吉田耕作(統計学者)の名言

吉田耕作(統計学者)のプロフィール

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

吉田耕作(統計学者)の名言 一覧

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。


自らが能動的に考え、ワイガヤを通して取り組んだことが結果につながることで、ジョイ・オブ・ワーク(仕事の喜び)が実現される。


基本的にはワイガヤのミーティングなので、すぐさま成果が出るものではありません。しかし、目先の成果は二の次でいいのです。社員同士が協調し合う土壌をつくり上げれば、社員が自己実現に向かうことができ、自然と組織全体の成果は得られます。


個人の成果、目先の成果の最大化の寄せ集めが、会社全体の成果の最大化にはつながりません。例えば成果主義を導入して社内に競争原理を働かせると、社員は自分1人だけが成果を得ようと思って、知識やノウハウを囲い込んでしまい、ほかの社員たちに行き渡らなくなります。結果的に会社全体としての知識やスキルのばらつきが大きくなってしまうのです。


吉田耕作(統計学者)の経歴・略歴

吉田耕作、よしだ・こうさく。日本の統計学者。「カリフォルニア州立大学」名誉教授。早稲田大学商学部卒業、モンタナ大学修了、ニューヨーク大学で統計学の博士号を取得。カリフォルニア州立大学教授、ジョイ・オブ・ワーク推進協会理事長、吉田耕作経営研究所代表、青山学院大学国際政治経済学部教授、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

ダニエル・カーネマン

「合理性」が行動を説明するものとして妥当な領域もある。しかし、まったく説明がつかない領域も多い。


小堺桂悦郎

給料が上がることを前提に、ローンを組んで家を買うなど漠然と設計を描いている人が多いと思いますが、その前提が崩れています。むしろ、自由や便利さを活かした新モデルの人生設計図を描かなきゃいけない。私は28歳で転職し37歳で起業しました。30歳や40歳の時点でどうしていたいか、どうなっていないと困るかと考え、そこから逆算して行動したのです。ぜひ未来の設計図を描いてみてください。


アンドリュー・カーネギー

自分で仕事をするのではなく、仕事をさせる適材を見つけることが大切だ。


川田修(ライフプランナー)

靴べらはお客様のものを借りずに、持参したものを使います。帰るときの印象は、とくにお客様の中に残りやすい大切な瞬間ですから。


樋口武男

リーダーに必要なのは「公平、公正、無私、ロマン」の4つです。


高田純次

会社の潤滑油じゃないけど、その人の存在が、会社の中の様々に立場の違う人たちにとって、お互いに都合のいい言い訳になっているような人。「できればもっと厳しく品質にこだわりたい」という立場の人と、「多少のことは目をつぶってくれないと、会社がつぶれちゃうよ」という立場。このふたつの立場を理解して、具合よく現場を回している人がいないと、上手くいかない。


岩本隆

普通の上司は、部下を囲い込もうとします。つねに手元に置いておいたほうがコントロールしやすいと考えているのかもしれませんが、実態は逆です。外の世界を見せないようにするから隣の芝生が青く見え、現状に不満を持つようになります。


落合寛司

西武信金は自分たちを「お客様支援センター」と位置付けています。そのため取引先の課題の解決をお手伝いする総合コンサルティングに注力しています。専門家とのネットワークを構築し、取引先の様々な悩みを解決する。この方針を掲げたのは10年以上前のことですが、今その成果が出てきています。


敷田正法

おもてなしとは、お客様と信頼関係を築く行為であり、「また来よう」と思っていただくためのものだと言えます。


中司祉岐

予定を手帳に書き込む行為は、今日がどんな日になるかを、ただ予測しているに過ぎません。本来は、今日がどんな日だったかを克明に書き起こし、それを材料に行動を分析して、翌日の行動を変えることの方が大事。


山口義宏

カルビーはフルグラ(フルーツグラノーラ)の戦う場所を「シリアル」市場から「朝食」カテゴリーに変えた。結果、競合するのはまずパンである。だが、パンを食べる消費者に対して、朝食をフルグラに完全に切り替えてほしいと訴えるのはハードルが高い。そこで、「朝食を豊かにする一品としてフルグラを足しませんか?」と訴える「お友達作戦」を取った。節約志向の消費トレンドにもうまく乗り、2013年度37億円前後だった売上高が翌年62億円に達した。


松坂晃太郎

R&D(研究開発)におカネをかけて新しいことに取り組まなければ、生き残っていけない。


目床明彦

創業以来、「ありがとうを広げる」を理念に掲げてきました。「言霊(ことだま)」といわれるように言葉には魂があり、良い言葉が広がれば、それがコミュニケーションにつながって時代を変えていく力になります。そんな言霊の中でも「ありがとう」は最も大事な言葉です。


紀野一義

人間は死ぬ時に「死んでも死に切れない」という怨念があるから、再び輪廻するのである。死ぬときは淡々と、己を生かしてくれていたものすべてに感謝して死ななくてはならない。


森川亮

企業もユーザーも、双方が喜べるエコシステム(生態系)みたいなものをつくらないと、ビジネスとして長く続かないと思います。


ページの先頭へ