名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

吉田耕作(統計学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

吉田耕作(統計学者)のプロフィール

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

吉田耕作(統計学者)の名言 一覧

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。


自らが能動的に考え、ワイガヤを通して取り組んだことが結果につながることで、ジョイ・オブ・ワーク(仕事の喜び)が実現される。


基本的にはワイガヤのミーティングなので、すぐさま成果が出るものではありません。しかし、目先の成果は二の次でいいのです。社員同士が協調し合う土壌をつくり上げれば、社員が自己実現に向かうことができ、自然と組織全体の成果は得られます。


個人の成果、目先の成果の最大化の寄せ集めが、会社全体の成果の最大化にはつながりません。例えば成果主義を導入して社内に競争原理を働かせると、社員は自分1人だけが成果を得ようと思って、知識やノウハウを囲い込んでしまい、ほかの社員たちに行き渡らなくなります。結果的に会社全体としての知識やスキルのばらつきが大きくなってしまうのです。


吉田耕作(統計学者)の経歴・略歴

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

本山和夫

「水は低きに流れる」――。これは若い頃、上司からよく言われたのですが、課題解決の視点からも示唆に富んでいる言葉だと思います。複雑で入り組んだ現象があったとしても、これは人々が、水が低きに流れるように「自然」に反応した結果である。それが問題だとするならば、それは環境のせいです。だから、本来水が流れるべき方向へ向かうように障害を取り除き、新しい流れをつくっていく。これこそが課題解決の本質だと私は思っています。


島津義久

表に桜を植えたのは、参詣する人が花を楽しみ、心が豊かになるだろうからだ。裏に栗を植えたのは、栗の実は何かあった時には食料となり、枝は薪にも使うことができる。桜は花を楽しませ、栗は実を取る。
【覚書き:熊本に寺を作った時、門前に桜を植え、裏には栗の木を植えた。上記発言はなぜそうするのか問われた時の返答】


鳥原隆志

判断軸を明確にしておかないと、判断のプロセスが不明瞭になってしまう。


田中裕輔

商談では相手に何をしてほしいのかを事前によく考え、それを冒頭で伝えることがとても重要です。新商品を買ってもらうのでも、なぜ買ってほしいと思うのか、その理由を明確にすることで相手に強力なインパクトを与えることができるようになります。


田中実(経営者)

弊社は圧倒的な消費者のパワーをもって大量に客を送り込むことにより、ある意味、数で倒していくやり方ですね。中小業者がカカクコムヘの出店をやめてしまうと、売上が減ってしまうから、カカクコムから離れられなくなる。僕はこれを「カカク・アディクト(中毒)」と呼んでいます。でも出店料はアマゾンや楽天と比べて、3分の1~5分の1です。だから同じ業者の同じ商品であっても、楽天に出している価格のほうが高いこともあります。ですから、カカクコムのやり方は、店の体力をあまり奪わず、サステーナブル(持続可能)にしている。それこそがうちの真骨頂だと自負しています。


ロバート・フェルドマン

現代のネット社会はまさに情報に満ち溢れています。情報をとることばかりに熱中しすぎれば、時間はどんどんなくなります。だから、私は「注目しているAさんのブログは毎日読むなどといった手法はとらないことにしています。毎日、いくつかの情報源にさっと目を通して終わりです。


笹野和泉

プレイステーションのジョグダイヤルのデザインをあと5mm削ろう、3mm削ろうと、こだわり続けるのがソニーです。お客さまは、そこにこだわりがあることに気づかないでしょう。でも、気づかれないほど細部にまでこだわってつくることで、他から抜きん出ることができるんです。


桐山一憲

トップが率先して改革を始めたからすぐに組織が全部それになじむということはない。時間をかけて何度となく、繰り返し繰り返し言い続けて、ようやく定着していくのが会社の風土というものだ。トップが何かを言ったから明日からそう変わるわけではない。実際、P&Gでも、まだまだ改善の余地はある。


角和夫

鉄道会社の存立基盤は「沿線価値の向上」にあり、それとあまり関係のない事業に多額のお金を費やすのは現実味がない。


茂木友三郎

創業8家からたくさん入社し、しかも必ず役員や社長に就くとなると、他の社員が嫌になっちゃうでしょ。会社の雰囲気も悪くなる。次の社長には創業・非創業家問わずその時点で最も優秀な人物が就き、人選については時の社長に任せる。先人の知恵が今も生きているから揉め事にはなりません。最近は非創業家の優秀な社員が入ってくるので、競争は厳しい。8家から社長が出ない状況が続くかもしれない。入社試験の段階で落ちる可能性すらある。


染谷和巳

職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


小林一雅(小林製薬)

有能な社員は自己否定できる人である。それが創造性を生み、自分の成長、人生の成功をもたらす。