事の喜び)が実現される。


基本的にはワイガヤのミーティングなので、すぐさま成果が出るものではありません。しかし、目先の成果は二の次でいいのです。社員同士が協調し合う土壌をつくり上げれば、社員が自己実現に向かうことができ、自然と組織全体の成果は得られます。


個人の成果、目先の成果の最大化の寄せ集めが、会社全体の成果の最大化にはつながりません。例えば成果主義を導入して社内に競争原理を働かせると、社員は自分1人だけが成果を得ようと思って、知識やノウハウを囲い込んでしまい、ほかの社員たちに行き渡らなくなります。結果的に会社全体としての知識やスキルのばらつきが大きくなってしまうのです。


吉田耕作(統計学者)の経歴・略歴

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

岡本太郎

みんなどうしても安全な道の方を採りたがるものだけれど、それが駄目なんだ。人間、自分を大切にして、安全を望むんだったら、何もできなくなってしまう。計算づくでない人生を体験することだ。


松井勝史

昨年は、会社のアイデンティティーを明確にし、より組織一丸となって業務品質を向上していくため、新しいCI(コーポレート・アイデンティティー)を導入し、会社のカラーやロゴマーク等も一新いたしました。以前からの自社の考え方も、ステートメント・スローガン・行動指針といった形で、改めて企業理念として明文化し、現在全社で実践している最中です。


宮崎聡子

相手の言った言葉をそのまま繰り返す相づちを「反復相づち」といいます。これは「最近、どうもだるくて」「だるいんですね」「そうなんです。脱力感というか……」「脱力感ですか」というように、プロの心理カウンセラーが使う方法です。非常に単純に思えますが、その効果は絶大です。相手の言葉を自分から再び聞かされた話し手は、「そのとおり!」と納得し、会話に力が入ってくるからです。効果的な反復相づちのコツは、短く言うこと。そのためには、相手の話の中から上手くキーワードをつかむことが大切です。


夏野剛

何かを判断するときは、5分で結論を出す。これは徹底しています。人間の脳は、世界最高速のコンピュータなんですから、その能力を活かすには、5分間集中して考えた方が間違いなくいい。


住谷栄之資

様々な事業を手掛けてきた私からすると、自分の思いを伝えられても、その先にある目的を達成できなければ意味がありません。そのためにはやはり、ベースとなる人間関係を構築したうえで、確固たる思いに基づいて話すことが大事だと思います。


久野康成

加点主義で評価をすれば、少しの変化でも褒められるようになる。


坂下英樹

従業員に人気があり、採用時には応募者からも、そして株主や顧客からも人気がある企業は、必ず発展する。


井上弘

放送メディアはこれまでどちらかというと「速く」が先にありましたが、「正確に」かつ、なるべく速く、ということを民放各社にはお願いしています。それがなくては、我々のレゾンデートル(存在意義)がなくなってしまう。


小倉昌男

人件費を減らせば業績が上向くかというと、そんなこともないから厄介だ。経費を節減した以上に売上が落ちてしまうのである。このあたりが、悪い循環の恐ろしいところだ。


辻本憲三

最近、中国だ、インドだという経営者が増えています。労働力が安価だ、モノをつくるコストが安いという理由で海外に出ていく経営者は20年先を見ていない。いま、決して成熟国家から逃げたらいかんと思っています。勢いを持って成長している新興国が成熟するのはあっという間です。日本企業は成熟国家で来るべき時代に向けて知恵を絞りだし、競争力を磨かなければならない。それが目先ではなく、中長期的に競争力を保持していく必須条件だと思います。


矢島里佳

伝統と革新は表裏一体。伝統があるから革新が生まれ、革新があるから伝統になって続いていく。


山本昌(山本昌広)

厳しい世界ということはわかっていました。だから入団当初はとにかく一生懸命に頑張ることだけでした。